ピルは風俗嬢の強い味方、避妊以外にもこんなメリットが!

風俗全般
jarmoluk / Pixabay

避妊を目的にピルを飲んでいる風俗嬢が増えています。
そもそもピルとはどういう仕組みの薬で、どのように飲んだらいいのかご存知ですか。
それについて解説します。
そして今飲んでいる風俗嬢も知っているようで知らない、避妊以外のメリットについてもお伝えします。

ピルとは

薬「ピル」と聞いても、飲んでいない人からすると、分かるような分からないような言葉ですよね。
そもそもピルはどういった薬なのかを説明します。
ピルは、女性ホルモンをコントロールすることによって、排卵を抑えます。
また、仮に排卵してしまった場合も、子宮への着床を防ぐことによって、二段階で妊娠の心配がほとんどなくなる薬です。
産婦人科で処方してもらうことができます。
28錠のシートを、決まった順番で一日一錠、毎日同じ時間に飲むことによって、効果が期待できます。

メリット

ピルを飲むことで起こるメリットを紹介します。

生理周期が28日で安定する

ピルによって生理周期をコントロールすることができます。
ピルを飲むと生理が28日周期で来るようになり、生理不順がなくなります。
お店に数週間先の予定を聞かれても、生理がいつから始まるか分からない、などという心配がなくなります。
予定を調整しやすくなりますね。
カレンダーに記すと一目で生理の始まりが分かり、生理用品の準備もバッチリできますよ。

生理が軽くなる

生理が軽くなります。
経血の量が少なくなるので、はじめてのピル直後の生理では、量の少なさに驚くほどです。
ナプキンでは収まらないくらい大量に出ていた人でも快適な量になりますよ。
もっと早く使えばよかったと感じる人が多いと思います。

生理痛が軽くなる

生理痛が軽くなります。
ピルというものは、生理痛がひどすぎて改善したい人のために処方されることもあるのです。
横になっていないと耐えられないほど生理痛が激しい、そんな人は是非ピルを飲んでビフォーアフターを感じてみてください。

生理が早く終わる

経血の量が少ないので、生理そのものも早く終わります。
人によると三日で終わる、などということも珍しくありません。
生理が長引くと出勤できる日数が少なくなります。
月全体の出勤日数を増やしたいならば、ピルを飲んで生理をコントロールするといいですね。

月経前症候群(PMS)が軽くなる

生理のつらいところは、生理期間だけではなく、生理前の不安定な症状ですよね。
なぜかイライラして人に当たってしまったり、少しのことで落ち込んでしまったりします。
心の症状だけでなく、疲れやすい、体が痛い、太りやすくなる、頭痛がするなどの症状はありませんか。
それはPMSという月経前症候群です。
ピルを飲むことにより、生理前の不快な症状も軽くなり、生理そのものが以前よりゆううつではなくなります。

ホルモンバランスが安定してニキビができにくくなる

ニキビピルを飲むことによって、ホルモンパランスが安定して、体のリズムが整います。
そうすると、自然とニキビができにくくなるんです。
また、多毛症や更年期障害にも効果があるということで、メリットがたくさんですありますね。

精神的に安定して毎日が楽しくなる

以上のメリットにより、生理や肌のトラブルが少なくなり、精神的に安定した生活を送れるようになります。
ただでさえ接客でストレスがたまっているのに、生理にまで気を使いたくない人は、是非試してみてください。

デメリット

しかし、メリットばかりかと思ったピルにもデメリットがあります。以下のことは十分気を付けてください。

タバコを吸う人は飲むことができない

残念ながら、煙草を吸う習慣がある人は、ピルを飲むことができません。
副作用が発生するからです。
頭痛、吐き気、体重増加、ニキビなどです。
そしてなりよりタバコとピルを同時に使うと、「血栓症」という血管が詰まってしまう恐ろしい病気になってしまうのです。
そのため、一日に15本以上タバコを吸う人はピルを処方してもらえません。

飲み始めに副作用が起こる場合がある

ピルを初めて飲む人は、最初の一、二週間は軽い副作用が起こる可能性があります。
割合としてはかなり低いようですが、頭痛や吐き気などの症状が出ることがあります。

飲み忘れたらアウト

これがおそらく、一番リスクが高いでしょう。
毎日決まった時間に一錠ピルを飲むのですが、一回でも飲み忘れると避妊効果がなくなると思った方がいいでしょう。
夜寝る前に飲むはずが、飲む前に寝てしまっていた、旅行で持ってくるのを忘れたなど、案外ピルは忘れてしまいがちです。
けれども、毎日同じ時間に飲まないと効果がなくなってしまうので、忘れないようにしましょう。

100%ではない

風邪などをひいてしまい、ひどい嘔吐や下痢になったとします。
その場合は薬を飲んでも吸収されないまま体の外に出てしまい、飲んでいなかったことになってしまいます。
そのため、毎日かかさず飲んでいても、何らかの可能性で吸収できていないことがあります。
可能性としてはとても低いですが、避妊効果は100%ではないことも理解しておきましょう。

なくしてしまったらアウト

これは飲んだことがある人なら、あるあるという話題になりますが、なくしてしまったらアウトです。
28錠のシートを、決まった順番で一日一錠飲まないといけません。
そのため、例えばシートから外してテーブルの上に置いたはずが、何かの拍子でコロコロ落ちてしまい、ソファーの下で行方不明になってしまった、なんてことがあったとします。
その日の分がなくなってしまうと困りますよね。
そのため、わざと二シート持ち歩いて、失くしてしまったときに新しいシートから薬を取り出せるようにしている人もいます。

毎月約3,000円かかる

お金ピルは一シートおよそ3,000円で、産婦人科にて購入できますが、毎月3,000円が必要になるということです。
風俗である程度稼いでいる女性からすれば安い金額だと思いますが、無料でもらえるものではありませんので注意しましょう。
しかし、値段以上の効果があるのではないかと思います。
また、産婦人科で処方してもらう際には、診察を受ける必要があります。
産婦人科によっては、すぐもらえる場合、なかなかもらえない場合がありますので、不安な人はほかの風俗嬢にいい産婦人科を聞いてみるといいかもしれません。

間違った知識に気を付けて

ピルについて、様々な噂がありますが、明らかに間違いであるものが多く聞かれます。
以下のような間違った知識に気を付けてくださいね。

「太る」は間違い

ピルは太りません。
正確に言うと、今処方されているピルは太りません。
昔使われていたピルは今よりもずっと副作用が多かったようで、太ることもあったようです。
しかし、今現在産婦人科で処方されているピルは、新しい技術で作られたもので、そういった副作用は出なくなりました。
昔のピルは太った、今のピルは太らない、と認識しておきましょう。

「性病にかからなくなる」は間違い

風俗嬢で「私はピルを飲んでいるから性病にはかからない」と言っている人が一部いるようですが、それは大きな間違いです。
ピルと性病は全く関係のないものです。
ピルを飲んでいても、性病を持った人からは性病をうつされます。
かかりにくくなる、といった科学的なデータもありません。
とにかく性病とは関係がないものなので、知らない風俗嬢がいたら教えてあげてくださいね。

「生理がなくなる」は間違い

ピルを飲むと生理がなくなるらしいから怖い、と聞いたことがあります。
残念ながら生理はなくなりません。
月に一回生理が来るのは、ピルを飲んでも避けられない、健康な女性である証です。
生理をなくすためにピルを飲もう、そう思ったら生理はなくならないみたいで驚いた、などの声も聞きます。
女性と生理は切り離せない関係なんですね。

まとめ

ピルは避妊効果以外にも、生理やPMSが軽くなったり、ニキビが出なくなったりするメリットがあります。
また、毎日飲まなくてはいけないのでデメリットがあることも確かです
また、ピルに関する間違った情報も出回っていますので、騙されないように気を付けてください。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました