飛田新地などのちょんの間の仕事内容と接客の流れを教えて

ちょんの間とは女性と男性客が本番を行なうお店で、数はそこまで多くはないないものの日本全国に存在しており、特に飛田新地のちょんの間は、日本で1番大きいと言われています。
風俗というとソープやデリヘルのイメージですが、ちょんの間はどのような仕事なのでしょうか。

ちょんの間って何?

ちょんの間とは?

ちょんの間と聞いて詳しい仕事内容が分かる人はいますか?
名前は聞いたことはあるけど詳しくは知らない、風俗だということしか知らないという人は多いと思います。

ちょんの間とはソープランドと同じような仕事内容で、嬢と男性客がセックスをするお店です。
ソープランドほど色々とプレイがあるわけではなく、短い時間の間に安い料金で本番が出来るだけになります。
キスやフェラが無いちょんの間もあるそうです。
ゴムはきちんと装着するものの、シャワーやイソジンがないため、性感染症になる確率はかなり高いでしょう。
戦前や戦後は当たり前のようにちょんの間は存在しましたが、最近は風紀や秩序を乱すとして、警察に摘発されるちょんの間も増えてきました。
このままでは近い将来、日本全国のちょんの間は全て無くなるとまで言われています。

ちょんの間が出来た理由

夜 街戦前や戦後に多くのちょんの間が出来た理由は、街や地域の発展があります。
街や地域の発展や開拓のために多くの男性が仕事を求めてやって来ます。
力仕事は男性でないと出来ないため、日本各地から仕事を求めて殺到したのです。
毎日毎日くたくたになるほど力仕事を頑張っていふとそのうちストレスが溜まります。
いくら給料を貰ったとしてもそれだけではあまりストレス解消になりません。
そこで登場するのがちょんの間というわけです。
酒と女があれはほとんどの男性はストレス発散が可能で、力仕事で溜まったストレスの捌け口として女性が身体を売るちょんの間が誕生しました。
男性はセックスでストレス発散が出来る、女性は身体を売ることでお金が手に入ると、まさに一石二鳥です。
こうして労働者が多くの集まる街にちょんの間が出来るようになりました。

今ではちょんの間は、秩序を乱す風俗店だとして次々に警察に摘発されています。
ソープランドとは違い、環境が悪く性感染症が蔓延していることも理由なのでしょう。
もし、今ちょんの間で働いている女性は、早いうちに摘発されにくいソープランドに移籍することをおすすめします。

ちょんの間は違法?

料亭や旅館として届出

ちょんの間は表向き料亭や旅館として届出を出して経営しています。
あくまでも風俗店ではない、とソープランドと同じような手を使用しているのです。
身体を売っている女性はあくまでもお店の従業員で、お客さんとは自由恋愛、性行為もお互いの合意の上でやっていること、というスタンスです。
これであればセックスを目的として売っているわけではないため、法律の目を掻い潜り逃げられます。
とは言え、そのようなことをお構い無しに警察に摘発されるようになりました。
見つかるとお店は取り潰しとなり経営者は逮捕、従業員は解雇となるでしょう。
下手したら全員逮捕される可能性もあるので注意して下さい。
摘発後はちょんの間で働くことを辞めてソープに移るか、新たなちょんの間に移るかになると思います。
思い切って風俗を辞めてみるのも手です。

旅館や料亭として届出を出しているため、求人募集要項も「旅館(料亭)の従業員募集」と、普通で分かりにくいことが多いです。
求人を見て面接を受けに行ったら実はちょんの間だった、という実例まであります。
ちょんの間があると言われている地域で料亭や旅館の求人に応募する時は、健全なお店か調べておきましょう。

ソープランド

泡ソープランドもちょんの間と似たような風俗店で、表向きは「お風呂屋さん」として届出を出しています。
お客さんは女性のお手伝いを受けながらお風呂に入るだけで、決してセックスが目的というわけではないのです。
日本の法律では本番行為を商品には出来ず、もし破ろうものなら警察がすぐに摘発しするでしょう。
お風呂屋であるソープランドでなぜ本番が出来るのかというと、そこにはちょんの間と同じからくりがあります。
ソープランドでの本番行為は、女性従業員と男性客の自由恋愛の延長で恋人同士が勝手にしていること、という位置付けになるのです。
そのため、ちょんの間と同じようにセックスが許されています。

では、なぜちょんの間とソープランドで摘発の違いがあるのでしょうか。
どちらも似たような仕事内容となるためあまり変わりはないように見えますが、ソープランドは衛生面でしっかりしているためあまり摘発されないのでしょう。
男性スタッフもいるので女性に何かあっ時にすぐに助けられます。
ちょんの間だとシャワーとイソジンが無いところご多く衛生面では最悪です。
店員は本番の相手をする女性と呼び込みのオバさんだけで、お客さんに強く出られた時に助けてくれる男性スタッフはいません。
秩序を乱している点についてはどっちもどっちでしょう。

仕事内容について

仕事の流れ

ちょんの間の仕事の流れについてまとめました。
今後ちょんの間で働こうと思っている人は参考にして下さい。
まず、お店に出勤します。
出勤については朝と夜の交代制らしく、夜のシフトとなると24時過ぎまで働くことになるのです。
他の風俗とは違いシフトについて少し厳しそうに感じます。
出勤したらお客さんの相手をするまでに化粧を行い、衣装を着て身支度をしましょう。
きちんと見た目に気を付けなければお客さんは満足してくれません。

お店の外で呼び込みをしているオバさんがお客さんを連れてきたら仕事の開始となり、S着で本番行為を行います。
お店によってはNSのところもあれば、オプションでお金を払えばNSとなるところもあるそうです。
本番行為の時間は20分とかなり短く、短さゆえに1回戦だけとなります。
短い時間で男性をイカせる技術がないとちょんの間では働けません。
行為が終わるとお互いに身を清めます。
清めるとはいってもシャワーがないお店が多いので、基本的にタオルで身体や性器を拭き取るだけです。
イソジンもないためうがいと消毒も出来ません。
性感染症を防ぐことは難しいでしょう。

給料について

泡ちょんの間は1回の時間がかなり短いため多くの手取りは望めません。
ソープであれば激安だろうと1日に2,3人の相手をすれば1万円は確実に超えますが、1回20分のちょんの間となると話は変わります。
ちょんの間で男性が払うお金は8千円から1万2千円が多く、そこから経営者が自分の取り分を取ります。
その後、残った少ない手取りが女性のお金となるようです。
かなり少ない手取りとなるので、1日で2,3万円稼ごうとなるとかなり大変でしょう。
ソープにある本指名バックやパネルバックというものもないため悲惨です。
ただし、ちょんの間でも人気がある女性は1日に10人以上の相手をするため、激安のソープ嬢並みに稼げるでしょう。

ちょんの間で稼ごうとなるととても大変で、何十人と相手をしなければいけません。
体力的にも精神的にも辛く、いずれ心を病んでしまうでしょう。
それを防ぐためにもソープランドで働くことをおすすめします。
ちょんの間で一生懸命に働いても手取りが安いためあまり稼げず、辛い日々が続くのです。
ソープであればちょんの間以上に手取りが良いお店、環境が良いお店も存在します。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

大手・グループ
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました