バンギャと風俗嬢は共通する部分があるので風俗バイトは向いている

風俗全般
SofiLayla / Pixabay

バンギャと風俗嬢は共通する部分があります。
そのキーワードは「不定期」です。
バンギャは遠方のV系アーティストのゲリラライブでも行きますし、風俗嬢は不定期な出勤でもOKの仕事です。
バンギャの女性が風俗店の短期バイトで働けば遠征資金が稼げます。

バンギャに風俗嬢が多い理由

バンギャ同士で会話をしていると、風俗の仕事をしている女性が多いことに気が付きませんか?
バンギャを続けるためには自由な時間とお金が必要です。
実家が大金持ちでもない限り、両立させることはほぼ無理でしょう。
しかし、両立させる手段は存在します。
風俗店で働くのです。
短期の出稼ぎでも結構稼ぐことができます。
ツアーの合間に出稼ぎで風俗店の仕事をすれば、ツアー中の遠征費用も生活費も十分稼ぐことが可能です。
これで安心してバンギャを続けることができますね。

バンギャはお金がかかる

お金バンギャはお金がかかります。
ツアーのチケットは安くありませんし、全てのライブに参加しようとしたらかなりのお金が必要です。
もちろん、ライブごとに販売されているグッズは違います。
すべて揃えようとしたら膨大な金額が必要です。
バンドメンバーとともに移動し、宿泊するわけですから、交通費なども結構必要です。
人気バンドであれば、北海道から九州までツアーで回ります。
想像するのも怖いほどの遠征費が必要になるのではないでしょうか。

もちろんバンギャの女性は発売されているCDやDVDを全て揃えているはずです。
それに初回限定版と通常盤には当然違いがあり、両方揃えたいでしょう。
お金がかかるのは当然です。

時間の自由も必要

ツアーに参加するためには時間が必要です。
土日にライブを集中させるようにしていることが多いようですが、一部のライブは平日です。
しかも、ツアーにすべて付いていくわけですから、正社員の方は事実上無理でしょう。
いくら休日のライブとはいえ、遠方のツアーに行くためには平日の休みがなければ難しい事も少なくありません。
結局正社員の仕事を辞めて、アルバイトに転職することがおおいです。
こうすることで、時間の自由を手にすることができます。
ただ、コンビニなどのアルバイトの時給は1,000円台です。
遠方のライブもあるツアーにすべて通うほどの資金は確保できません。

だから風俗の仕事がマッチします

そんなバンギャの女性にマッチする仕事は多くありません。
ただ、マッチする仕事の一つとして風俗店が挙げられます。
風俗店の仕事は稼ぎがいいことで知られています。
そして、時間の自由が効きやすい事も挙げられるでしょう。
ツアーの日程が決まるまでに風俗店で稼ぎ、ツアー開始とともに退店することも可能です。
このような仕事は風俗店以外ありません。
幸い、バンギャの年齢層は20代の方が多いです。
風俗店としても一番おいしい年代と言えます。

風俗店でバンギャの女性に会う確率が高いのは当然かと言えるのではないでしょうか。

風俗店もバックアップ

そんなバンギャの女性を風俗店もバックアップしています。
バンギャの女性を対象にした求人サイトもある程です。
風俗店の全てが勤務時間を自由にしているわけではありません。
高級ソープランドのように接待で利用されることが多いと、自由出勤の女性はアテになりません。
いくら稼ぎがよくても、バンギャの女性がそのような風俗店で働くことはできません。
ただ、自由出勤を可能にしている風俗店は、V系バンドに依存しているバンギャをバックアップしています。
女性がいてこその風俗店ですから、女性の都合を優先しているのです。

自由な出勤体制

お金高級ソープランドのような例は別として、多くの風俗店は勤務体制が柔軟です。
また、素人が歓迎されるように思われますが、最初の講習の手間が省ける若い経験者はもっと歓迎されます。
つまり、ツアーまで稼いでから退店し、ツアー終了後に別の店で再度稼ぐという事も可能です。
お客さんの評判がいいバンギャであれば、ツアー終了まで「お休み」扱いにすることもあります。
また、勤務時間も柔軟であり、イベントなどがある時には臨時でお休みにすることもできます。
一般企業のOLでこのような芸当はとても無理でしょう。
風俗店だからこそできる離れ業と言えます。

高額給与

風俗店の給料は高いです。
大衆店と呼ばれるソープランドでも1日5万円程度稼ぐことができます。
容姿がいい女性であれば、もう少し稼ぎがいい中級店を狙うこともできるでしょう。
また、デリヘルなどは地方出身者が多く働いていることから、女子寮も完備されています。
地方在住のバンギャの女性が東京で稼ぎたいことも多いでしょう。
少しでもV系バンドの近くにいたいという気持ちも満たすことができます。
東京の風俗店はバンギャにとってメリットがいっぱいと言えるのではないでしょうか。

バンス制度

バンギャの女性も上京当初は生活費に困ることが少なくありません。
寮があればいいのですが、東京の住居費は結構高いです。
短期の出稼ぎだからとマンスリーマンションに住むと結構割高になります。
とはいえ、アパートを借りた場合には、敷金礼金が結構必要です。
稼ぎ始めれば大したことはない金額ですが、最初は大変でしょう。
上京してバンギャを続けるための風俗店ですから親などに依存することはできません。
しかし風俗店にはバンス制度、つまり給料の前貸し制度があります。
稼ぎ始めたらすぐ返済する必要はありますが、上京の際に生じる不安を解消することができるのではないでしょうか。

心配無用

バンギャの女性の方が風俗店で働くとはいえ、最初は不安がいっぱいでしょう。
でも、始めてみればそれほど不安に思うようなことはありません。
お店も初心者の女性に対しては親切に指導してくれますし、お客さんも「素人」の二文字には弱いです。
先ほど説明した通り、東京の風俗店は全国からの女性が働いています。
住居の心配もいらないし、お休みの日は東京見物も可能です。
バンドメンバーゆかりの場所に行くことも簡単ではないでしょうか。

会社員の肩書もOK

風俗店はアリバイ対策がいっぱいです。
その一つの方法としてアリバイ会社があります。
正社員としての名刺や給与明細を出すことが可能です。
大手なら、関連会社があるので本物の源泉徴収票などを発行することができます。
故郷の家族などを心配させない手段は多くあります。
風俗店の女子寮もお店付近ではないことが多く、風俗店で働いていることは簡単にバレません。

お客さんはモニターで確認

モニターとはいえ、お客さんとして知人などが来るのは絶対いやでしょう。
多くの風俗店はお客さんを案内する前に待合室の状況をモニターで確認できるようになっています。
もし、知人などであればNGを出すことで知人と出くわすことを避けることが可能です。
地方都市の方が上京すると、お客さんに知り合いはいないだろうと思いがちです。
しかし、出張などで学生時代の同級生がお店に遊びに来ることは十分考えられます。
用心に越したことはありません。

指導は完璧

肝心な仕事の指導も心配いりません。
サービスが難しいと言われるソープランドのマットプレイも、指導員の女性が親切に教えてくれます。
これらの女性は「OG」の方ですから、単に指導するだけではなく仕事にあたっての注意事項なども親切に教えてくれます。
他の業態の風俗店であっても、お店のスタッフがプレイの指導や効果的な稼ぎ方を教えてくれます。
指導は完璧なので、素人の方が入店しても心配はいりません。

まとめ

バンギャの女性はとにかくお金がかかります。
でも、そのお金をどうやって稼ぐかが問題です。
コンビニなどのバイトは時間の自由が効きやすいですが、給料は最低賃金レベルでしょう。
そんなバンギャの女性にとって一番効率的に稼ぐ方法は風俗店です。
時間の自由も効きますからV系アーティストのライブを完全制覇することもできます。
他の仕事をしていたらこんなことはまず無理でしょう。
風俗嬢にバンギャが多いのは決して偶然ではないのです。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました