風俗店のアリバイ対策って一体どんな事をしてくれるの?

風俗全般
cpastrick / Pixabay

風俗で働きたいと考えていても、「家族・彼氏・友人に風俗で働いてることは絶対にバレたくない!!」と諦めている女性も多いのではないでしょうか?
しかし、近年ではほとんどの風俗店でアリバイ対策を行っています。
アリバイ対策があれば、周囲にバレずに安心して働けると言われていますが、アリバイ対策とは具体的にどんなことをしてくれるのでしょうか?
ここでは、風俗店のアリバイ対策の内容を徹底解剖してみたいと思います。

アリバイ対策とは?

質問風俗店に勤務する上でできるアリバイ対策は、お店側がする対策と女性自身がする対策の2通りがあります。
お店側と女性側がきっちり対策をすることにより、バレる可能性は極めて低くなります。
アリバイ対策を行うお店は、求人情報に「アリバイ対策あり」と記載されています。

しかし、お店によりアリバイ対策の内容は大きく違います。
アリバイ会社まで用意しているお店もあれば、監視カメラでのチェック程度しかしない場合もあるので、入店前に確認しておくと安心です。
また、バレるほとんどの原因が女性側の不注意であることも事実です。
お店側だけに求めず、自身の管理もしっかり行うようにしましょう。

お店がするアリバイ対策の内容は?

お店がするアリバイ対策は、お店により様々です。
例えば、近年では風俗嬢も売れるためにメディアやHPへの顔出しをするようになっています。
しかし、それらを全てNGにするなどの対策はどのお店でも行っています。
お店によっては、顔にモザイクを掛けたり、後姿だけだったり、顔から下だけを載せたりすることもできます。

更に、店頭カメラで知人かどうかをチェックできます。
うっかり知人を接客してしまった!!ということも起こりかねませんので、この辺はそういった修羅場回避のためにも行うお店が多いです。
デリの場合は、送迎エリアを指定できます。
家族や恋人などの住むエリアで送迎をされていては、バレる可能性が高まります。
そのため、そういった地域以外で送迎を受けられます。
また、デリではNG電話番号も指定できます。

デリの場合、待ち合せ現場に付くまでどのような人が予約をしたのか、顔も分かりません。
そのため、家族や恋人・知人に鉢合わせの事態を防ぐため、NG電話番号を登録できます。
そして、それらの電話番号からの予約客は回ってこないようになります。
お店によっては、アリバイ対策専用の電話番号を設けている場合が有ります。
この番号で着信したものは、店名ではなく、一般企業名で出ます。
そして、女性に繋ぐよう言われても「只今接客中です。」「取引先に出掛けています。」など無難な理由で対応してくれます。
給与明細を店名ではなく、企業名で出してくれるところもあります。

場合によっては、社員証や名刺を作ってくれるお店もあるようです。
この辺までしっかり対策してくれれば、とても安心して働けるのではないでしょうか?

女性自身がするアリバイ対策の内容は?

スマホでは、女性自身が行うべきアリバイ対策はどんな内容でしょうか?
まず、初めにする事は、お店との連絡電話やメールに注意することです。
週に一度でも、履歴を残しておくとそれを見られたり、聞かれたりする可能性はあります。

なるべく分からないようにすぐスケジュ―ルに登録するなどして履歴は消去しましょう。
また、生理の度に休んでいると勘の良い女友達や姉妹などには気付かれてしまうかも知れません。
そういったところも注意しましょう。
一番疑われやすいのは、金銭感覚の変化です。
地味な子が突然全身着飾るようになったり、ブランドバッグを持ったり、そういう所からバレる事が多いのです。
また、街中でお客様にバッタリ出会っても、無難な態度でかわすことです。

アリバイ会社って?

風俗店の中には、アリバイ会社を使えるところもあります。
アリバイ会社では、一般企業名で名刺を作ってくれたり、専用メールアドレス、電話番号を作ってくれるのは勿論、電話対応もしてくれます。
また、給与明細・源泉徴収票・就労証明・勤務証明・雇用契約書・社員証などの各種偽造書類も作ってくれることもあります。

しかし、この偽造書類はあくまで家族や知人などにバレないようにするための書類なので、公的には利用できません。
公的に使うと偽造がバレて逮捕される可能性も出てくるため、絶対に止めましょう。

アリバイ対策を利用する際に確認すべき点

アリバイ対策やアリバイ会社が有るからと言って、全て任せきりではいけません。
家族や彼氏など、ちょっとPCに詳しい人などが居ると、アリバイ会社を使っても実在しない会社だと分かり、更に怪しまれる場合もあるのです。
そういったことを防ぐため、事前に次の点を確認しておくと安心です。

アリバイに使う会社名は実在するか、それとも架空なのか?

アリバイ会社が実在する会社名であればあるほど、真実味が増します。
近年では、誰もがネット検索できるので、検索をした際にHPが有るかどうかという点も合わせて確認しておくと良いでしょう。

電話対応の可能な時間は?

電話アリバイ会社が着信した電話を取り、オペレーターが対応してくれる時間を確認しておきましょう。
営業時間のはずなのに、電話を掛けても出ない!!という会社は非常に怪しいものです。
事前に対応時間を知る事で、それは防げます。

会社のメールアドレスは個人用に発行してくれるか?

メールアドレスが個人用で発行された場合、そのメールでやり取りできるのが一般的です。
疑いを持つ家族や恋人などに、メールを送り確認して貰う事が可能です。

会社メールアドレスのドメインは?

会社メールアドレスのドメインがどういう物かも重要です。
詳しい人ならドメインで架空会社かどうかを見抜いてしまうからです。
そういう恐れが有る場合は、わざわざメールアドレスを教えない方が良いでしょう。

雇用契約はお店自体か?それともアリバイ会社になるのか?

事前に雇用契約内容の確認をしておきましょう。
経営母体が飲食店や不動産会社、IT会社などを運営している場合は、そこの社員として勤務している事にして貰える場合もあります。

給与明細の内容と振込金額、銀行も重要

給与明細や通帳を見られて風俗店勤務がバレるケースも多くあります。
やはり、お店の名前や経営者個人名などで振り込まれてしまうと、バレやすくなります。
給与明細の内容も重要で、企業名で発行されているものでも、税金などの記載が曖昧だったりして怪しまれることがあります。
辻褄を合わせるためには、細かい点までチェックしておきましょう。

近所では働か無いのが基本!!

近所いくらアリバイ対策やアリバイ会社を利用していても、お店に出入りする所を見られてしまったら、アリバイ工作の意味が全くありません。
自宅の近所で働いていては誰かに見られる可能性が高いため、自宅から離れた場所にあるお店で、風俗店以外のお店も入っている雑居ビル、若しくは、一見風俗店と思われない名前のお店などで働くのが望ましいです。

大通りや人通りが多い道に面していると、それだけ人目に付きやすくなります。
また、それでもバレそうで怖いという女性は、簡単に変装をしてお店へ出入りします。
ウイッグにサングラス、いつもの趣味とは違う服装などで対策しています。

まとめ

風俗で働く際のアリバイ対策として、お店では様々な方法で柔軟に対応してくれます。
女性がより安心して働ける環境を作ろうとしているのです。
お店側と女性自身のアリバイ対策で、ほとんどバレることはありません。

それでも不安な場合は、アリバイ会社を利用するのも手でしょう。
アリバイにあやふやな点があると、そこからバレやすくなってしまいます。
そのため、必ず入店前にアリバイ対策やアリバイ会社の内容についてしっかり確認しておく事を忘れないでください。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました