カンジダが発覚した時はどんな症状が出てる?風俗嬢の対処法

風俗全般
OpenClipart-Vectors / Pixabay

性交渉の際に感染すると思われがちなカンジダですが、伝染病や感染症、いわゆる「性病」というよりは、それ以上に免疫力の低下といった原因で発症することが多く、実は性行為が無くても、誰にでも発症する可能性がある病気です。
まずは病気に対する知識を持ち、発症しないための対策、発症した時の対処を、風俗嬢という仕事の特徴と照らし合わせながら考えます。

カンジダは特別な病気ではありません

膣カンジダ(以後、カンジダ)は女性であれば誰でも経験する可能性がある病気です。
カンジダを引き起こす「カンジダ菌」は、健康な女性でも皮膚、口中、消化器官、膣といった場所に常に存在しています。
そのカンジダ菌が睡眠不足や疲労、ストレス、風邪などの免疫力の低下やホルモンバランスの乱れによって膣の中で増殖し、発症する病気が「カンジダ」です。
性行為の有無にかかわらず、女性であれば5人に1人が経験し、再発もしやすい病気です。
潜伏期間は2日から1週間と言われていますが、必ず発症するわけではありません。
「妊娠もしていないのに産婦人科に行きたくない」「性行為をしていないのに」と産婦人科やレディースクリニックに行くことを躊躇わずに、早く行けば行くほど完治までの期間が短くなります。

カンジダの代表的な症状

女性 下最も代表的な症状として「外陰部のかゆみ」が挙げられます。
特に膣やその周辺が、我慢できないほどかゆくなります。
炎症が悪化すると、かゆみだけではなく痛みを伴うこともあるため、早期発見、早期治療が望まれます。

もう一つの症状は「おりものの変化」です。
酒粕やカッテージチーズ、ヨーグルトといったものに例えられる、白く濁った粘度の高いものに変わります。
特徴のある変化をするため、初めて発症した際には驚きとともに、再発した際はすぐにカンジダと分かるくらいの状態です。

その他の症状としては発疹ができたり、性交渉時に痛みを感じたりします。
そのまま放置してしまうと、おりものの量が増えて下着の替えが必要になったり、悪臭を発したり、かゆみや痛みが重篤化して日常生活に支障がでてきます。
もちろん、悪化した分の治療期間も長くなります。

菌の増殖を抑えるためには乾燥が効果的

カンジダ菌が増殖する原因として、まず免疫力の低下が挙げられますが、その他にも生理前によるホルモンバランスの変化、妊娠、糖尿病、抗生物質の使用、そしてきつい下着をつけることも原因の一つになります。
比較的簡単な対策として、カンジダ菌は温度や湿気の高い状態を好むため、乾燥している環境を作ることが重要です。
例えば通気性の良い下着を着用する、入浴後はきちんと乾かす、濡れた衣服はすぐに着替える、といったことを習慣づけることで乾燥の状態を作ります。

カンジダ菌は伝染する

膣に発生する菌の病気のため、性交渉によって相手に感染する可能性があります。
パートナーがかゆみを感じたら、医師の診察を受けます。
タオルを共同で使うことも、間接的に伝染する恐れがあります。
さらにかゆみを止めようとして石鹸等で強く洗浄してしまうと、かえって刺激してしまい、炎症が悪化することもあります。
石鹸を使わずにシャワーで流します。

さらに、男性から女性へ感染する可能性も少なからずあります。
男性が性器に痛みやかゆみを感じている、白っぽいカスのようなものが溜まっているといった症状を発見したら、相手のためだけではなく自分のためにも、医師の診断を仰ぎましょう。

風俗嬢として気を付けたいこと

注意 マーク風俗嬢という仕事は特殊です。
接客中に病気を発見する、病気を移す、病気を移される、といったリスクを抱えています。
カンジダは性病ではなく自身の持つ菌の増殖により発症する病気という認識ですが、感染する可能性はゼロではありません。
発症させない、移さない、移らない対策を講じておく必要があります。
発覚した時の対処も、一般的な会社員とは異なりますので、その特殊性を理解しつつ、周囲に及ぼす影響を最小限に抑えることが必要です。

まず対策が必要なことは、カンジダを発症させないことです。
発症する主な原因は免疫力の低下であるため、日頃から規則正しい生活を送り、バランスの良い食事を摂り、十分な睡眠時間を確保し、疲労やストレスを溜めずに心身ともに健康体を保つことが重要です。
これはカンジダに限らず、他の病気を防ぐことにも繋がります。
ある意味、これが一番単純で難しいことかもしれません。
風俗嬢という仕事は生活時間も不規則になり、食事の栄養バランスも崩れ、精神的にも多大なストレスを抱えがちです。
収入面でのプラスが大きい分、病気にかかるリスクや心身にかかる負担も大きくなります。
体が資本であると考えつつ、自分にどこまで負担をかけられるのかを見極めることが重要です。

次にカンジダを移されないことです。
女性から男性に移る病気だと思われがちですが、男性から女性に移される可能性も少なからずあります。
男性の症状も女性と同様に、性器やその周囲にかゆみや痛みを感じたり、性器自体に異変が見えたりします。
相手と直接触れることもある風俗嬢は、その分感染のリスクも大きくなります。
失礼のない程度に相手を観察し、異変を感じたらプレイを中断し、スタッフに対応を仰ぐ決断も大切です。

カンジダが発覚した場合は、とにかく治療に専念して完治を目指すことです。
病院に行き医師に診察してもらい、薬による治療を行います。
完治するまでの期間は1週間から2週間と言われています。
治療開始が遅れると、完治する日数も多くかかる場合があるため、違和感を覚えたら、すぐに医師の診察を受けることを勧めます。
病院に行けない場合は市販の薬でも治療はできますが、市販薬を使用できるのは、過去に病院でカンジダを治療した人に限られます。
つまり、再発した人しか市販薬が使えません。
初めての時は以降の治療のことも考慮し、病院に行くことが最善です。

もちろん、カンジダを移さないことも重要です。
治療中は、風俗嬢としての仕事についてはプレイ内容に制限をかけたり、お店によっては休ませたりするところもあります。
プレイ内容に制限をかけることはお客さんの満足度を下げることにもなるので、思い切って休ませるお店が多いです。
中には多少のことは無理をしてでも出勤させるお店や、病気を隠して自ら仕事を続ける風俗嬢もいますが、病気を我慢して仕事を続けることで、プレイ中にお客さんに感染させるリスクや、プレイ中にお客さんが性器の異変やおりものの異変に気づくことでクレームの原因になります。

注意 マーク病気が悪化して治療期間が長引くことは、結果的に収入減に繋がるため、本人だけではなくお店にも迷惑がかかります。
カンジダは珍しい病気ではありません。
まずは早く復帰できるように治療に専念しましょう。

まとめ

風俗嬢として働く以上、性病のリスクは日常的に付きまとっています。
カンジダは他所から感染する性感染症というよりは、体内にあるカンジダ菌が何らかの理由で増殖する病気です。
まずは病気に対する正しい知識を持ち、病気を発生させないために規則正しい生活を送り、免疫力を低下させない、お客さんから移されないようにする努力、万が一発症した場合は相手に移さない、一日でも早く完治するような対応が必要です。
風俗嬢が仕事を休むことは収入減に直結します。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました