キャバ嬢のみなさんはどういう基準で枕営業するんでしょうか?

キャバクラ
manbob86 / Pixabay

キャバ嬢達の営業手段である「枕営業」について
キャバ嬢の営業手段として切っても切れない「枕営業」という手段。
この「枕営業」という単語は水商売を経験したことがある女性なら一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか?
一般的に「私枕営業しています!」と宣言しているキャバ嬢はいませんが、実際に枕営業をしているキャバ嬢は存在します。

キャバ嬢にとって彼氏でもない、お店で出会ったお客さんとエッチをすることは利益がなければ行うことはありません。
キャバ嬢にとって枕営業を行う基準とは何なのでしょうか?
また、枕営業をすることによるメリットとデメリットについて考えてみました。

枕営業をする基準て何?

枕キャバ嬢験者の中には「枕営業」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
枕営業とは、お客さんと体の関係を持つことで売り上げを上げたり、指名を獲得したりする営業方法の一つです。
キャバクラを初めとする水商売では、この「枕営業」についての話題が絶えません。
では、世のキャバ嬢たちはどのような基準で枕営業を行うのでしょうか?
このキャバ嬢たちの枕営業の基準について考えてみたいと思います。

キャバ嬢達が枕営業を考える基準の1つとして、「そのお客さんと体の関係持つをメリットがどれくらいあるか」だと思います。
主に高級キャバクラなどの売り上げノルマや指名ノルマ等が厳しいお店では、体を使ってでもそのノルマを乗り越えなければいけない場面もあるかも知れません。
ノルマをクリアできないキャバ嬢は、お給料が下がってしまったり最悪の場合退店(クビ)となる場合もあります。
お給料が変動するということは生活がかかっている女性にとっては死活問題です。

その為、「売り上げに大きく貢献してくれる男性客」や「太客」など自分にお金を遣ってくれる男性客に対して、売り上げアップや気持ちを繋ぎとめる意味を含めて枕営業を行う事が考えられます。
お客さんの自分に対する売り上げ貢献度の基準は人ぞれぞれだと思いますので、女性によっては枕営業をするお客さんの基準が百万円以上を目安とする女性もおられるかも知れません。

誕生日他にも、キャバ嬢にとって一大イベントとなる「誕生日イベント」や「周年イベント」などを盛大に盛り上げる為にも枕営業を行うキャバ嬢もおられます。
お店の規模にもよりますが、個人のイベントの体裁を気にするキャバ嬢であれば、当日の集客はもちろん、お花の数やシャンパンなど抜きものの数は華やかなものでなくてはいけません。
個人イベントはとても重要な1日となりますので、ここに全力をつぎ込む為に枕営業をするキャバ嬢もいるようです。

キャバ嬢の中には自分の売り上げや金銭的なメリットの為に枕営業を行う女性が多いようですが、他のキャバ嬢に対する「ライバル心」や「プライド」を守るために自ら枕営業を行うこともあります。
ほとんどのキャバ嬢は金銭面のメリットがないと枕営業をしない様ですが、例外的に金銭以外で枕営業をする場合もあるようです。

キャバ嬢は連日男性と接している為、男性に対する目が肥えています。
その為、例外的な枕営業が多くの男性に該当する話ではありませんが、男性の持つ容姿や振る舞い雰囲気などの魅力から、恋に近い枕営業が起こり得てしまうのです。
キャバ嬢も一人の女性である以上、お客さんであろうとも魅力的な男性が現れた場合には、枕営業をすることで男性を繋ぎとめたいと考える女性がいても不思議ではありません。
この場合、枕営業の理由は売り上げなどの金銭面よりも恋に近い感情的なものになりますが、キャバ嬢も女性である以上、このような場合が起こることも十分考えられるのです。

枕営業を行うメリット・デメリット

Okキャバ嬢が枕営業をするメリットとデメリットについてをまとめました。
やはり、1番のメリットは売り上げや指名が手早くゲットできるという点ではないでしょうか?
これは枕営業ならではの得られる最大のメリットだと思います。
通常の接客のみで営業している場合、よほど魅力的な女性でない限り短期間で爆発的に売り上げを上げる事はなかなか難しいものがありますが、枕営業を行った場合短期間で売り上げを上げる事が出来る可能性は大いにあります。
もちろん、売り上げアップの効果を短期から長期に引き延ばせるかどうかは女性の持って行き方によりますが、売り上げや指名を短期間に獲得したい場合の特効薬となり得ます。

キャバ嬢にとって枕営業とは必殺技とも言うべきここ1番の武器です。
つまりは、枕営業は必殺技でなければ意味がないのです。
これは何故かというと、キャバクラを利用する男性客のほとんどは、最終的に「キャバ嬢を口説くこと」を考えていますので、体の関係を持つことは男性客の最終目的だと言っても過言ではありません。
つまり、最終のゴールである以上、スタートであってはいけないのです。
また、手軽に手に入る女になってしまっても枕営業は価値を失ってしまいます。

キャバ嬢が枕営業を行うにあたり大事なことは「特別感」を作り出すことなのです。
誰に対しても、エッチする特別感の感じられい女の子になってしまってはキャバ嬢ではなく風俗嬢です。
キャバ嬢が風俗嬢と化した場合、キャバ嬢としての魅力を失ってしまう事となります。

インターネットまた、最近はネットの掲示板などにもお客さんが手軽に書き込めるようになりましたので、「○○ちゃん、ヤレた」なんて書き込みをスグに書かれる可能性もあります。
ネットの噂は時にお店まで影響を及ぼしますので、その女性に対して「じゃあ俺も」と言わんばかりに「接客」ではなく「エッチ」が目的のお客さんが集まる可能性もあります。

また、女の子が枕営業を始めると、お客さんが他の女の子に対しても「○○ちゃんはヤラせてくれたよ」と他の女の子のに対してもエッチを求めだすという周りへの迷惑が起こる場合があります。
キャバクラの中には接客で勝負をしている女性もおられますので、枕営業を行っていると表立ってバレてしまった場合には、周りの女の子から嫌がられる可能性もあります。
枕営業は見方によれば「個人の営業努力」とも言えますが、メリットとデメリットの両面を考えることも大事な事です。

つまり、「誰にでも」枕営業をするというのは、キャバ嬢とエッチすることに対する価値がなくなる為、意味を失ってしまいます。
ただ枕営業を行うだけでなく、自分で基準やルールを設けることが重要なのです。

枕営業をする際のタイミングの見極め

枕営業をする場合は自分自身できちんと基準を設ける事が重要です。
もちろん、基準だけでなくタイミングも大事です。
日々接客をしていると、お客さんとの関係の変化やお互いの空気感で「今だ」と感じるタイミングもあるでしょうし、売り上げや指名を必要とするタイミングなど、ここ1番の見極めを行う事が大事なのです。

男性は、一度手に入れてしまった女性に対して価値を感じなくなる場合があります。
一度枕営業を行ってしまった場合、自分の価値も維持しつつ売り上げを上げ続ける事は容易ではありません。
枕営業をした場合、おそらくどこかでお客さんに対して見切りをつけなければいけない時が訪れます。
見切りをつけるタイミングを間違ったり、お客さんがハマりすぎるとストーカー化する場合もありますので、女性達はこうしたリスクにも注意が必要です。

これらのデメリットやリスクよりも、メリットを感じる女性が多いので枕営業が行われる訳ですが、指名や売り上げを上げる手段が枕営業のみではありません。
正統派キャバ嬢ともいうべき接客のおもてなしによる売り上げ・指名アップは不可能ではありませんので枕営業のみに頼らず、接客力と言うものを磨く努力も必要です。
キャバ嬢は「価値のある女」であることに意味がありますので、誰とでも簡単にホテルに行ってエッチが出来る女の子にはならないようにしましょう。

枕営業であなたの価値を下げない為に

キャバ嬢が最初から容易くホテルへ行ってしまっては、風俗嬢と何ら変わりません。
枕営業とはここ1番の武器にもなりますが、自分の評判や周りへの影響などのリスクも考えて自分の器量で行う事が重要です。
つまり、自分で枕営業を行う際はお客さんの基準やタイミングをきちんと見極め、ここ1番の武器として使用するようにしましょう。
枕営業をおこなう場合、「誰とでもヤル安い女」であっては枕営業の価値は下がりますし、見返りも期待できません。
ここ1番の場面に遭遇した場合、あなたの価値を下げない様に「価値のあるキャバ嬢」で居続ける事が大事なのです。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

キャバクラ
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました