デリヘルで受ける講習はお店ごとに違いがあるって本当?

デリヘル・ホテヘル
bottlein / Pixabay

デリヘルで働くに当たって、大体のお店では講習があり、お店によっては講習内容も変わってきます。
デリヘルで働きたいけど、講習が怖くて中々決心できないと考えている女性が多く見られますが、いやらしい意味での講習は「ない」と考えたほうがいいでしょう。
講習をする目的には、お店のサービスやシステムを理解してもらうため、同時にサービスの質を高める効果もあります。
サービスの質はお店の売上に直結するので講習をとても大事に考えている所もあります。
講習内容には「口頭講習」と「実技講習」があり、風俗経験者の場合は口頭講習のみの場合もあります。
今回は初めてデリヘルで働こうと考えている女性に向けた講習内容の紹介になります。

口頭講習

吹き出しお店の基本的なサービスの流れを口頭での講習説明で理解してもらいます。
風俗経験、未経験に関わらず、仕事の流れや、お店のコンセプト説明、トラブル時の対応方法など重要な内容になっている事が多いです。
サービス説明以外にも、デリヘルで稼ぐためのポイントや、お客さんのリピーターを増やしたり、指名を取るとどれだけ稼げるようになるかアドバイス的な内容も含まれたりします。
デリヘルにはお金目的以外で働こうと思う女性は居ないので、接客を疎かにしてしまう女性や、やる気のない女性が多い傾向にあります。
口頭講習によって接客の意識を高め、デリヘル嬢としてのやる気を出させる目的があります。

風俗経験者には口頭講習のみで終了する事もあります。

実技講習

デリヘルの実技講習は任意で実技を「するか」「しないか」を選べるようになっています。
実技講習を受けない場合は実技に関するDVDを視聴してもらう事になります。
初めてデリヘルで働く女性にとっては実技講習が一番心配な部分です。
実技講習と言ってただのセクハラ行為が目的じゃないのか?と考えてしまい、できるなら避けて通りたい所でしょうが、実技講習ができなければ本番の仕事で上手くできなかったらお客さんとトラブルになったり、個人の売上や、お店の評判を落としてしまう事にも繋がるので実技講習はとても大事です。

実技講習の内容

実際に指名されて、ホテルでお客さんと実際に行う流れからサービスする内容の実技になります。
※今回紹介する内容は一例です。

あいさつの仕方

あいさつは第一印象を良くする事ができるので、リピーターにも繋がりとても大事です。
相手を目を合わせ丁寧なあいさつをするよう指導されます。

入室方法

玄関で靴を脱ぐ時は自分の靴を揃えるようにします、ついでにお客さんの靴も揃えて並べるようにします。

料金の受取方法

デリヘルでは基本的に前金制度なので、始めに料金の受取をします。
お店の基本料金をもらい、サービス内容を確認します。
お金を受け取る時も両手で受け取るようにし、お釣りの出し方まで説明を受けます。

シャワー

シャワーシャワーは基本的に2人で入ります。
お客さんの服を脱がし、自分とお客さんの脱いだ服を綺麗にたたみます。

男性器を綺麗に洗う事は性病感染のリスクを下げる目的があるので、洗い方の説明を受けます。
場合によってはシャワーでのキスや恋人プレイなどのサービスもあり、その店の説明も同時に受けます。

実際のベッドプレイ

シャワーが終わると、ベッドでの性的サービスの実技になります。
キス・全身リップ・素股・フェラチオ・ハンドサービス(手コキや乳首責め)男性が刺激されて快感を感じ、興奮し気持ちよくなるポイントや方法など、本番行為以外の事すべてを講習します。
細かい講習だと、視覚、聴覚、触覚についての説明もあります。

視覚

男性は視覚での性的興奮をするので、目線・表情・態勢への気の配り方。

聴覚

プレイ最中の声の出し方やフェラチオの音の出し方など、聴覚を刺激して楽しませる方法

触覚

男性の感じるポイントの探し方や、乳首の責め方、フェラチオの方法などサービスに重要な
部分になります。
様々なテクニックを使い男性を射精へ導きます。

プレイ後の対応の仕方

プレイ後は使用したティッシュやベッドの後片付けをします。
片付けが終わるとお客さんと一緒にシャワーに入って体を綺麗にします。
シャワー後はお客さんが服を着るのを手伝ったりもします。

最後のあいさつ

サービスの時間が終了したらお客さんとお別れの時間になります。
次回も指名をしてくれるように今日の感想や名刺交換やアドレス交換などをします。
最後のあいさつをきちんとする事でリピーター率が上がったりもするので最後まで気を抜く事はできません。

以上が実際に行われるデリヘルでの実技講習になります。
全てが上記のような内容とは限りませんが、大手のデリヘル店だと今回のようなしっかりとした実技講習になっています。
実技を行う場所についてですが、デリヘルは無店舗型の営業なので事務所がマンションなどにある事が多くなっています。
そのため実技もマンション内で行う事が多いです。

実技講習は射精まで行うのか?

実際はその時によって変わります。
もし風俗が初めての女性だった場合は自身を付けさせる意味合いもかねて射精まで実技をする事もあります。
射精まで実技を行うのは実技を担当する人の性の捌け口にされてしまうのではないか?と感じる女性もいますが、実際に実技講習をした事のある男性に聞いた所、公私混同してしまうと教育が疎かになってしまう可能性もあり、射精までの実技をすると女性からの不信感を買い、仕事での影響がでる事を考え射精までは実技を行わないという方もいました。
実技講習を行う男性は、自分の性欲をコントロールできる人に任される事が多いので、あまり心配に感じる必要はなさそうです。

講習が終わると写真撮影

カメラ無事、すべての講習が終わるとお店のホームページなどに掲載される宣伝写真の撮影になります。
プロのカメラマンを使用しての写真撮影する事が多いです。
お店によってはプロのメイクさんも用意してくれ、いわゆる風俗メイクに仕上げてくれます。
衣装もお店が用意してくれる事も多く、自前の服装でもOKの場合もあります。
基本的に宣伝写真は手で目元か口元を隠しての撮影になります。
こうする事で少しでも身バレする可能性を低くします。
以上でデリヘルで働くまでの準備は終わります。
以降は指名が入ると送迎スタッフに送られお客さんの元に行く事になります。

まとめ

デリヘルで受ける講習はお店ごとに違いはあります。
デリヘルで働きたいけど、実技講習が怖いと感じている女性は多いです。
その理由は実技講習と言って本番行為をされたり、何か危険な目に遭うんじゃないかと心配だからです。
実際にそういったケースもあります。
きちんと届け出を出していない無許可の違法なデリヘル店だと危険な目に遭う可能性も否定できません。
デリヘルは無店舗型のお店なので、マンションなどに事務所を構えている事が多く、雰囲気的にも少し怖いイメージもあります。
少しでも安心するために営業許可を取っているお店で働くのがおすすめです。

口頭講習と実技講習に分けられており、任意で実技講習を受けるか決める事もできます。
風俗未経験の場合は実際の仕事前に慣れる必要や、テクニックの確認のため実技講習を受けたほうが良いでしょう。
実技がNGの場合は実技に関するDVDの視聴でも大丈夫です。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

デリヘル・ホテヘル
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました