キャバクラとガールズバーどっちが稼げる?給料システムの違い

キャバクラ
Tama66 / Pixabay

キャバクラとガールズバー、水商売に興味のない人からすると似たような仕事のイメージがありますが全く違う職業です。
まず営業形態が違います。
キャバクラは「風俗営業の接待飲食等営業」として営業しているので午前0時以降は営業ができません。
一方ガールズバーは「深夜酒類提供飲食店」として営業していますので、深夜まで営業できます。
どちらも男性相手にお酒を飲む接客業なのですが、微妙に異なる仕事内容です。
ではこの2つではどちらのほうがより稼げるのでしょうか?
ここでは互いの給料システムなどを比較してみましょう。

ガールズバーってどんな仕事?

まずガールズバーについて解説しましょう。
ガールズバーは文字通り女の子が働く「BAR」としての業務になります。
カウンターに立ってお酒をつくるバーテンダーとしての役割です。
私服OKな場合もありますが、地域や店のコンセプトによって制服を着用したり仕事内容がかわります。
最近ではメイド服を着用させる店や、スポーツバーを混ぜたコンセプトの店も存在します。
キャバクラのようにお客さんの隣に座って接客する必要はありませんが、カウンター越しにお客さんと会話したり、お酒を飲んだりする必要があります。

ガールズバーの給与システムとは

お金ガールズバーの時給はおおむね1500円から3000円くらいが相場となっています。
この他にドリンクバック(お客さんが注文したドリンクの分が支給される)などで上乗せされます。
そのため、お酒が強ければ強いほどドリンクバックが増えるので時給を上げるのに有利です。
キャバクラと違い、同伴やアフターなどはいりませんが、オプションとしてコスプレの服を着用させるお店があり、その場合はオプション代が支給されます。

ガールズバーのメリット

キャバクラと比較した場合、メリットは以下のようなものが挙げられます。

セクハラをされずに済む

ガールズバーの場合カウンターをまたいでいるので嫌なお客さんが隣に来て体を触わってきたりすることがありません。
連絡先を交換する必要もないので気軽に働くことができます。

シフトを合わせやすい

キャバクラは営業時間が午前0時程度までですが、同伴やアフターなどを考えると業務外で拘束される時間があります。
一方ガールズバーは仕事以外にとられる時間がありませんのである程度自由にシフトを組むことができます。

ノルマがない

キャバクラには同伴や指名などのノルマがあるのに対し、ガールズバーにはありません。(一部店舗をのぞいて)
そのため精神的にキツイ営業がいらないので、はじめてのナイトワークに向いています。

煩わしいライバル関係が少ない

ガールズバーにはキャバクラのように同じ店舗内の女の子と煩わしいライバル関係がありません。
もちろん一緒に働く女の子が嫌な性格の場合はあるかもしれませんが、お客さんを奪い合う必要がないので嫌な人間に出会う確率はキャバクラよりは少ないでしょう。

キャバクラってどんな仕事?

質問つづいてキャバクラです。
キャバクラはキャバレーとクラブを混ぜた造語で、キャスト、またはキャバ嬢と呼ばれる女の子とお酒を飲みながら会話したり擬似恋愛を楽しむ場所です。
この業種は同伴やアフターなどの店外デート、メアド交換したり積極的に業務外で営業活動する必要があります。
性的なサービス、俗に言う枕営業はしなくて問題ありませんが、アフターではエッチに誘われたりしますので、拒絶しすぎると店にきてくれなくなりますし、寝てしまったらお客さんは満足して指名してくれなくなる。
つかず離れずの距離を保つことが人気キャバ嬢になる秘訣といえます。

キャバクラの給料システムとは

キャバクラの時給は店舗や個人のスキルによって激しく変動します。
目安としてガールズバーより1000円くらい多い時給だと思っていてください。
関東の一般的な店ではポイントスライド制(+売上バック)を採用しており、一定の基準に達したキャストの時給が上がるシステムになっています。
ポイントは指名数(0.5p)と同伴数(2p)というふうに加点され、太客をつかめばつかむほど収入を上昇していきます。
キャバクラはバックが多く、同伴バックや本指名バック、ボトルバックなどで売り上げた分がそのまま給与に返ってきます。
従って稼げるキャバ嬢は給料があがりますが、少ないキャバ嬢はノルマ不足による罰金もあるために、時給は逆に下がってしまいます。

キャバクラのメリット

キャバクラのメリットは以下のようなものがあげられます。

稼ぎやすい

キャバクラがガールズバーと違うのは大きく稼げることです。
太客をゲットすることで一般の職業では考えられない収入を稼ぐことが可能です。
月に1000万以上稼いでしまう現役プレーヤーもいます。

チヤホヤしてもらえる

キャバクラは自分のファンを作って稼ぐ業種なのでなんといってもチヤホヤしてもらえるところです。
自分をブランディングするのがうまい人気嬢になるとテレビ雑誌にもじゃんじゃん特集されアイドルやモデルのような感覚を味わうことができます。

有名人と出会いやすい

人気嬢ともなると接客するお客さんのグレードも上がって行きます。
中には著名な経営者や芸能人などに指名され、贔屓にされることもあります。
お気に入りのあなたの気を引くために有名人が腕時計や高級マンションなどをプレゼントしてくれるのです。
一般の職業では到底近づくことができない人たちの輪に入れるチャンスがキャバクラにはあります。

業種の比較

稼ぎ キャバクラ > ガールズバー

ガールズバーのほうがキャバクラより稼げる金額は少ないですが、その分ノルマがないので給料的に精神的に安定して働くことが可能です。

精神的疲労 キャバクラー < ガールズバー

一方キャバクラは稼げますが、完全な実力主義のため大きく稼げる女の子もいれば、全く稼げない女の子もいます。
上り調子の時は天にも昇る気分でチヤホヤされる職業ですが、落ち目になって精神を病む女の子もまたおおいのです。

自己負担 キャバクラ > ガールズバー

それとキャバクラは実費で負担しなければいけないことが多いです。
ドレス代、ヘアメイク代、送迎費などは負担しなければいけないので、稼げる反面ランニングコストがかかります。
アルバイト感覚で入ると手取りが雑費で大きく減るので戸惑うこともあります。
一方でガールズバーは私服でも構わない店も多く、自己負担はキャバクラに比べ少なめです。

どちらの職業がオススメか

キャバクラは稼げるかわりに出て行く金額も多いので、向上心が強く、野心を持っている女の子には向いてる業種といえるでしょう。
ガールズバーは普通のアルバイトよりは稼ぎたい、でもギスギスした人間関係が苦手な女の子に向いています。
ガールズバーも給料は低いとはいっても、高級店や露出度の高い店舗なら大きく稼ぐことも可能です。
キャバクラは嫌だけどあれくらいお金を稼ぎたい・・という女の子にはセクシーガールズバーがオススメです。
ビキニや下着などで働く必要がありますが、業種的にはガールズバーなので身体を触られる心配はいりません。

キャバクラで働きたい、でもノルマが嫌!という女の子には、派遣キャバクラがオススメです。
これは欠勤が出たときの店舗に臨時代理として入店するので、営業ノルマがありません。
店内の派閥も気にすることなく自由気ままに働くことができます。
どちらの業種も実際働いてみないとわからない部分が多いです。
体験入店をして自分向きかどうか判断してから働くのがいいでしょう。

まとめ

ガールズバーとキャバクラ。
どちらも男性の「このコを落としたいな」という下心をうまく利用する職業です。
容姿やスタイルがも大切ですが、やはり一番重要なのはコミュニケーション能力です。
愛嬌があり、嫌なお客さんに対しても笑顔で接する、それができる女の子が大金を手にすることができるのです。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

キャバクラ
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました