ちょんの間で有名な飛田・松島新地のバイトは稼げる?

風俗全般
hbschw / Pixabay

『ちょんの間』とは江戸時代から続く風俗店のスタイルで、強い光が焚かれた店頭に実際に風俗嬢が座り、男性のお客様に指名していただき、セックスをするというものになっております。
今では本番行為ができる風俗店は、よくあるソープ店が主流になってきましたがm大阪ではちょんの間がまだまだ主流になっているのです。
ソープと比べても稼げるということで、風俗業界でのお仕事を希望する女性から人気を集めております。
しかし、本当にソープに比べて、飛田・松島新地のアルバイトは稼ぐことができるのでしょうか。
今回は、飛田・松島新地のお給料についてのご説明や、各新地の特徴などについて、ご紹介をさせていただきます。

ちょんの間のお仕事内容って、どんなもの?

ちょんの間でのお仕事は、簡単に言うと飛田・松島新地問わず、セックス(本番行為)をすることになります。
まずは店頭に待機場所が設けられているので、そちらに座って、通りすがりのお客様に笑顔で手を振ったり、お招きをしたりしながら、お客様が来られるのを待ちます。
呼び込みに関しては、それをする専門のお婆さんがおり、『ちょっと寄って行ってや?』などを言いながら、店の前を通るお客様を呼び込みますので、セックスをする側の嬢が声を出して呼び込みをすることはほとんどありません。
ちなみにこの呼び込み専門のお婆さんは、大抵の方が元々この飛田・松島新地で働かれていた風俗嬢で、現役を引退してからは、元々働いていたお店で呼び込みのお仕事に転身する方がほとんどだそうです。

セクシーお客様が来られると、2階にあるプレイルームに移動し、セックスをします。
飛田・松島新地ではプレイルームはソープよりも非常に簡素なものになっており、小さな部屋に敷布団が敷かれているだけというところがほとんどです(以前は座布団が並んで置かれているだけの部屋もあるという風に聞いておりました)。
シャワーも基本的にはございませんので、お客様は体を洗うことがなく、ササッとウェットティッシュや水道で軽く洗浄した後にプレイに及ぶことがほとんどです。
そのため、ソープなどに比べると少し不衛生に思われるかもしれません。

しかし、プレイ自体は大きく分けて2つで、ゴムを装着した上での『フェラ』と『本番行為』になります。
そのため、ササッと洗っただけで不衛生に感じてしまうこともあるかもしれませんが、しっかりゴムを装着した上でのプレイになるので、実際はそこまで気にならない、という方がほとんどなのです。

プレイが終了すると、またウェットティッシュや水道で陰部を洗浄し、着替えて退店、という流れになります。
退店時はお客様を1階まで見送り、またお客様が来られることを待つ、といった流れを、勤務中ずっと繰り返すのみになります。

ソープランドとの違いって、どんなところ?

ソープランドとちょんの間の違いは、そもそも開業している形式が違っています。
ソープランドは『お風呂屋さん』という形式で開業しており、そこの女将との自由恋愛という流れでセックスをするのですが、ちょんの間は『料亭』として開業されており、そこの女将との自由恋愛という流れでセックスをしています。

しかし、その他にも違いというのはいくつかございます。
まず、プレイ時間の違いです。
ソープは今でこそ40分コースなどの時短コースが普及してきましたが、基本的にメジャーなコースは60分コースになります。
しかし、飛田・松島新地といったちょんの間でのプレイ時間は、15分?20分と非常に短くなっており、ソープの平均から比べると3倍短くなっております。

さらに、プレイ時間の違いがあれば、プレイ内容にも違いはございます。
例えばソープランドでは、60分という長い時間セックスをすることになりますので、その分サービスが濃くなってくることは想像できるかと思います。
例えばお客様の体を流してあげて、お風呂に一緒に入り、キスや前戯を楽しんでもらってセックスしたり、また時間によってはマットサービスができるお店も一般的になっております。
しかし反対に飛田・松島新地のようなちょんの間は、15分?20分のプレイ時間しかございませんので、前戯などを楽しんでいるほどの時間の余裕はございません。
そのため、シャワーの時間もありませんし、キスや胸を触らせることも少なく、本当に単調にセックスをするだけのお仕事なのです。
プレイ時間が短ければ、お客様の方もセックスに集中するため、会話も少なくて済むという点も、ちょんの間で働く女性からは気が楽だと評判です。

後は、お客様の数も全然変わってきます。
ソープランドは60分というプレイ時間の長さ、そして料金の高さがあり、あまりお手軽感はないのですが、ちょんの間は15分?20分で11,000円が相場になっており、まだソープランドに比べると、セックスができるところは変わらないのに、値段はお手頃になっております。
正直、男性のお客様も、プレイ以外の時間はそれほど必要とされている方も少なく、目的をサッと叶えられるちょんの間に人気が集中しているのは、そうした理由があるからなのです。
そして何より、実際に対面するまでお相手を見ることができないソープランドに比べ、ちょんの間は選ぶ段階で見ることができるという点もあり、人が集まりやすくんっているのです。
ただ、大阪ならではの観光スポットのようなものにもなっておりますので、本当に利用したいと思ってるお客様に紛れて、観光目的で訪れている方が多いのもまた事実ではあります。

飛田・松島新地では、本当に稼ぐことができるの?

お金飛田・松島新地でのアルバイトは、本当に稼ぐことができます。
確かに、ソープランドに比べると、客単価やバック率は変動してきます。
例えば中級店のようなソープランドであれば、60分30,000円ほどの客単価となっており、その中から20,000円?24,000円ほどが嬢の手元に支給されるという内容になっております。
一方の飛田・松島新地では、そもそも客単価が11,000円と少なくなっている為、嬢へのバックは50%ほどの4,000円?5,500円程度になっております(後ほど説明しますが、飛田・松島新地で若干の変動があります)。

一見、同じく本番行為を含んだセックスをするのにも関わらず、報酬が少ないのでは?と思われるかもしれません。
しかし、1日に相手するお客様の数が、ソープランドとちょんの間では圧倒的に違うのです。
ソープランドは、前述の通り60分30,000円、お相手を対面するまで見ることができないという点があり、かなり敷居が高いものになっております。
そしてソープランド、ちょんの間共に成果報酬となっておりますので、バックの率は良かったとしても、お客様が来られないと全く儲けにはならないのです。
その点からお伝えすると、ちょんの間はそのお手軽さから毎日非常に多くのお客様が訪れるため、回転数はソープランドに比べて何倍も良いでしょう。
飛田新地では、1日平均10人?多くて20,30人と相手にすることも多いので、仮に5,500円だったとすると、1日55,000円?165,000円ほどのお給料を稼ぐことができるのです。
ソープランドでここまで稼ごうとすると、敷居の高い状態で1日3?8人のお客様にきていただかなければならないので、とても難しいことです。

ただ、量をこなすということは、それなりに体力が必要なのでは?と考えられる方もいるかとおもいますが、そもそもちょんの間のプレイ時間は15?20分と短く、内容もゴムを着用した上での『フェラ』と『挿入』のみなので、そこまで大きく体力を消耗することはありません。
ソープの場合は、時間が長い分かなり大きな体力を使用することになりますので、体力面の効率を考えても、ちょんの間の方がいいのではないでしょうか。

飛田新地ならではの特徴って?

同じ新地といっても、飛田・松島新地は全く別の場所にあり、特徴やバック率も変わってきます。
まず飛田新地ですが、エリアは大阪市西成区になっており、最寄り駅は地下鉄御堂筋線の動物園前駅というところになっております。
飛田新地は大阪のちょんの間では最大級の規模になっており、『メイン通り』『青春通り』『妖怪通り』などの通りがあり、通りによって在籍している嬢のレベルや特徴が変わってきます。
飛田新地では店頭に座れる嬢は1人だけになっており、約10分程度で他の嬢とローテーションで変わる形式になっておりますので、自分が座っている間に使命を取れなければ、お客様につくチャンスを失ってしまうことになります。

プレイ時間は最短15分からで、バックされる金額は5,000円?5,500円が相場になっており、松島新地に比べるとプレイ時間は短く、バックされる金額は高くなっています。
そんな飛田新地で稼ぐ上で非常に大切にされているのが、『容姿』と『愛想』です。
飛田新地は大阪最大級の規模ということもあり、地元大阪はもちろん、北海道から沖縄まで、知り合いにバレないように出稼ぎに来ている嬢が多いため、モデル級や芸能人レベルの、非常にレベルの高い嬢が在籍していることも珍しくありません。
そして、飛田新地に遊びに来ているお客様は非常に目が肥えているので、容姿や愛想に自信がない女性は、飛田新地で稼ぐことはなかなか難しいと言われております。

松島新地ならではの特徴って?

松島新地は大阪市西区にあり、最寄り駅は地下鉄中央線・もしくは阪神なんば線の『九条駅』となっております。
飛田新地のように、たくさんの通りやエリアごとに分類されるほどの規模はありませんが、松島新地も古くからある立派な遊楽として、大阪民に愛されたエリアとなっております。
松島新地では飛田新地とは違い、嬢は全員店頭に並んで待機するシステムになっておりますので、10分ほどでローテーションで交代して、機会損失をする心配はございません。
また、松島新地にはシャワールームがついている店が多く、ウェットティッシュや水道で洗い流すだけの飛田新地に比べると、清潔感はまだあるように思えます。

時計プレイ時間は最短で20分になっており、バックされる金額は4,000円?5,000円と、飛田新地に比べると時間も長くなればバック率も少なくなっている印象が残ってしまいます。
しかし、松島新地では『愛嬌』や『サービスの良さ』が稼ぐためのキーポイントとなっており、飛田新地のように抜群の容姿を求められることはありません。
お客様とのキスや胸を触らせてあげるといったサービスの濃厚さが提供できれば、飛田新地よりも比較的簡単にリピーターをつけることは可能なのです。
また、容姿がいい嬢は基本的に飛田新地に流れていくので、容姿レベルでのライバルは、飛田新地に比べると少なくなることは必然です。
その分サービスを頑張らなければなりませんが、それでも飛田新地よりも競争は激しくないので、まだ安心して働くことができるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ソープランドで働くこともいいかもしれませんが、せっかく大阪の風俗業界で働くのであれば、ちょんの間という選択肢があってもいいと思います。
数をこなすことは最初は大変かもしれませんが、プレイも希薄でよく、また稼ぎも非常にいいので、下手に集客ができないソープランドで働くよりかは、よっぽどお給料は高くなるのではないでしょうか。

ちょんの間の求人は、実際に飛田・松島新地の店舗に求人票が貼られているのを見て問い合わせをするか、直接お店に行って交渉するか、それとも転職エージェントに紹介していただくかのいずれかになることが多くなっております。
ソープランドに比べて、求人を探すことは少し面倒かもしれませんが、ぜひちょんの間でサクサク稼ぎ、生活を潤わせてくださいね。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました