援デリ(援助交際デリバリーヘルス)と援助交際の違いを教えてください

援デリには現在2種類あります。
18歳以上の女性を雇い、風俗営業の届け出をしているデリヘル業者(本番行為なし)と風俗営業の届け出を行っていない違法な援デリ業者(本番行為あり)があります。
違法な援デリは「闇デリ」とも呼ばれる事があり、その実態は未成年女性を利用した援助交際です。
今回紹介する内容は違法な援デリ(闇デリ)について紹介します。
援デリと援助交際は若干の違いがあります、さらにどちらも法律で禁止されている違法行為なので逮捕されます。

最近、若い女性の間で援デリが流行しています。
援助交際デリバリーヘルス略して援デリ。
名前の響きからデリヘルを連想し、営業届けが出された合法的な風俗に思えますが、実際には違います。
援デリの背後には業者が潜んでおり、女性の後ろ盾になっています。
そのため援助交際を個人でやるよりも安全性が上がるので援デリ業者を利用する女性が多くなっています。

援助交際との違いと援デリの仕組み

恋愛援デリと援助交際の違いは後ろに業者が「いるか」「いないか」です。
援助交際は基本的に自分で出会い系サイトなどを利用し、お客さんを探したりして稼ぎ、値段交渉もすべて自分でする必要があります。
そして稼いだお金はすべて自分の物になります。
援デリは通称「打ち子」と呼ばれる業者のスタッフが、出会い系サイトなどで援助交際をしたい男性を探し出し、女性を派遣し報酬の数パーセントを回収する仕組みになっています。

援デリに誘い込む手口

業者が女性を援デリに誘う手口としてよく使われるのが出会い系サイトです。
出会い系サイト内で援助交際を希望している女子中学生、女子高生を中心にコンタクトを取り、援助交際の相手を探す代行をする、なにかあった時の後ろ盾になる、などの条件をだし組織内に引き入れます。

援デリの内容

「援助交際デリバリーヘルス」名前だけで考えるとデリヘルなので本番行為はないように思えますが、本番行為前提の営業になっています。
営業方法は、18歳以上で登録してある出会い系サイトを利用し、援助交際目的の男性を探してコンタクトを取ります。
その後は援助交際する女性を業者が用意したリスト内から選んでもらい、場所と値段の交渉をします。
交渉成立後、目的の場所に女性を派遣する事になります。
援デリを利用する男性は本番行為ができるソープよりも、値段も安く、自宅やホテルに呼べる利便性があるため本番行為目的で援デリを利用する男性が多くなってきています。

利用する男性も本番行為のできるデリヘルとしか認識していない事が多く、犯罪である事に気づいていない事が多いです。
業者の中にはプロのカメラマン撮影による宣伝写真を掲載した違法な援デリサイトを運営している所もあり、一見ただのデリヘルにしか見えないようにカモフラージュしている業者もあります。

援デリの相場

援デリの相場はホテル代別で、東京都内で2万円〜 地方だと1万5千円が相場と言われています。
ホテル代はすべて男性持ちで、オプションでゴムを外す事もできるようになっています。
上記はあくまで相場で実際にはホテル内で女性がさらに値段交渉をする場合もあります。

援デリのメリット

自分が稼いだ報酬を少し取られるのに援デリに加入する理由は、「安心感」です。
組織ぐるみで行うので、個人でやるより警察にバレたりするリスクが少ないと考えるようで、実際に援デリ業者が勧誘する時も同じ事を女性に言って誘い込みます。
援デリに加入すると、自分でお客さんを探す必要もなく、働ける日時を業者に伝えておくと、それに合わせて仕事を入れてくれるなど管理をしてくれるようになっています。
援デリは店舗を構えていないので、仕事が入るまでは基本的に自由になっています。
仕事が入ると業者から連絡が入り、待ち合わせ場所に向かう事になります。
個人では対処できないお客さんとのトラブルも業者が間に入ってくれる事でうまく解決できたりもします。
業者によっては送迎もあるので、交通費や移動手段の便利さもあって人気になっているようです。

実際に逮捕者がでている

警察「援デリ 逮捕」で検索すると過去の事件が沢山表示されます。

  • 出会い系アプリを利用し未成年女性に本番行為をさせたとして、援デリ運営の男初公判
  • 女性をナンパして売春させ、売上は賭博に使用。援デリ運営の男4人を書類送検

日本各地で援デリと称し運営する業者が多数摘発され逮捕に至っています。
中には数年で2億円を荒稼ぎし、実刑判決を受けた組織もあります。
援デリは働いてくれる女性、待機場所、連絡窓口を確保さえすれば、開業資金もあまり必要ありません。
また違法業者なので風俗営業の届け出を出す必要がないので簡単に開業する事ができます。
勧誘方法も出会い系サイトの会員になりすまし、サイト内の会員に営業をかける業者が増えています。

そもそも売春目的の営業事態法律で禁止されていますが、援デリでは18歳未満の女性に援助交際をさせている業者も数多くいます。
未成年とだという認識がある、ないに関わらず、援助交際をしてしまうと「児童買春」や「児童ポルノ禁止法」によって業者を含む、すべてが検挙されてしまいます。

求人での援デリ業者の見分け方

ネットで求人の出ている援デリ業者は風俗営業の届け出をしており、本番行為のない通常のデリヘルと同じサービスになっています。
正規の援デリでは疑似的な援助交際のシチュエーションを提供したりしています。
一方、違法な援デリ業者はネットでの求人は行っておらず、出会い系サイトなどを使用した勧誘になります。
出会い系サイトで援助交際目的の女性を探し、コンタクトを取ってきます。
出会い系サイトを通じてコンタクトを取ってくる業者はすべて違法な援デリである可能性が高くなっています。
最近では出会い系サイト内のサクラの数より、援デリ業者の数が上回っている出会い系サイトもあります。

援デリでの危険性

危険 マーク業者が仲介に入っているから安全と考えるのはやめておきましょう。
業者も身の危険を感じたらすぐに逃げる準備をしています。
実際にお客さんとトラブルになっても助けてくれず、音沙汰なしになる業者もいます。
援デリでは本番行為が前提となっているので、HIV(エイズ)や性病感染のリスク、警察に検挙され逮捕歴が付いたり、その後の生活に支障がでる可能性もあります。
援デリに誘われた際は、違法な業者である可能性がとても高いので、くれぐれも注意してください。

まとめ

援デリ(闇デリ)と呼ばれる違法業者。
出会い系サイトを利用し、援助交際目的の女性に
近づき、お客さんを探したり、トラブルの仲介など後ろ盾になる事を条件に、稼ぎの数パーセントを回収します。
個人で援助交際をするよりもリスクや安全性が増すので援デリを利用して援助交際を行う未成年女性が後を絶ちません。
業者も営業届けを出す必要がなく簡単に開業できてしまいます。
援デリでは本番行為を前提とした営業になるので、性病感染のリスクも常に付きまといます。
1回の援助交際での稼ぎも決して多くはないので、援デリを利用した援助交際はデメリットのほうが目立ちます。
さらに警察に捕まると逮捕、実刑判決が下される場合もあります。

最近よく耳にする援デリ。
援助交際の違いは裏に組織的な業者がいるかいないかの違いです。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

デリヘル・ホテヘル
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました