デリバリー(デリキャバ)って何?デリヘルと何が違うの?

デリヘル・ホテヘル
jessebridgewater / Pixabay

デリバリーヘルスよろしく派遣され、お客さんに接待をするデリバリーキャバクラの仕事内容は多彩です。
ただお酒を飲んで会話して終わることもあれば、報酬を対価にエッチなサービスをすることもあります。

デリバリーキャバクラの仕事情報

ホテル男性のお客様のもとへと派遣され、エッチなサービスをするお仕事といえば、デリヘルが有名です。
自宅やホテルに呼ぶことで、男性はわざわざお店まで行く手間を省いてデリヘル嬢とエッチなことが出来ます。
デリバリーキャバクラの仕事は、内容そのものについてはデリヘルと被ることがあります。
特に男性のもとへ女性を派遣し、エッチなサービスをするという場合ですと、ほとんどデリヘルと代わるところがありません。
ただし、デリキャバの場合、エッチなサービスは数あるサービスの一つになります。
というのも、男性がデリキャバを利用する場合、デリヘルサービスとは別に、さらにはキャバクラコース、セクキャバコースと、複数のコースを選択することになるからです。

それぞれのコースごとに仕事の内容は異なります。
デリヘルコースはその名前の如く、デリキャバがそれこそデリ嬢となってお客様にエッチなサービスをするという仕事になります。
その一方で、キャバクラコースになりますと、仕事の内容は会話が中心になります。
お客様にお酒を注いであげたり、タバコに火をつけてあげたり、さらには話を聞いてあげたりなど、まさにキャバクラでやっている接客そのものです。
そのため、勢いあまってセクハラしてしまったというようなハプニングを除き、キャバクラコースではエッチなサービスは基本的にありません。

セクキャバコースは、デリヘルほどエッチなサービスはありませんが、セクキャバのお店のようにお触りなどのサービスをすることになります。
このようにデリキャバの仕事内容は、それぞれのコースごとによって異なります。
ただし、サービスが会話のみになりますと報酬も安くなってしまいます。
反対に、エッチなサービスをすればするほど報酬も増えていきます。
エッチなサービスといっても、基本的にデリキャバも本番は禁止されていますので、実際にやる事といえばフェラや素股などになります。

ただし、デリキャバの中にはお客様と個人契約を結び、本番行為をする女性もいます。
本番行為で得た報酬はそのままデリキャバの懐に入るため、少しでも多くお金を稼ぎたいという女性の中には報酬に釣られて本番をやってしまうこともあるでしょう。

デリキャバとデリヘルの違い

仕事内容に被る部分が多いため、デリキャバとデリヘルは似たような仕事だと考えられがちです。
実際、エッチなサービスをするデリキャバとなりますと、ほとんどデリヘルと大差はないでしょう。
大きな違いといえば、キャバクラコースといった、エッチ無しの会話中心のサービスがある点でしょう。
このようなエッチなサービスのないコースを選ぶと、料金も安くなる一方で、デリキャバ嬢が得られる報酬も低くなります。
その一方で、エッチなサービスをすればするほど料金が高くなり、デリキャバのお嬢様が得られる報酬も高くなるのですが、そのような歩合制の一面もデリヘルと似ているので、やはり大きな違いがあるとは言い辛いです。

メリットとデメリット

チェックデリヘルとデリキャバは仕事内容こそ似ていますが、メリットとデメリットにそれぞれ特徴があります。
まず、デリキャバのメリットとして、一回の仕事における拘束時間が長いといった特徴があります。
これはデリキャバのサービスの中に会話などの接客が含まれているからでしょう。
どうせ女性と楽しく会話をするなら60分と言わず、もっと長く会話をしたいと思うのが男性としての心情でしょう。
なにより、会話のみのコースとなると料金も安くなるので、男性も安心して長時間サービスを受けられます。

なぜ拘束時間が短くなることがデメリットになるかといえば、労働時間が短いと収入が減り、反対に働く時間が長くなるにつれてデリキャバは収入が増えるからです。
これがデリヘルの場合ですと、拘束時間が短くなりやすいため、収入を増やすためには1日に何人もの相手にサービスを提供しなければなりません。
一人だけならいざ知らず、複数の男性にエッチなサービスを供するというのは、なかなか体力と根気が必要になるでしょう。
しかし、拘束時間が長くなれば、特定の男性にのみサービスを長時間行えば良いので、たとえ同じ労働時間でも相手をする人数が少ないデリキャバ嬢の方が負担が少なくなります。

デリバリーキャバクラの報酬

デリバリーキャバクラの求人情報などを見ると、報酬としてはだいたい時給3000円から6000円になります。
時給3000円というのはデリヘルからして見れば安い金額でしょうが、大衆向けのキャバクラのお店として考えるのであれば妥当でしょう。
その一方で、時給6000円となると、デリヘルと同程度の報酬となります。
どうしてお店やサービスによってここまで収入に格差があるのかといえば、それはサービスの内容によって報酬が異なるからです。

デリバリーキャバクラの報酬はキャバクラコースか、それともデリヘルコースかによってそれぞれ報酬が異なります。
特にデリヘルコースを選んだ女性ほど、収入は高くなる傾向にあります。
時給で得られる収入に加え、さらにお客様と本番行為をするなどの個人契約を結べば、さらに報酬は上がります。
ただ、女性の中にはどうしてもエッチなサービスは苦手で、報酬は高くなくても良いから会話のみの方が良いという人もいるでしょう。

そのような女性の場合、同じデリバリーキャバクラの仕事であっても、エッチなサービスはやっているのか、たとえやっていても拒否できるかなど、求人情報を見てしっかり確認した方が良いです。

デリキャバの派遣先

もしも女性がデリキャバの求人に応募し、働き始めた場合、派遣される場所は様々です。
デリヘルのように男性の自宅、もしくはホテルに派遣されることもあれば、コンパニオンとして温泉や宴会場に派遣されることもあります。
デリキャバの仕事の内容は実に多彩です。
仕事によっては、その場を盛り上げるサクラのような役割として呼ばれることもあるでしょう。
特にイベントコンパニオンとして呼ばれる場合はその傾向が顕著として現れます。

デリキャバの求人のされ方

書類時としてコンパニオンとして扱われることもあるデリバリーキャバクラですが、そのような背景もあってか求人をかける際にはデリキャバではなく、コンパニオンとして募集されることがあります。
デリキャバではなく、コンパニオンならばそれほどエッチなサービスをしないように思われますが、実際はむしろ逆です。
というのも、コンパニオンの仕事の中には、それこそデリヘルよりもハードなサービスが求められることがあるからです。

本人にエッチなサービスをする気もないのに、エッチなサービスもするコンパニオンとして呼ばれてしまった場合、要らぬトラブルや誤解を招く恐れがあります。
そのため、コンパニオンに限らず、デリバリーキャバクラの求人に応募する際には、どのようなサービスをすることになるのか、事前にお店にはしっかり問い合わせておいた方が良いです。
デリバリーキャバクラの仕事は、エッチなサービスをする場合ですとデリヘルとそれほど大差はないかもしれません。
しかし、仕事によってはエッチなサービスはなく、ただ男性とお酒を飲みながら会話をするだけで終わることもあります。

できるだけ高収入を得ようと思い、1日に何人もの男性にエッチなサービスをし続けると、流石に体力のみならず、精神も病んでしまうかもしれません。
しかし、拘束時間が長くなりやすいデリバリーキャバクラの仕事であれば、無理な営業活動をせず、ゆったりと自分のペースで働けるといったメリットがあります。
デリバリーキャバクラのお店の中にはハードなサービスを求めるところもありますが、求人情報などに注意すればそのようなお店を避け、自分の適性にあったお店で働けるでしょう。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

デリヘル・ホテヘル
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました