高級クラブのホステスの給料は?採用基準はかなり厳しいらしいけど…

風俗全般
Tama66 / Pixabay

水商売にもヒエラルヒー(階級組織、ハイアラーキー)があって、(高級)クラブ>キャバクラ>ラウンジ>ガールズバー>スナックといった感じです。
高級クラブは、銀座のそれが有名なように全水商売の頂点に君臨しています。
それなら当然、高級クラブに勤めるホステスさんの給料も非常に高いはずです。
採用基準も、きっと厳しいものなのでしょう。
実際のところどうなのでしょうか。
本記事ですこし詳しく調べてみたいと思います。

高級クラブのシステム

現代の水商売で一番人気があるのは、キャバクラでしょう。
そして一番そのシステムが知られているのもキャバクラです。
だからキャバクラとの対比で、高級クラブのシステムをまずは理解してみたいと思います。

男性客は時間制ではない。

時間キャバクラだと1時間5,000円などという風に時間設定で料金が発生しますが、高級クラブではそういう課金の仕方はしません。
何時間居ても問題ないのです。
しかし入店の瞬間から、おつまみやボトルなどのセット料金、テーブルチャージ、ホステスチャージなどなど…が一緒くたに加算されます。
それは決して安いものではありません。
高級クラブなのですから。
30,000円くらいから見ておかなくてはならないと言われています。

指名などはない。

高級クラブでは、新規来店時から男性客に担当のホステスが付くことになります。
いわゆる「永久指名」と呼ばれるシステムで、担当のホステスは「係」と呼ばれます。
このため、高級クラブでは男性客が他のホステスを指名するといったことはありません。
指名バックなども考えられません。

一見さんお断り。

高級クラブは会員制を取っており、男性客が新規来店するためには他の会員からの紹介が必要です。
このため、ふらりと来店する「一見さん」は入店できないようになっています。

ひとりで接客はしない。

キャバクラだと指名された女の子がマンツーマンで接客することになりますが、高級クラブだと担当(係)のホステスひとりとヘルプの女性が数人つくことになります。
これが接客のスタイルです。

ママが居る。

キャバクラには店長さんのみですが、高級クラブにはホステスさんたちを統括するママが居ます。

ホステスの間にレギュラーとヘルプの違いがある。

指名のところで「係」の話をしましたが(②)、男性客に永久指名される形で彼の係りつけとなるホステスは、誰でも良いというわけではありません。
ホステスの間にもれっきとした区別があり、正社員に当たる「レギュラーホステス」と、アン(an)などのアルバイト雑誌でも募集している「アルバイトホステス」です。
永久指名の対象となる係りつけのホステスはもちろん、レギュラーホステスのみです。
彼女こそ本職のホステスと言って良いでしょう。

ホステスのお仕事

時間かなりキャバクラとは違った空間に見える高級クラブですが、ホステスさんたちのお仕事とは、一体どんなものなのでしょうか。

まずは、レギュラーとヘルプの違いから。

上にも言及しましたが(項目1の⑥)、高級クラブでのお仕事は、レギュラーホステスとヘルプのホステスとでは全く違います。
その違いがあるということを確認しておきましょう。

ヘルプホステスのお仕事。

ヘルプのホステスさんは、多くが昼職を持ちながらアルバイトとして高級クラブで働いています。
このため男性客の担当(係)など、メインのお仕事は任せられません。
その名のとおりヘルプとして、レギュラーホステスさんの連れて来た男性客と一緒の席に座り、その場を盛り上げるのが役目であり、お仕事になります。
キャバクラと違って派手な格好は好まれず、和服・ドレス・着物といった服装、そしてキャバ嬢とは違った意味でホステスらしい盛った髪型が好まれます。

レギュラーホステスのお仕事。

高級クラブでメインとなるのは何よりもレギュラーホステスさんです。
男性客の担当となることにより顧客管理を行うことになります。
そのお仕事内容は以下のようなものです。

  • ツケ(売掛金)の回収。
  • 同伴出勤。
  • 担当の男性客をお店に呼ぶこと。

などなど結構汚れ役もありますが、お店の売上にダイレクトに反映される大切なお仕事を任されます。
このためプレッシャーも大きく、ノルマなどが達成されない場合クビになることも。
プロ野球選手と同じく完全に能力の世界です。
仕事のストレスから病んでしまう(レギュラー)ホステスさんも少なくないようです。

給料は?

お酒さて、肝心の給料の話です。
ここまでの話で分かって来たのは、高級クラブにはレギュラーホステスさんとヘルプのホステスさんが居るということ。
それを念頭において、高級クラブの求人広告から給料を算段してみましょう。

  • 時給6,000円~20,000円。
  • 日給30,000円~100,000円。

これが平均的な高級クラブの待遇です。
日給を時給で割ってみれば分かるとおり、ホステスさんの実働時間は5時間であるのが分かります。
時間帯的に言えば、19時から24時といったところでしょうか。

アルバイトのヘルプホステスさんは最低時給。

ウェブ上で公開されているような求人広告で募集されているのは、文字通りアルバイトのホステスさんでしかありません。
そしてアルバイトというものは掲示されている時給の最低金額しか支払われないというのが普通です。
よって、上記求人広告でしたら最低部分だけを取って、

  • 時給6,000円。
  • 日給30,000円。

これがアルバイトのホステスさんの給料になります。
最低時給と言っても風俗で働くのと同じくらいの金額です。
このため採用面接がいかに厳しいかも予測されます。
ハタチそこそこでしたら大学生か大卒のOL、あるいは経験者が求められるはずです。
もちろん容姿端麗で服装のセンスも面接時から見られると考えてください。

レギュラーホステスさんはレベルが違う。

お酒上の求人広告でケタの違う給料

  • 時給20,000円。
  • 日給100,000円。

これを叩きだすのは、間違いなくレギュラーホステスさんです。
彼女たちは週5でフル出勤しますから、仮に日給100,000円でしたら、軽く月収100万円オーバーしますね。
しかしそれに辿りつき維持するためには、過酷なノルマと顧客管理が求められます。
アルバイトのヘルプホステスからママさんの評価を得てレギュラーに出世するか、スカウトされて他店から移って来るか、いずれかの仕方でレギュラーホステスになることができるでしょう。
時給・日給に加え、彼女たちには売上からの歩合給も出ますから、成功すれば高級ソープ嬢と肩を並べ、それを超える月収に到達するはずです。

まとめ。

いかがだったでしょうか。
「高級クラブのホステスの給料は?採用基準はかなり厳しいらしいけど…」というお題で記事を書かせて頂きました。
本記事から見えて来るのは、私達が高級クラブのホステスとして思い描いているのは「レギュラーホステス」に当たるということです。
彼女たちはフル出勤をし、店の売上の中核を担います。

ヘルプのアルバイトホステスから業界入りするのが大半でしょうから、採用基準はアルバイト採用の時点で非常に厳しいものになるでしょう。
しかしそれに加え、採用後レギュラーホステスになれたとしてもノルマが厳しく、給料がアップするにつれて同じお店に勤め続けるのは大きなプレッシャーに成って行きます。
給料的には風俗と肩を並べますが、高級クラブは高級クラブでそれ特有のスキルを身につけないと行けないようですね。
「風俗か水商売か」みたいな安易な二択は避けるべきでしょう。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました