風俗店が用意する寮に入ったらどんなメリットがある?

風俗全般
3dman_eu / Pixabay

寮に入る一番はやいタイミングは、大学性になったときの寮になります。
地方から都会の大学にいくとなると、学費もかかりますが生活費もたくさんかかります。
そのなかで一番大きな支払いが家賃になります。
これをできるだけ圧縮しようと思ったら、寮がある大学に進学することになります。

つまり経済的理由から寮を選ぶようになります。
寮はマンションを借りる約4分の1程度の負担なのでありがたい制度になります。
寮には同学年の友達から先輩までが生活しているので友達など頼りになる仲間が増えるようになるのですが、ボロかったり・規則が厳しかったり・上下関係がめんどうだったりもします。
経済的なことだからしょうがないと思っても、毎日のことになるとストレスも溜まってくるようにもなるのです。

これは、学生寮だけではなく会社の寮にも同じことが言えますが、風俗店の寮はどうなのでしょうか?
求人サイトでは寮完備と掲載されています。
なかにはペットも可能となっていますが、実際のところはどのような場所なのか見ていきましょう。

風俗店の寮はどうなの?

部屋風俗にはダークな部分があるから、もしかして寮と言っても「タコ部屋」「雑魚寝」などひどい環境ではないかと不安にもなりますね。
いざ入居したら簡単にやめることもできないので慎重にどうなのか知りたいですね。

部屋のタイプ

ワンルームマンション・簡易タイプ個室寮・ルームシェア・シェアハウスなどさまざまなタイプがあります。
簡易タイプ個室寮と言えば響きはいいですが、単に広い部屋を間仕切りしたタイプです。
ルームシェアも同じで広い部屋を共同で使用するタイプになります。
どのようにタイプであろうが・共同であろうが、お風呂・トイレ・キッチンがあって寝るところがあるから、寮という意味では偽りはありません。

だから、寮イコールワンルームマンションと決めつけてはいけません。
どのような部屋なのか事前に確認しないといけないのです。
ワンルームマンションであっても築年数を聞いておかないと、ボロボロのところかもしれないですね。
風俗嬢として稼ぐことが目的で、別にどこでも帰ってから寝ることができれば問題ない女性ならいいのですが、生活環境はある程度はいい場所という方は確認してください。

家賃負担はどのくらいかかるのか

家賃は風俗店が支払うようになるので、あなたは風俗店の稼ぎから天引きされるようになります。
ワンルームマンションになれば、だいたい1日あたりで2500円から4000円になります。
※幅がありますが都心部になれば高い方になりますが、地方では安い方になります。

1か月あたり、75000円から120000円になります。
寮費だけを聞いたら、「なんか高くない」と自分で借りた方がいいような気持ちにもなりますね。
確かに金額的には少し割高になっていますが、初期費用(礼金・敷金)などは風俗店が負担しているのです。

風俗店では、寮使用のためにある程度の部屋を確保しているので空室も考慮した価格になっているのです。
あなたが自分で借りるのであれば、礼金・敷金で約4か月は必要になるので、30万から48万は準備しないといけなくなります。
※敷金はマンションによっては6か月になったりします。

お金礼金はゼロになる場合もあります。
これだけの金額が段取りできて、なおかつ不動産会社との賃貸契約ができれば借りることはできますが、風俗嬢が借りる場合はなかなか大変になります。
また生活に必要な電化製品・家具は自分ですべて準備が必要になります。
※風俗店の寮に生活必需品がそろっているか確認が必要になります。

普通に審査に通してOKがでるところは少ないと思います。
もし借りるのであれば、風俗勤務を隠して代理人に借りてもらって住むようにするか・だれかに保証人になってもらわないと無理でしょう。
この場合、あなたが知り合いにお願いするにあたって、仕事は何をしているのか説明する必要がでてきます。
当然なことなのですが風俗嬢とは言えないですよね。
結果的には寮の部屋の状態・家賃が相場より高くても借りざる終えないことになるのです。
だから、勤めたい風俗店を探すときの条件に寮も含めて確認して、面接にいくことで、あなたの希望にもあった生活環境になるのです。

風俗店の寮に入ったら仕事に影響するのか

風俗店側としては寮に入ることで、あなたがお店で頑張ってくれると考えます。
当然、仕事の勤務時間もある程度お店の事情も考慮して調整する必要がでてくるようになるのです。
自宅からの出勤であれば、自由にシフトを入れることかできた環境になりますが、寮に入ったらお店の事情がメインで出勤することになります。
あなたは嫌かもしれませんが、お店の要求に柔軟に対応することで、出勤時には優先的にフリー客を回してくれることにもなるメリットはあります。

寮入居の場合は、スタッフの送迎がつくお店もあるので移動が便利で、ストーカー被害にもあいにくい環境になります。

風俗店の寮のメリット・デメリット

メリット

  • 礼金・敷金は必要ない。
  • 個人で借りる場合は大変だが、お店が用意してくれる。
  • 送迎つきでストーカー対策になる。
  • 頑張れば、お客さんを優先的に回してくれる。
  • 共同の場合は、仲間と過ごすことが出来て安心できる。
  • 即入居できて出勤ができる。

デメリット

  • 鬼出勤になるかもしれない。
  • 基本的に鍵交換はしないので、前入居者が勝手に合鍵で入る恐れがある。
    マスターキーはお店が持っているので勝手に入るのではないかと不安になる。
  • 共同生活ではプライバシーが守られないようになるので生活しずらい、もしかしたに身バレする恐れがある。
  • 寮費は家賃相場より高くなっている。
  • 寮のタイプは自分で選ぶことができない。
  • 寮生活で稼ぐことができるようになって、自分で借りようと思ってもなんか退室しずらくなるのではないか?

デメリットが多くありますが、風俗嬢として頑張るなら、ある程度は妥協も必要かもしれませんね。
風俗嬢として賃貸契約が難しい・初期費用として段取りするお金がないのであれば、寮に入るのも悪くない選択になります。
最初は自分の思うタイプ・生活スタイル・寮費でなくても、稼いで貯金もでき自分で借りることができる力が備わってから、検討してもいいかもしれませんね。

あんたが借りるとき時は、不動産賃貸契約をどうするかになります。
これも時間があれば、風俗嬢でも入居ができる不動産仲介業者を調べて決めればスムーズにできるかもしれません。
ただ、あなたが借りる場合は、寮のメリットにある送迎付きでストーカー被害に遭う恐れはあります。
風俗店から住まいまでのアクセスは安全にできるところを選ぶべきでしょう。

まとめ

ワンルームマンション・簡易タイプ個室寮・ルームシェア・シェアハウスなどさまざまなタイプがあります。
どのようなタイプであろうが・共同であろうが、お風呂・トイレ・キッチンがあって寝るところがあるから、寮という意味では偽りはありませんね。
ワンルームマンションになれば、だいたい1日あたりで2500円から4000円になります。
※幅がありますが都心部になれば高い方になり、地方では安い方になり1か月あたり75000円から120000円になります。

金額的には少し割高にはなっていますが、初期費用(礼金・敷金)などは風俗店が負担しているのです。
あなたが自分で借りるのであれば、礼金・敷金で約4か月は必要になるので、30万から48万は準備しないといけなくなります。
※敷金はマンションによっては6か月になったりします。
礼金はゼロになる場合もあります。
勤めたい風俗店を探すときの条件に寮も含めて確認してから、面接にいくことで、あなたの希望にあった生活環境になります。

風俗店の寮のメリット・デメリットを確認して寮入居の判断をしてください。
ご参考にしてください。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました