知らずに売春クラブで働いてるかも?JC・JK・JDは気を付けて!

風俗全般
JerzyGorecki / Pixabay

風俗として働いていたのに、知らない間に違法な売春クラブで働かされていたというケースが最近よくあります。
ソープ以外での売春行為は法律で禁止されていますが、売春クラブでは未成年少女を雇用して売春させている違法業者です。
売春クラブではJC(女子中学生)やJK(女子高生)の援助交際をしている少女を甘い言葉で勧誘し、組織に引き入れています。
未成年少女が売春クラブや援デリで事件に巻き込まれる被害が多発していて、とても危険な仕事になっています。
売春クラブで実際にあった事件や売春クラブの危険性について紹介します。

未成年少女にとって売春クラブは魅力的

通常風俗は18歳未満の女性は働く事ができません。
身分証を偽ってもすぐにバレてしまいます。
楽にお金を稼ぎたい少女らが行き着くのは売春クラブや援助交際です。
売春クラブでは未成年少女がとても人気で短期間でかなりの金額を稼げるので、業者も未成年少女を簡単に雇います。
違法と分かっていても未成年少女が働ける風俗はないので、売春クラブが魅力的に感じてしまうようです。

売春クラブは非合法組織

売春管理業者とも呼ばれ、実際に風俗営業の届け出をしていない闇業者です。
売春クラブは会員制になっていて、警察に摘発されにくい処置をしていますが、未成年による売春行為がや違法な売春業者が多いため、常にネット上の監視や囮捜査が行われていて、摘発される可能性が高くなっています。

売春クラブへ勧誘する手口や募集方法

男性 スーツ売春クラブ業者が女性を勧誘する手口としてよく使われる方法が、ネット上でデリヘルなどの風俗を偽った偽の求人広告を出し、応募してきた女性を売春クラブに勧誘する手口になっています。
元々風俗で働くつもりの女性が応募してくるので、非常に良い条件を出せば簡単に勧誘されます。
最初はデリヘルとして仕事をさせて、次第に本番行為を強要させていき、結果として売春が仕事になっていきます。
出会い系サイトでの勧誘もあり、援助交際を希望する書き込みを探して未成年少女に「簡単で楽に稼げるバイトがある」と言ってコンタクトを取ります。

お客さんは全てこちら(業者)が用意し、何かあった時に守る条件で未成年少女を勧誘して、売春行為をさせます。
最近ではSNSやLINEのIDを直接交換できる掲示板もあり、援助交際を希望する書き込みも盛んなため、業者からの勧誘が多くなっています。

裏売春クラブ

表向きには通常の風俗を営業し、常連や金払いの良い信用できる相手だけに、本番行為を含む売春をさせる裏の顔があります。
働いている女性も成人女性や未成年少女が在籍していて、お互いの年齢や素性はあまり分からなくなっています。
表と裏の顔を使い分け、通常の風俗経営と違法な売春を行っている業者がいます。
通常の風俗として働いている女性には裏の顔が分からないので、知らない間に違法な売春クラブで働いている可能性があります。
JD(女子大生)も18歳以上であれば風俗で働く事は可能で、制服を着れば女子高生に見えるので、年齢を偽って売春をさせられるケースもあります。

もし警察に摘発されたら、そこで働いている成人女性も罪に問われる可能性があります。

売春クラブの給料はそんなに多くない

以前までは援助交際をする未成年少女は貴重だったので、値段も高かったですが、売春をする未成年少女の増加で売春相場がかなり下がっています。
安い業者では、1回15,000円程度で少女の取り分は金額の5〜6割の場合もあり、リスクの割に稼げる仕事ではなくなっています。
ですが、それでも未成年少女らにとっては貴重な収入源なので、売春クラブで働く事を希望する未成年少女が後を絶ちません。

売春クラブと似た仕事

セクシー売春クラブと非常によく似た仕事に援デリがあります。
援デリは会員制ではなく、出会い系や掲示板に援助交際を希望する男性の書き込みを探し、雇った未成年少女を紹介して売春させる仕組みになっています。
こちらも売春クラブ同様、違法な営業になっています。
そしてもう1つ、違法行為にはならない合法的でグレーな仕事があります。
それは愛人クラブと呼ばれ、愛人関係を希望する男女を紹介して仲介料をもらう内容になっています。
愛人クラブで紹介された男性は女性に報酬を渡す条件で愛人契約を結び、その後はデートをしたりホテルで本番行為に及んだりします。
契約後、何かトラブルがあっても紹介した業者は一切責任を取る事はないです。

売春クラブで実際にあった事件

売春クラブでは大人数の男女が参加するパーティなどに派遣される事があります。
過去に実際にあった事件ですが、危険ドラッグを使用しての乱交パーティが開催され、ドラッグを使用した物達が逮捕されるという事件がありました。
その後事件が発覚して、ドラッグを所持していた男らは逮捕され、売春クラブ業者も摘発されています。
その後の調べによると、売春クラブから派遣され乱交に参加した女性もドラッグの使用を認め逮捕されています。
売春では、ドラッグを使用して捕まる未成年少女や業者が多数います。

さらにはこんな事件もありました。
援助交際を目的に営業する援デリ業者が、未成年少女を勧誘する時に危険ドラッグを使用させ、判断力をなくした状態で売春させるという悪質な業者がいました。
少女らを薬漬けにした状態で売春を強要させ、無報酬で働かせていたそうです。
中には監視カメラ付きのマンションで24時間監視、監禁された少女もいます。
また、勧誘を断ると使用した薬の代金を請求したり、「親にバラす」と脅し、逃げられなくしていました。
また驚く事に首謀者の中には未成年の少女も含まれていて、その少女が売春をする少女を管理していたそうです。

エイズや性病感染のリスク

コンドーム売春クラブでは本番行為が前提の仕事で、エイズや性病感染するリスクが非常に高いです。
金額の上乗せが条件でコンドームの着用なしで本番行為をする事が多いです。
コンドームは避妊以外にもエイズや性病のリスクを下げる目的もあります。
着用しないという事はそれだけ感染する可能性が高くなるので非常に危険です。
一度エイズに感染してしまうと、性行為を通じて第三者への感染拡大にもなります。
エイズは潜伏期間の長い病気として有名で初期症状が目立たつ、5年前後の月日をかけてゆっくりと体の免疫力を奪っていきます。
発病しても症状が無症状である事が多いため早期発見するのが難しいです。

エイズの進行につれて免疫力が低下し、発熱、倦怠感、食欲不振、常に吐き気や嘔吐感に襲われます。
今は医学の進化によって完治できる病気ですが放置しておくと命の危険がある病気です。
本番行為のあるソープでは定期的にHIV検査と性病検査があるので、早期発見や症状が深刻化する事はないです。
売春クラブや援デリなどでは、こうした定期的な検査を受けるように指示されないので、予防するには自分で産婦人科や血液検査をしてもらう必要があります。
しかし、未成年少女は産婦人科に行く事を避けるので、症状が進行してしまうケースが多くなっています。

まとめ

売春クラブは違法な非合法組織で、危険な事件に巻き込まれる可能性もあります。
常に警察の動向に注意して営業していますが、警察の捜査も巧妙化しており、客を装った私服警官もいます。
売春クラブの中には表と裏の営業をしている所もあり、表では通常の風俗で、常連などには未成年少女を売春させる裏メニューがあったりします。
知らない間に売春クラブで働かされる成人女性もいるので気をつけてください。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました