お客さんが水虫だとわかったときの風俗嬢がとるべき対処法

風俗全般
GLady / Pixabay

風俗業界で仕事をしているといくら客商売とはいえ、できれば相手をしたくないお客さんとプレイを余儀なくされるケースがでてきます。
性病持ちのお客さんはその典型的なものですね。
そして風俗初心者は気にしていないものの、風俗業界が長い女性に敬遠されているのが「水虫持ちのお客さん」になります。
ここでは、お客さんが水虫だとわかったときの風俗嬢がとるべき対処法について紹介していきましょう。

水虫でも風俗は利用できるのか?

性病は明らかだと発覚すれば、接客を拒否することが出来ますし、当然にお店側もそれを認めてくれるものですね。
それでは同じ「病気」である水虫だと分かったお客さんの相手を拒否することは出来るのでしょうか。
答えはNOです。
例えば水虫の足先を舐めてくれと言われ、そういったプレイを拒否することは出来るでしょう。
病気の患部である足にさえ触れることをしなければ性的なサービスに支障がないとお店側も判断しますから、利用拒否をする風俗店もないでしょう。

マット専門店やソープランドであれば、バストを使って足裏や足の指などを刺激するサービスも存在しますから、利用拒否をするお店もあるでしょう。
しかしながら、入店の際にそれを把握することはできませんから自己防衛していく他ないのです。

水虫とは?

脚 男性性病は感染してしまうと、それが完治するまで風俗店に出勤するのは当然に控えるべきです。
これは二次感染を防ぐためであり、もしもお客さんに伝染してしまった場合には、自身はもちろんお店の評判すらも落としてしまいかねません。
水虫も甘くみていると感染してしまい、それをお客さんに二次感染させてしまうリスクもあるのです。
そもそも水虫とはどのような病気なのでしょうか。

水虫ってどんな病気?

水虫はその感染率が高く、実は日本人の20パーセントが持っているとされています。
この事実を風俗嬢は把握しておくべきです。
5人に1人が水虫なわけですから、お客さんがそうではないとは言えないですよね。
水虫が厄介なのは、大衆浴場などのバスマットからでも簡単に感染していってしまう点です。
また水虫というと男性がかかるというイメージがあるかもしれませんが、女性の水虫も増えているのが現状です。
水虫は白癬菌(はくせんきん)と呼ばれるカビの一種が足の皮膚に寄生してしまうことで起こる病気です。
白癬菌は皮膚の表面にある角質の成分の一つである「ケラチン」を栄養分としてどんどんと増殖してしまいます。

また、生命力が強いという特徴もあり、足の裏から剥がれ落ちた皮膚や垢などであっても白癬菌は生き続けられるほどです。
もっともイキイキと白癬菌が繁殖する環境としては、26度以上で湿度が70パーセントという環境ですから、風俗のプレイ環境は非常に危険と言えるでしょう。

覚えておきたい4種類の症状

水虫になると主に4種類の症状が見られます。
この症状を覚えておくと、これから相手をするお客さんが水虫を持っているのか否かを把握することが出来るでしょう。

趾間型(しかんがた)水虫

水虫の中でもっとも多いとされている症状がこの趾間型と呼ばれるタイプです。
趾間型は、足の指と指の間の皮が剥けているような状態になります。
常に白くふやけているような状態で、かゆみを感じるケースがほとんど。
治療などをせず放置をしていて進行していると赤みを持ちただれたりしますから、見た目でいかにも痛そうな足の裏になっているお客さんが来たら注意をしましょう。

小水疱型(しょうすいほう)水虫

次に小水疱型水虫です。
この水虫ができる場所は土ふまずの部分や足の側面です。
これらの部位に小さな水ぶくれが複数でてきて、非常に強いかゆみを感じるという特徴を持ちます。

角質増殖型水虫

これは一番注意が必要な水虫の種類とも言えるでしょう。
よくカカトの皮膚が厚くなることがありますよね。
ただ皮膚が厚くなっているだけなんて思っている方も多いのですが、これは角質増殖型の水虫になっている可能性が高いんです。
場合によっては皮膚が剥けたり、ひび割れを起こしていたりします。
かゆみなど自覚症状が少ないことでも知られています。
本人に自覚症状がないわけですから、他人がそれを把握することも難しいタイプ。

角質増殖型が進行するとカカトの皮膚がポロポロと剥がれ落ちることになります。
そして前述にもあるとおり生命力が強い白癬菌がその皮膚には残っていますから、伝染しやすい環境がもっとも高いタイプと言えるでしょう。

爪水虫

爪水虫は詰めの中にできる水虫です。
爪の色が黄色がかった白い色に変色するので判断はしやすいタイプです。
爪切りなど同じものを使ったりすると伝染ってしまう可能性があります。
厄介だと言われているのは、専門の飲み薬を飲まなければ完治しないという点があるからです。

水虫のお客を相手にするとどうなる?

脚 男性水虫のお客さんを相手にして、マット店やソープランドなどでバストを使ったサービスをするなんてケースは十分にあり得る話です。
自分が水虫になってしまうというのであればまだマシです。
バストには母乳を出すために細かな穴が開いていて、しかも乳腺が通っています。
この乳腺に水虫菌が侵入すると炎症が起こったり、乳腺の病気を患ってしまい、触るだけでも激痛が走ったりといった症状に悩まされることになりかねません。

実際に乳腺に水虫菌が入り、その治療のため風俗業を辞めたという女性も多く存在しているのです。

水虫のお客さんが来た場合の対処法は?

お客さんが水虫であることが発覚したときにはどのように対処をすればいいのでしょう?まさか発覚した都度断ればいいなんて考えていませんか?前述にもあるとおり、日本人の5人に一人の割合で水虫を持っています。
風俗業はただでさえ景気に左右され、以前ほどに高い報酬が稼げなくなっている状況。
こんな時にお客を選んでいる場合ではありませんよね。
それではどうすればいいのか。
おすすめなのは殺菌力の高い石鹸を利用してプレイ前のシャワーの際にきっちりと洗浄することです。
クリアレックスやグリンスといったものが有名です。
風俗店ではそういった殺菌力が高い石鹸をおいてくれているところも多いのですがない場合には自分で用意すべきでしょう。

他にもイソジンなどで代表することも可能なのですがあからさまにイソジンを足にふりかけるようなことをプレイ前にすれば、「あなたは不潔だ」と言っているようなものですからいい気分はしませんよね。
他にも殺菌力がある石鹸は存在していて医療用にも使われているハイアミン液などもあります。
イソジンほどに有名ではありませんし、イソジンの殺菌力が更に強力になっている石鹸です。

ただしこれらのものを使ったとしても100パーセント水虫菌を殺すまでには至りませんから、プレイ前にしっかりとこれらの石鹸で洗浄をするのは当然として、明らかに水虫だと判明している場合には、乳首や性器などには足を触れないように上手にプレイしていきましょう。

プロだからこそやれる準備はしておくこと

チェック風俗業界で働くということは、さまざまなリスクを抱えるということです。
妊娠のリスクもゼロではありませんし、暴力的なプレイを受けたりすることもあるでしょう。
そして性病のリスクもあります。
性病ほどではないものの水虫のお客も注意する必要があります。
水虫を甘くみていると乳腺系の疾患を患うことになり、結果として風俗業界から強制的に足を洗うハメになってしまいかねません。

プロである以上、殺菌力の高いクリアレックスやグリンス、ハイアミン液などの石鹸を準備し、明らかである場合には気分を害さないようにバレないように足を伝染されるリスクの高い部位に触れないようにプレイをしましょう。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました