風俗嬢なら一度は経験する!?誹謗中傷の正しい対応とは

風俗全般
Clker-Free-Vector-Images / Pixabay

今やtwitterや2ちゃんねるなどのSNSで芸能人だけではなく、一般人も誹謗中傷を書かれてしまう可能性がある世の中です。
風俗嬢にとって、インターネット上での誹謗中傷は他人事ではありません。
自分についてのありもしない嘘を書き込まれたり、傷つく言葉を浴びせられたりして悩んだことがある風俗嬢は少なくないでしょう。
この記事では風俗嬢の方がインターネット上の誹謗中傷にどのように対応するのが良いのかについてご説明しました。

風俗嬢なら皆誹謗中傷を体験したことがある?

パソコン風俗嬢は、色んなお仕事の中でも比較的、ネット上での誹謗中傷を受ける事が多い職業です。
多くの男性にとって風俗のお話や風俗嬢のお話はとても興味がある話題ですし、何人ものお客さんと接することになりますので、その中には掲示板などに積極的に書き込むタイプの人もいます。
風俗嬢が経験する誹謗中傷で最も多いのはサービスに不満を持ったお客さんによる書き込みです。
そのようなお客さんは風俗嬢の見た目やスタイル、さらにプレイ内容について悪く書きます。

また、プレイ内容について嘘を書かれることもあります。
特に迷惑なのは、「お願いしたらゴムなしだった」「○○ちゃんは基盤(基本料金だけで本番してくれること)だよ」などの、本番NGのヘルス嬢なのに本番OKという嘘を流したり、ゴム着必須のソープ嬢なのに生で出来るかのような書き込みをされることです。
これらは悪意を持ったお客さんが風俗嬢を困らせようとしてわざと嘘をついているのです。
こういったインターネット上の嘘を信じてネット指名してきて「掲示板で本番出来るって書いてあったよ」などと言ってくるお客さんに遭遇したことがあるデリヘル嬢は多いでしょう。
このような書き込みは指名をしてくれている常連さんに対しても「おれには本番させてくれないのに、他の人はさせてるんだ」と考えさせてしまい、指名がなくなったり、マナーが良かったお客さんが豹変してしまうきっかけになってしまうこともあります。

お客さんによる書き込み以外にも、同僚の風俗嬢による嫌がらせのパターンもあります。
女性中心の職場ですので、どうしても人間関係が難しく、他人の悪口を言ったり嫌がらせをすることでストレス解消をしているような駄目なキャストも残念ながら多いのです。
特に新人やナンバー嬢は嫌がらせにあいやすいです。
新人は、とにかく指名がとれますし、人気が出ればあっという間にナンバー嬢になります。
ナンバー嬢は稼げますので、それだけの理由で嫉妬して嫌がらせをするような人もいるのです。

お客さんが書いているように見える書き込みも、実は同僚の女の子が書いていることも珍しくありません。
中には、待機室での話などをかいていることもあります。
「待機室ではいつもお客さんの悪口」「性病かかってるのに出勤するとかやばいよね」などと、指名が減るような書き込みをしてきます。
このように風俗嬢は誹謗中傷を受けやすい職業です。
残念ながら風俗嬢として働く以上は誹謗中傷を受ける可能性があることを十分理解して、適切な対応をとることでそういった事に心を乱されないようにここの準備をしておくことが重要です。

風俗嬢が体験する誹謗中傷とは

では風俗嬢はどういう場所で誹謗中傷を受けるのでしょうか。
風俗嬢の誹謗中傷が書かれている場所をご紹介します。

ホスラブ

風俗嬢の誹謗中傷が最も多い掲示板が、夜の話題を中心に取り扱っているホスラブです。
ある程度お客さんが居るお店なら、そのお店の話だけを扱う専門スレがほとんどあります。
さらに人気嬢であれば、その風俗嬢の話だけを扱う個人スレまでたっていることがあります。
男性だけではなく、女性も沢山利用しているサイトなのでお客さんの書き込みに加えて同僚からの嫌がらせに見えるコメントもあります。

2ちゃんねる

パソコン日本一の掲示板である2ちゃんねるもホスラブと同じように、お店のスレッドや嬢個人のスレッドがたっています。
2ちゃんねるの利用者男性が非常に多いので、誹謗中傷だけではなく単純に風俗嬢の感想が多く書き込まれているのも特徴です。
ただし、自分のオキニの風俗嬢を他の人が指名しないようにわざと「パネマジひどい。本当はすごくデブだし、サービスは最悪」などと書く「オキニ隠し」も横行しているため、結局誹謗中傷だらけになっています。

爆サイ

爆サイはローカル掲示板といって、地域ごとの話題を主に扱う掲示板です。
ここにも風俗嬢の誹謗中傷が書き込まれていることがあります。
ホスラブや2ちゃんねるより書き込みは少ないのですが、他の掲示板ではあまり取り上げられていないような地方のマイナーなお店についてもスレッドが立っていることがあります。

風俗嬢の個人ブログ

お店の写メ日記だけではなく個人ブログを持っている風俗嬢も沢山います。
名前を直接書かなくても「最近入ってきた新人うぜー」とか「うちのナンバーに一人クソブスがいて、たぶん本番やってる(笑)」などと悪口が書かれている場合があります。

誹謗中傷にはどうやって対応すればいい?

ここまで書いてきたように風俗嬢が誹謗中傷を書かれる場所はたくさんありますし、それを目にしてしまう事も多いと思います。
ここでは誹謗中傷を書かれた時にどういう方法で対応をするのがよいのかご説明します。

叩かれるのは人気の証!だと思って気にしない

芸能人や有名人がそうであるように、誹謗中傷を受けたり炎上するのは人気者だけだということを覚えておきましょう。
指名が取れずお客さんがつかないような女の子は、そもそもインターネット上で話題にのぼることもありません。
人気が出たり、目立つ人だけが誹謗中傷を受けるのです。
だから、誹謗中傷を見かけても一つ一つの言葉を気にせず「私も人気ものになったな」くらいに考えるのが良いでしょう。

削除依頼を出す

ごみ箱ホスラブや2ちゃんねるなどの掲示板は、個人の名誉を毀損するような書き込みにたいして削除依頼を出すことができます。
ネットの誹謗中傷は数が多く、常に監視しているわけにもいかないので、全てに対応しようとするのは実質不可能です。
しかし、どうしても我慢できない内容や許せない書き込みに対しては削除依頼を出すのも良いでしょう。

そもそも見ない

ネット上の誹謗中傷に対して個人がとれる最も簡単で効果的な対応は、そもそも見ないことです。
自分に対して嘘や誹謗中傷があるとどうしても気になってしまいますが、それを閲覧している人達もネットの書き込みなんか嘘ばっかだということをわかっていますので、真剣に信じる人はほとんどいません。
ネットで他人の悪口を書いているような人は、大体自分自身に人気がなくて、他人を貶めることによって何とかストレス解消しようとしているような寂しい人達です。
そんなつまらない人達の言葉を気にしたり、そんな人達のために時間を割くのはもったいないです。
何しろ人気者だからこそ誹謗中傷を書き込まれているわけで、せっかくなら不人気でかわいそうな人達の相手をする時間で、自分のためになることをしたほうがはるかに幸せです。
お客さんや友達から「ネットでこんなこと書かれてるの見たけど」と言われても、「全部嘘だから私見てないし、そんなの気にしないよ」と受け流すのが最も良いでしょう。

まとめ

風俗嬢の方がインターネット上の誹謗中傷にどのように対応するのが良いのかについてご説明しました。
目立ちやすいお仕事なので、インターネット上で誹謗中傷を書かれてしまうのはある程度仕方ないと諦めるのが精神衛生上最も良いと言えます。
そして、誹謗中傷されるのは人気者のあかしだと開き直りそもそもそのような書き込みは見ないようにして、自分の生活やお仕事に集中する方が絶対に幸せです。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました