ホテヘルとデリヘルの違いはプレイする場所だけ?稼げるのは?

デリヘル・ホテヘル
sasint / Pixabay

ホテヘルとデリヘル、どちらも派遣型風俗です。
ホテヘルはホテルにだけ呼ぶ事ができ、デリヘルはホテルか自宅に呼べるだけの違いだと思っている人が多いと思います。
実はホテヘルとデリヘルには大きな違いがあり、働く女性にとってのメリットや給料も変わってきます。
今回はそんなホテヘルとデリヘルの違いについてまとめてみました。

ホテヘルは電話一本で呼ぶ事ができない

電話デリヘルとの大きな違い、それは電話で呼ぶ事ができなくなっています。
ホテヘルを利用するには、ホテヘル業者が用意している専用の受付所に行かなければなりません。
ホテヘルを利用するには受付所に行く必要があると言う事は、男性にとってかなり面倒な事です。
つまり、ホテヘルを利用する男性が少ないのでホテヘルは稼げないのでは?と思うでしょうが、男性にとってはメリットな事で、女性にとってはデメリットな事があります。

写真にモザイクがない

ホテヘルとデリヘルの大きな違いの1つにモザイクなしの写真を見て女性を選ぶ事ができます。
男性にとって写真は好みの女性であるか判断できる情報なので、とても重要です。
女性にとっては、知り合いに顔バレする危険性があるのでデメリットに感じるかもしれませんが、モザイクなしの写真にはメリットもあります。
デリヘルでは写真の一部(目や口元)が隠されていたりモザイクがかかっていて、実際にホテルで見ると実物と違うという理由でチェンジされたりする事が多いです。
ですがホテヘルでは写真にモザイクがないので、実物と変わらない女性を選ぶ事ができるのでチェンジされる可能性が低くなっています。
チェンジされると、折角ホテルまで行ったのに給料をもらう事ができなかったりします。
収入に直結する大事な事なので、写真にモザイクがないという事はデメリットもあり、メリットもあるという事です。

安心してもらいたいのが、ホテヘルで公開される写真はネットで見る事はできず、受付所に行かないと絶対に見れないようになっています。
ですので無断でネット上に掲載されたり、悪用されたるする事もないので安心して公開できるようになっています。

ホテヘルは待機所を用意している事が多い

ホテヘルは受付所を用意してあり、その近辺に待機所を用意しているお店も多いです。
待機所にはテレビやネット完備、必要な者はある程度揃っている事が多く、待機所を用意している理由は、受付所がホテルに近い場所に設置している事が多いので、送迎の必要がなかったりします。
そのため、男性と2人徒歩でホテルへ移動する事になります。
もちろん待機所がない場合は専用のスタッフが女性を送迎してくれます。
男性にとってもメリットがあり、徒歩での移動の場合は交通費を取られないので、利用しやすくなっています。
また気に入った女性と歩く事ができるので、デート感覚も味わう事ができます。

ホテヘルはサービスの質が高い出張ヘルス

ホテヘルは受付所を用意する必要があり、それに伴った維持費も常にかかってきます。
場所によっては毎月、数十万の支払いになる事もあり、さらには女性の待機所も用意している事が多いので維持費だけでもかなりの額がかかってしまいます。
その高額な維持費をまかなうためにホテヘルでは質の高いサービスを提供しています。
具体的に説明すると、デリヘルはホテヘルのように受付所を構える必要もなく、働いてくれる女性と電話があれば誰でも開業する事ができます。
ですが、簡単にできる分サービスの質が悪かったりして、男性のリピーターに繋がりにくい事があります。
そういったデリヘルは口コミでも評判が悪くなり、自然に潰れていきます。

ホテヘルはデリヘルと違い誰でも簡単に開業する事はできず、開業資金、毎月の維持費を含めた運転資金がかなり必要です。
なので、開業後も利用してくれるお客さんやリピーターが増えるように、デリヘルに比べ質の高いサービスを提供しています。
ホテヘルで働くときは、面接や講習がしっかりしている事が多く、なんとなく風俗をやって稼ぎたいと考えている女性は採用されない事が多いです。
採用後も丁寧な接客やサービスを心がける必要があり、デリヘルに比べると大変かもしれません。

ホテヘルのほうが稼げる?

お金質の高いサービスを提供しているので、店舗によっては風俗サイトでの口コミが非常に良く、新規のお客さんやリピーターが多くなっています。
男性も利用する前に風俗サイトで評判が良いか口コミを確認します。
口コミも良く、さらに、受付所で実際の写真を見て女性を選ぶ事ができるので、ホテヘルを利用する男性は多いです。
デリヘルに比べ回転率が高くなっているので、収入もデリヘルに比べ期待できます。

営業時間が短い

デリヘルは24時間、もしくは朝方まで営業する事が多いのに対して、ホテヘルは昼頃から、遅くても深夜までの営業が多くなっています。
営業時間が短い理由は受付所にスタッフを配置する人件費や、電気代がかかるのと、深夜から朝方にかけて利用する男性はお酒にかなり酔った男性や悪質な男性が多いからです。
女性の安全面にも考慮して、営業時間が短くなっています。

ホテヘルの給料

店の基本料金は時間帯や、受付所の立地条件によって変わります。
駅前など、人通りの多い場所に受付所を設置しているお店は比較的高級店が多く、基本料金も高めに設定されている事が多いです。
立地の悪い場所に受付所を構えている場合は基本料金を安くして、回転率を上げているお店もあり、働く店舗によって給料にバラつきがあります。
給料の計算方法は60分コースでサービスした場合は料金の○○%が女性にバックされる仕組みになっています。
60分コースでの平均的相場を紹介します。
激安が売りのホテヘルでは平均5,000~7,000円
料金設定が平均的なお店だと8,000~10,000円
高級店になると8,000~15,000円です。
+オプションや指名によって変わります。
働く時間帯や、お店の繁盛具合にもよりますが、回転率が良いと、1日50,000~100,000円稼ぐ事もできます。

デリヘルの給料相場もホテヘルと同じくらいが多いです。
人気のデリヘルで勤務するとかなり稼ぐ事は可能になっています。
ですが、口コミが悪く、サービスの質が悪いデリヘル利用する男性が少なく場合によってはあまり稼げなかったりします。
その点、ホテヘルはサービスの質を売りにしているので、口コミの評判が良いことが良く、新規やリピーターの男性が多いので安定した収入を稼ぐ事ができます。

まとめ

ホテヘルとデリヘルの違い。

天秤デリヘルは電話一本で自宅かホテルに呼ぶことができますが、ホテヘルは受付所に行って女性を選ぶ必要があります。
公開している写真もデリヘルと違い、モザイクや目隠しなどしていなく、顔がはっきり分かる写真になっています。
顔バレのリスクは高くなりますが、チェンジされる事も少なく、回転率も高いので、デリヘルよりも稼げる可能性が高いです。
働く条件はデリヘルに比べると、厳し目に設定されています。
ホテヘルは質の高いサービス提供しているので、接客も丁寧に対応する必要があります。
接客に自信のない女性にとっては少し敷居の高い風俗になっていますが、そこさえクリアしてしまえば短期間でかなり稼げる仕事になっています。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

デリヘル・ホテヘル
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました