風俗の求人広告を見るときは注意!営業サイトもチェックしよう!

風俗全般
markusspiske / Pixabay

ネット上で検索してみると、風俗の求人サイトは星の数ほど見つけられると思います。
都内や大阪、福岡や名古屋など激戦区であった場合は勤務先を見つけるのは容易になることでしょう。
しかし、条件などを加味してしっかりと探そうとしても思っている通りに行かないことが多いのが風俗業界の特徴とも言えます。
求人広告を見て仕事を探す際の注意点、そして営業サイトの必要性に関してご紹介したいと思います。

悪徳業者の片棒を担がないために

泥棒最もひどい勤務先を選んでしまった場合。
それは風俗の営業許可証を貰っていない違法営業であったり、そもそも店舗を構えていない人の下で働くことになるケースだと思います。
もちろんそんな営業形態が長続きするわけがありませんし、警察や保健所に摘発されてしまった場合は働いている女性も取り調べの対象になると思います。
いきなり働き口が無くなってしまう事から何のメリットも女性からしたらありませんので、悪徳業者の下で働くことの無いように気を付ける必要があります。
そんな悪徳業者でも普通に求人広告を出していることがあるのが風俗業界の驚くべき実態です。

しかし見極める方法を知識として覚えていれば、引っかかることもありませんので参考にしてみて下さい。
まずは営業サイト。
営業サイトとは、多くの風俗店の情報を検索することが出来て、尚且つ女性の求人情報まで掲載されているサイトの事です。
男性にも女性にも営業することが出来ることから営業サイトと呼ばれていますが、この営業サイトに掲載されているお店は安全だと言えるでしょう。
掲載されているお店は必ずホームページをリンク先として載せることになりますので、そのホームページ上に会社概要や所在地も掲載することになります。
また、高級デリヘルに多く見受けられるのがこの営業サイトの特徴とも言えます。

高級店ならではの安心感が得られると思いますので、デリヘルで働きたいと考えた際には一度覗いてみると良いでしょう。
しかしその営業サイトを見ただけでは信頼することが出来ないという女性もいらっしゃると思います。
言い方は悪いですが所詮は風俗業界ですので、怪しく感じられてしまうのは仕方がない部分もあるでしょう。
そういった方は、しっかりとその求人広告を載せているお店の所在地がはっきりしているかどうかで判断するようにしましょう。

上記でも記載いたしましたが、お店を構えていなかった場合には風俗の営業許可を得ることは出来ません。
必ず店舗の住所なり会社概要なりを申請して、正しい営業を行わないと摘発される対象になってしまいますので、その摘発対象になり得るかどうかを判断材料として決めてみるのが良いと思います。
実際のところ、真っ当な営業を行っているお店程警察や保健所に目を付けられたくはないと考えるのは想像していただけると思います。
真面目な営業をしているのにも関わらず、ちょっとした不備があったせいで警察の立ち入り調査の対象になってしまっては息苦しく感じられますし、その事実が広まってしまうとお客さんの足が遠のく原因になります。
しっかりとした手順を示した上で営業を行っているという姿勢をなるべく分かりやすく見せようと考えますので、ホームページ上などには絶対に所在地などを掲載するようになります。

泥棒反面、違法営業を行っているようなお店や人の場合、なるべく見つからない様にお金を稼ごうと考えます。
すぐに摘発することが難しいことからしばらくの間は身を隠せると思いますが、最終的には摘発されてしまいます。
また、お客さんの立場に立って考えてみても分かりやすいと思います。
あまりにもキレイな女性ばかりが揃っていて全員が顔出しをしている。
そしてそのデリヘルの所在地がホームページのどこを見渡しても見つけられない。
女性の写真をグーグル検索してみたらマイナーなモデルさんの写真を盗用していた。

そんなお店を男性が利用したいと考えるはずがありません。
そういったお店のことを振替店と言いますが、写真上では多くの女性が在籍しているように見せかけて、実際は一人の女性しか在籍していないケースもあります。
そんな状態で男性から指名があったとしても、足を運ぶのは写真の女性とは似ても似つかない様な女性が男性のもとに訪れることになります。
もちろんクレームの対象となりますし、チェンジを要求されることになると思いますが、在籍している女性は一人しかいませんのでチェンジに対応できるわけがありません。
その1人が自分だった場合、男性は不機嫌な状態で仕方なく自分の性的サービスを受けることになるでしょう。

やり辛さを感じることになると思いますし、挿入を強制されても仕方ない環境に身を置くことになるのは想像に難くないと思います。
私がもしデリヘルを利用してそんな事態に出くわしたら、返金を求めるかその写真とは似ても似つかない女性と生ハメ中出しをさせることを条件に出すと思います。
やってはいけない事を条件として提示することになりますが、実際のところその悪徳デリヘル業者もやってはいけない事をしているわけなので、そんな事態に出くわしたら男性から何を言われるかわかったものではないでしょう。
自分の身をしっかりと守るためにも、求人情報から見極めることが出来る知識を身につけた上で仕事を探すようにしてください。

まとめ

パソコン求人サイトを見る際の営業サイトの必要性、そして振替店の危険性を中心にご紹介いたしましたが、もしそういった注視するべき部分を見ることなく応募してしまっても、その他の点で明らかにおかしいと感じられるところはたくさんあると思います。
例えば面接場所が店舗では無かったり、応募した仕事内容と違う仕事内容を紹介されたり、有り得ないようなバックを謳い文句として女性を募集していたり。
考えられる可能性は無限に広がると思いますが、絶対に覚えておいて欲しいのは、ウソをつくようなお店や人は信用するに値しないということです。
面接のタイミングで求人情報と違う仕事を紹介された場合、そもそもその違う仕事で働ける女性を探すのを目的としていた可能性もございます。

真っ当な営業を行っているように見せかけて、実は違法営業のソープで働かせることを目的としていたりすると、流されるままに働き始めてしまった場合リスクしか残りません。
そして振替店の様にお客さんを騙すような形を取りながら営業を行っているお店や人が、働いている風俗嬢に対して誠実な態度で接してくれるかと考えた場合には確実にNOだと言えます。
お金儲けのための駒くらいにしか考えていないと思いますので、悪質な業者や違法営業を行っているお店での勤務は絶対に避けるようにしましょう。
仮に採用を伝えられた後で違法営業に気付いたとしても問題ありません。
何も告げずにもう行かなければ良いだけです。
少し怖く思えるかもしれませんが、警察や保健所が味方に付いてくれますので、飛ぶことに対して積極的な態度を取ることが出来なかった場合には相談しに行くようにしましょう。

長く働いてから違法営業の実態に気付いてしまうと抜けるのが難しくなってしまいます。
しかしそれでも自分の身を第一に考えた場合には一刻も早く抜け出す必要がありますので、躊躇うことなく毅然とした態度を取るようにしましょう。
まずは求人情報を見て仕事を探している段階で、しっかりと見極める力を備えるようにしてください。
きっと自分に合った最適な職場に出会えると思います。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました