風俗の「自由出勤」どこまで許されるの?怒られない範囲は?

風俗全般
tigerlily713 / Pixabay

風俗における「自由出勤」という制度は、好き勝手に自由に仕事ができることではないという点を確認する。
「怒られる」「怒られない」範囲を挙げ、風俗嬢として働く際に気を付けることをお店側とお客さん側の立場になって考える。

「自由出勤」とはどこまでの自由が許されるのか

カレンダー風俗の求人広告に「完全自由出勤制」と書かれているお店は数多く存在します。
「完全自由」といっても、どのくらい自由なのかは、働いたことがない子には分かりにくい表現かもしれません。
何となく今日は働きたい気分だと、気が向いた時にフラッと出勤し、疲れたから予定より早く帰る、といった本当に自由なスタイルだと思っているならば、それは少し違います。
受け取り方を間違えてトラブルにならないためにも、「自由出勤」の意味を理解しておく必要があります。

普通は、アルバイトでも正社員でもシフトを組みます。
例えば一般的な勤務は午前9時から午後6時までとか、早朝の品出しや深夜のコンビニといった具合に、半月単位や一か月単位で、しかもかなり事前に出勤スケジュールを組み、仕事量にあわせて人員を調節し、配置して仕事を行います。
風俗もあまり変わりません。
ただ、そのシフトの作り方が他と比べて「かなり自由」なのです。
「週4日働かないと採用してもらえない」とか「土日は必ず出勤しないといけない」といった制限がありません。
今週は月曜から日曜まで働いて、来週は週3回午前だけ働いて、次の週は休むといったような、曜日も時間帯も極端なシフトを組むことができます。
プライベートが本当に忙しい時や旅行などに出かける場合は全く出勤しないことも可能です。
一方で、一気に稼ぎたい時は毎日のように出勤する「鬼出勤」をすることもできます。
自分の都合に合わせてシフトを組むことができるため、普通の社会人やアルバイトよりはるかに「自由」に「出勤」できる制度だといえます。

日中は正社員として働く人が夜間に風俗でアルバイトをする、主婦が昼間の空いた数時間に働く、といった短時間でも自分のペースでシフトを組むことが可能です。

出勤スケジュールを確定する事前連絡が、前日まで可能というお店も多く存在します。
お店にとっては予約状況を把握しづらく、お客さんにとっては前日にならないと出勤が確定しないというのは少し不便ですが、働く女の子にとっては、翌日のスケジュールが分かった時点で出勤予定を組み、お店の定めた時間までに伝えればよいため、大変便利です。
突然出勤できない用事ができた場合でも、決められた時間までに連絡すれば怒られることはありません。

どこまでが怒られない範囲か

お店が定めた時間までに連絡すれば、前日の欠勤連絡は怒られません。
では、当日の欠勤連絡はどうでしょう。
出勤予定の日に、急に体調が悪くなったり、生理になったり、子供の具合が悪くなったり、身内の不幸等の理由がある場合は、お店にきちんと連絡をすればドタキャンでも怒られることなく休むことができます。

遅刻についても同様で、きちんと理由を伝えれば怒られることはありません。
特に主婦の方は子供を病院に連れて行ったり、保育園に呼び出されたりという場合があるため、面接の時に急な遅刻や早退、欠勤があるという事情を伝えれば、できるだけ早く連絡することで怒られるのを回避することができます。
風俗店にとっては、働く女の子がいてこそ営業できるわけですから、なるべく多くの女の子に在籍してもらい、働いてもらいたいので、当日の欠勤や遅刻があっても罰金やペナルティを科して女の子が辞めさせるようなことはありません。
ただ、急な欠勤や遅刻が何回も続くと、お店側も黙っているわけにはいきません。
出勤状態が不安定であればお客さんを回しづらくなります。
毎週同じ曜日の同じ時間帯に出勤すれば、固定客から指名されやすくなりますが、不定期出勤の場合は指名客を取りづらくなります。
現在では罰金やペナルティを採用しているお店は少数ですが、徐々にフリーの客さんや仕事を回されなくなるため、収入が減ることを覚悟しなければいけません。

これをやると怒られる

No自由といっても、無断欠勤はNGです。
特に店舗型のお店は、使用するつもりで組んでいた部屋の予定が開いてしまうために機会を損失し、その分の収入も減るわけですから、怒られることは当然です。
派遣型のお店も、既に予約が入っていた場合は取り消さなければならないため、代わりの女の子を手配したり、お客さんにキャンセルをしてもらったりと、お店にもお客さんにも迷惑が掛かります。
当日欠勤、遅刻については、現在は罰金やペナルティはほとんどありませんが、フリーのお客さんを回してもらえなくなったり、お客さんに対しておすすめの女の子として紹介してもらえなくなったりと、怒られるだけではなく、徐々に仕事が減っていきます。
仕事が減ると収入も減り、自らお店を離れていくことになります。
そうならないためにも、「完全自由出勤」という言葉を誤解せず、社会人として責任のある行動をしないといけません。

当日の急な出勤は怒られない

無断の遅刻、ドタキャンは怒られます。
何度も続くようだとお店を離れることになりますが、「急に出勤できる」ことは逆に喜ばれることがあります。
お店の形態によって対応は変わってきますが、店舗型のお店だと使える部屋数の関係で断られることもあります。
日頃の勤務態度や、指名数の状況によって断られることもあります。
一方、デリヘルなどの派遣型のお店だと、お店にとっては収入の機会が増えるため、特に問題なく出勤が認められます。
今はネットでも出勤情報が随時更新されますが、お客さんはある程度前もって予定を立てて利用する場合が多いため、当日の急な出勤以外は、早めに出勤連絡をする方が指名も決まりやすくなります。
もちろん、当日でもネットへの反映が行われれば、お客さんの指名が付きやすくなります。
いずれにせよ、前もって出勤の希望を出している方が優先されるため、仕事ができる状態なのであれば、早めにお店に伝えるのがベストです。

Ok随時出勤する女性が増えることのメリットも存在します。
お客さんは出勤状況を確認するために何度もサイトを確認するため、閲覧数が増えます。
緊急の出勤情報を得るためにメールマガジンに登録します。
出勤する女性の数が多いお店には、お客さんも集まってきます。

まとめ

「自由出勤」という言葉を誤解してはいけません。
自分の都合に合わせて自由にシフトが組めるため、上手く使えば空いた時間に効果的に収入を得ることができます。
一方で、当日の遅刻や欠勤などが増えるとお店やお客さんが離れていきます。
社会人として、自分が決めたスケジュールはきちんと守り、事前連絡を怠らないようにすれば長期間安定した収入を得ることができます。

風俗嬢は体を使って仕事をする特殊な職業です。
体調やその他の要因で指名数や収入が大きく変わります。
お店にとっては風俗嬢の数や質が最大のセールスポイントであり、お客さんをたくさん呼べる風俗嬢を優遇するため、送迎や待機所を用意します。
普通の仕事では当たり前の「拘束時間」を、風俗業界では「自分で決める」ことができます。
稼げるときに一気に稼ぐ、風俗の利点を最大限に活用し、まずは自分のペースで仕事を始めることができます。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました