あえてセクキャバで働く理由って何?キャバクラの方が良い気が…

セクキャバとキャバクラを完全に一緒くたにして考える方はあまりいらっしゃらないと思いますが、キャバクラの仕事内容はともかくセクキャバの仕事内容を詳しくご存じないという方は多いのではないでしょうか。
キャバクラの仕事内容+ちょっとエッチな事をしてあげるくらいの感覚でいる方もいらっしゃると思います。
そうなると、キャバクラの方がある意味健全と言えます。
会話をしたりお酒を作ったりしてあげるだけで、月収百万円単位に稼いでいる人気キャバ嬢もいらっしゃるくらいですから。
しかし、その考えからキャバクラで働こうと考えるのは少しだけ待ってください。

こちらの記事でセクキャバとキャバクラの違い、セクキャバで働く理由やそのメリットに関してご紹介いたします。
何を得意としていて何を苦手とするのか、給料面での違いまでご説明いたしますので、参考にしてみて下さい。

セクキャバで働くとメリットがたくさん!

Okセクキャバとキャバクラには具体的な違いが実はたくさんあります。
まず仕事内容ですが、キャバクラは冒頭でご説明した通り、来店されたお客さんの話し相手になったりイチャイチャしながらお酒とその場の雰囲気を楽しんでもらう場所です。
対してセクキャバは、会話がメインというよりもキスをしたり乳首を舐められたりおっぱいを揉まれたりするのがメインです。
キャバ嬢の方はドレスを着て接客しますが、セクキャバの風俗嬢はドレス以外にもコスプレをしたりもします。

また、私が昔働いていたバーの常連客にセクキャバ嬢の女の子がいたのですが、タイプの男性が来た時にセックスまでしたことがあるそうです。
店内が暗かったことから、座位で挿入してしまっても周りには分からないケースもあるようですので、好みの男性が来た場合のみそうした行動を取り、それ以外のお客さんには通常通りの接客をするという事が出来るのは風俗嬢ならではの行動なのではないでしょうか。
キャバクラの店内でキャバ嬢とセックスするのはさすがに不可能に感じられます。
そして次に待遇面ですが、どちらも基本的に時給制を採用していると思います。

しかし当然ではありますが、セクキャバとキャバクラでしたら断然セクキャバの方が時給は高いです。
キャバ嬢で高収入を実現できていらっしゃる方は、その分多くのお客さんが付いてくれていて人気を博しているので風俗嬢に負けないくらいの収入を得ています。
基本的には基本時給もバック率もセクキャバの方が高くなりますので、お金を稼ぎたいと考えた場合はセクキャバの方が良いでしょう。
同じ数のお客さんが自分目当てに来店してくれた場合、キャバクラよりもセクキャバの方が稼げるのが現状です。

そして特に煩わしく感じられるようになるのが、店外でのやり取りです。
キャバクラはリピート客を獲得するために営業メールや同伴、アフターなどを行わなければいけません。
その時間の給料が発生することはありませんので、頑張っても結果が出ない女性は特に嫌気が差すのが早くなることでしょう。
お金を持っている男性から気に入ってもらえれば、食事を奢ってもらえたりすることもありますが、身体を張ってお金を稼ぎたいわけではないのにセックスアピールを受けることも少なくありません。

時計営業時間外にお客さんと接しなければ顧客になる確率が低いのにも関わらず、身体の関係を求められるリスクがあることも鬱陶しく感じられるのではないでしょうか。
その点セクキャバに関しては店外での営業をする必要はほぼありません。
店内でエッチなことがしたいと考えている男性客が多く、気に入った女の子がいても連絡先の交換くらいはあっても枕営業を行わないとリピートが付かないという事態に陥ることがありません。
本番行為が出来るのは前述のようなことが無い限りありませんのでかなり稀だと思いますが、男性からしても多少なりともエッチなことがしたいと考えた際に、ソープに行くお金が無くても可愛い子のおっぱいを貪ることが出来るのは手軽に思えて好む方が多いようです。

プライベートの時間も大切にできて、尚且つキャバクラよりも稼げる可能性が高いことから、キャバクラで働くよりもセクキャバを選ぶ女性が多いのが実情の様です。
そして最後に大きな二つの職業における違いですが、キャバ嬢は身体を使わない事から会話を楽しんでもらう様に心がけたり、細かな気配りが出来る部分が絶対的に必要になります。
かなり気難しい男性客が利用したり、横柄な態度を取り続ける男性や、会社役員の方を接客することもあります。
精神的な負担はあらゆる職業を考えてもトップクラスと言えるでしょう。

また、セクキャバよりも最低限求められる容姿のレベルが高いと考えて相違ありません。
反面、セクキャバは会話を楽しむというよりは女性の身体を楽しむ場所です。
精神的に気遣う必要性はそこまで感じませんが、肉体的な接触やいやらしい手つきを、生理的に受け付けない男性から行われても仕方ない仕事内容と言えます。
また、がっついてくる男性や多少乱暴な扱いをしてくる男性客がいる可能性もありますので、風俗業界よりもソフトなサービスだと思いますが、キャバクラで働くよりも肉体的な負担を感じることになるのは否めません。

どちらの方が良いかは個々人の判断による部分がありますが、キャバ嬢は精神的に、セクキャバ嬢は肉体的にも精神的にもある程度負担を感じるという事を忘れないようにしましょう。

まとめ

セクキャバとキャバクラの違いに関してご説明いたしましたが、知識を深めて頂けましたでしょうか。
セクキャバの方がキャバクラよりもアダルトな面でディープなサービスを行うことになります。
キャバクラは店外デートで身体の関係を持たない限り、アダルト要素は無いと言ってもいいでしょう。
男性が女性に魅力を感じるだけであって、お触りNGとしているお店も多くございます。
しかしセクキャバに関しては触ってもらうのが仕事です。どんなお客さんが来たとしても触られることにはなりますので、男性に性的なサービスを行うことが苦手な女性は向かないでしょう。
その代わり身体を使ったサービスに抵抗が無く、スタイルやバストサイズに自身のある女性でしたら高確率で人気を博すことが出来ると思いますし、キャバクラよりも稼げるのは確実だと言えます。

時計自身の性格やライフスタイル、プライベートをどこまで削れるかといった部分まで関わってきますので、全ての条件を加味した上で働く場所を決めた方が良いと思います。
少なからずセクキャバで働き始めた女性が、キャバクラに移る理由はほぼないと思います。
身体を張った仕事に嫌気が差したとしても、収入が減るなら風俗業界や水商売から離れたいと考えるでしょうし、セクキャバが嫌でももう身体を張った経験からもっと稼げるヘルスやソープに移ろうと考える方も多少はいらっしゃいます。
セクキャバからキャバクラに移ったところであまりメリットがあるとは思えませんので、セクキャバで働き続けるのにはそういった背景があると言えるでしょう。
風俗業界と水商売はあまり違いが無いように感じられますし、法律上はセクキャバも水商売に含まれます。
しかし仕事内容にはご紹介した様な様々な違いがございますので、私個人的な印象としては風俗嬢と同じだと思えます。

稼げるメリットはありますが、その分身体を張る仕事が大半となりますので、ある程度は覚悟してからセクキャバ嬢としてデビューするようにしましょう。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

セクキャバ
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました