池袋の風俗店だと体験入店でどれくらい稼げる?保証は?

風俗全般

自分が働きたいお店を探す時のポイントになるのが体験入店です。
ほぼ全ての池袋の風俗店で体験入店を行っていますので、ぜひお店探しに利用してみましょう。
気になるのが、体験入店でどのくらいのお給料が稼げるのか、そして保証はあるのかです。
池袋の風俗店の体験入店にまつわるお話をまとめてみました。

体験入店とは

風俗のお仕事を探している中で、良い待遇や条件を用意している風俗求人が見つかったとします。
このお店でぜひ働きたい、と思った時に、そのお店への本入店を決める前に利用できるのが体験入店です。
体験入店とは、本入店前に一日もしくは数日間だけ在籍して、決められた期間だけお店のお仕事を体験できる、つまりお試しで働ける期間となっています。
勿論、自分に合わないお店だと感じたら、そのまま本入店せずにお断りをする事も可能ですので、気軽に利用する事ができます。
お店との面接を経て、即日採用後そのまま体験入店ができるお店もありますし、後日改めて体験入店のみを受けに来る場合もあります。

体験入店前の講習はどうか

池袋の風俗店では、面接後、実際に勤務する前に体験入店の場合でも講習を行うお店も多いです。
講習は、お店のスタッフにお店で提供するサービスを実際に行う、実技講習がメジャーでしたが、今は実技講習を嫌がる女性も多くなったので、講習の内容の幅も広がりました。
サービス内容を紹介するDVDを視聴するだけのお店から、外部から招集した専任の講師から講習を受けるお店まであります。
講習の内容についても、面接の際に確認をしておくと良いでしょう。
また、実技講習は嫌がる女性が多いですが、実技講習を行っておいた方がサービスのテクニックは身に付きますので、仕事を始める際には本指名のお客さんは獲得しやすくなります。

体験入店ではどのくらい稼げるか

体験入店をしてみたいお店があったら、どのくらいのお給料を体験入店で貰えるのかについて確認をしておきましょう。
ほとんどの池袋の風俗店では、本入店と同じくらいのお給料が貰えます。
ちなみに池袋の風俗店ではだいたい、利用料金に対して50%から60%のバックが入ります。
けれども、お店によっては体験入店だとお給料が下がってしまう事もあります。
それは、バック率は本入店と同じだけ貰えても、体験入店の場合は手数料などの名目で、いわゆる「引き物」が発生してしまう事もあるのです。
後から体験入店のお給料が思ったよりも少なくてがっかりする事がないように、事前に確認を取っておきましょう。

体験入店でも保証はあるのか

風俗店でのお仕事は、時給制ではなくお客さん一人当たりについた人数や本指名の本数、利用時間の合計で収入が決まる、いわゆる歩合制となっています。
その為、暇でお客さんに一人もつかなかった時には、せっかく出勤をしても収入がゼロだった、という事もあります。
そうならない様に、女性に対してお店が、出勤をすればお客さんに着かなくても決められた最低額のお給料を支払う様に決めている制度が、給料保証制度です。
この給料保証制度は、体験入店の時にも利用できるのか、と気になる方も多いのではないでしょうか。
体験入店の時に付く給料保証制度は、体入保証と呼ばれていて、池袋の風俗店でもお店によっては体入保証が受けられるお店もあります。
けれども、体入保証の保証金額は気持ちばかりの金額であったり、本入店している女性と同じ額の体入保証を受けるには、体験入店後の本入店が絶対条件であるなど、条件が決められている事が多いです。
体入保証があると最初から明示している池袋の風俗店の体験入店を利用する時には、必ず体入保証が受けられる条件についても、面接の時などに確認しておきましょう。

体験入店で確認すべきことその1:どのようなサービスのお店か

せっかく体験入店をしたら、本入店をする前に決めておきたいポイントがあります、それらについて説明します。
一つ目が、実際にお店で提供しているサービスを、自分ができるかという事です。
風俗求人広告では、実際にそのお店で提供しているサービスの内容の記述については、曖昧である事が多いです。
ですので、体験入店で初めてそのサービス内容に触れる、という人も多いです。
例えば、風俗求人広告では「脱がない、舐めない、触られない、ソフトなマッサージだけのお店です」と記載があったとします。
そして、体験入店でそのお店の仕事を体験すると、確かに脱がない、舐めない、触れられない完全着衣のお店だったとします。
けれども、お客さんに提供する「ソフトなマッサージ」というのは、マッサージ+手コキでのサービスである事が多いのです。
また、お店によっては基本的なサービスは手コキだけでも、実際はほとんどのお客さんが手コキ+フェラなどのオプションを利用する、というお店もあるのです。
ですので、基本サービスだけでなく、そのお店のオプションも自分にはできる仕事なのか、そしてオプション不可を選ぶ事はできるのか、なども確認しておく必要があります。

体験入店で確認すべきことその2:どのような客層のお店か

次に、どのようなお客さんが来るのかについて確認しておきましょう。
池袋の風俗店の中には、あわよくば触ろうとするガッツキ客や、あわよくば本番狙いをしてくるお客さんがいるお店もあります。
そのようなお客さんが来ず、きれいな遊び方をする紳士的なお客さんがたくさん来るお店を利用したい、と思う人は多いと思います。
待遇や条件を気に入って、入ってみたいお店があったとしても、実際に働いてみてあまりに客層の悪いお店だったとしたら、体験入店ならそのまま働けないと判断して、お断りをする事もできます。
また、そのお店の客層は、そのお店の回転率にも影響します。
回転の良いお店だと、それだけ多くのお客さんに接客できるチャンスが広がりますので、高収入を得られる可能性も高くなります。

体験入店で確認すべきことその3:お店の雰囲気

体験入店では、そのお店や在籍しているキャストの雰囲気についても見ておきましょう。
どんなにバック率が良くても、好待遇が用意されていても、働くお店の雰囲気がギスギスしていたり、キャスト同士で派閥ができてしまっていたら、働きにくいお店である可能性が高いです。
逆に、キャスト同士が仲が良かったり、スタッフがキャストを大切にしている事が分かれば、人間関係で悩み可能性の低い、良いお店である可能性が高いです。
お店やキャストの雰囲気、スタッフのキャストやお客さんに対しての対応についても、しっかり体験入店で確認しておきましょう。

体験入店で確認すべきことその4:待遇は受けられるか

働いてみたい風俗求人を見つけて、そのお店に入店したら、風俗求人広告で紹介していた待遇を実際は受けられなかった、というお店も残念ながらあります。
例えば、お子さんがいる女性が働こうと思って託児所の付いている風俗店を選んだら、実際には託児所の用意はしていなかった、新人期間は給料保証が無条件で受けられるのに、保証がなかった、などです。
ですので、体験入店の時に、必ず風俗求人広告通りの待遇が受けられるのかについても確認しておきましょう。

まとめ

広告通りの待遇も受けられ、本番狙いやガッツキのお客さんもいないお店である事が分かりました。
気に入ったらぜひそのお店に本入店をしてみて、お仕事を始めてみましょう。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました