高級ソープで真性包茎のお客さんがきたら生フェラする?

ソープランド
PublicDomainPictures / Pixabay

男性器が包皮に常に包まれている真性包茎。
日本人男性には包茎が多く、およそ7割が仮性包茎、カントン包茎、真性包茎のいずれかの包茎の状態にあるとされています。
仮性包茎の場合には、体への悪影響などがあまり想定されないため、ほとんどの場合手術や治療に至ることはありませんが、真性包茎の場合には体への悪影響があると言われています。

しかしながら、何らかの事情により真性包茎の治療をしていない男性も数多くおり、そういった方がソープなどの風俗店を利用する可能性も大いにあります。
こうした真性包茎の男性器を生でフェラするのは抵抗がある、という女性も多いはず。

同業の女性たちはどうしているのでしょうか。
女性にはなかなか、「どうしてそうなるのか」が実体験としてわからない男性の「包茎」という状態に対して、経験豊富な風俗で働く女性たちはやはりこうした体験をするという方も多く、様々な意見が交換されているようです。

やはり真性包茎の場合には衛生面が気になる

タオル最も多くの女性が気になるポイントといえば、やはり真性包茎のお客さんの性器の清潔さ、衛生面でしょう。
真性包茎ということは、生まれてからほぼ一度も包皮の内側を外部に晒していない、つまり洗っていないということになります。

人間の体にはさまざまな常在菌がいますが、特に蒸れやすい股間にある性器ともなれば推して知るべしでしょう。
どれだけ包皮の外側を洗ったとしても、内側まで綺麗になっているとは言いがたいものです。
それを口に含む、ということにはやはり病気のリスクを考えると、おいそれとOKはできないものでしょう。
衛生的だけでなく、精神的にも辛いものがあります。
また、フェラのサービスでは、亀頭部分を刺激することもありますが、真性包茎の場合には亀頭部分すら露出していない状態となります。

このとき、亀頭部分を露出させるために包皮を剥くと痛がる男性も多いため、そもそも真性包茎のお客さんの場合にはフェラのサービス自体が難しいと言わざるを得ません。
とはいえ、風俗で働く女性にとって怖いのは病気だけではありません。
お客さんとのやりとりにおいてお客さん側が不満を持てば、それはクレームに繋がってしまう危険性があります。
どれだけ人気を積み重ねていても、真性包茎のお客さんのフェラを断ったばかりに、それが致命的なクレームとなってしまいお店を辞めざるを得なくなってしまったりということは、風俗で働く女性にとって困ることには間違いありません。

それを警戒した結果、抵抗を感じながらも涙を飲んで生フェラでサービスをしている女性も多いようです。
実際に真性包茎のお客さんが高級ソープなどの風俗店を訪れるケースは決して稀ではなく、また、そのようなお客さんが真性包茎であることを理由にゴムフェラにされたり、玉舐めと手コキのみ・竿と亀頭へのフェラはなしなどのサービスを行うと、どうしても不機嫌になってしまうというケースも少なからずあるようです。
もちろんそのうちの何割かはクレームとなっていることでしょう。

お店側がどのように対応しているかも重要

対応先ほど、「真性包茎のお客さんに対して、ゴムフェラでのサービスや竿・玉舐めのみにした場合、どうしても不機嫌になってしまう場合がある」「場合によってはクレームとなってしまうのではと考えている女性も多い」という説明をしましたが、ではこのような問題に対して、風俗を経営しているお店側はどのように考えているのでしょうか。
もちろん、お店のオーナーや店長によって多少の差はある、ということを前提とした上で言うのであれば、「自分の店で働いている女性が病気になってしまうリスクのあるプレイは避ける」が基本的な姿勢であると言えます。

よくよく考えれば当然のことで、自分のお店で働いてくれている女性が、お客さんの持ってきた病気などに感染して体調を崩したりした場合、その女性は少なくとも当分の間、出勤することができません。
そこでもたらされる不利益と、真性包茎のお客さんからのクレームを天秤にかければ、たとえクレームになったとしても、病気に感染するリスクは避けるのが妥当な判断でしょう。

事実、いわゆるNS店=ゴム無しを謳うお店や即尺のサービスを提供しているお店であっても、真性包茎のお客さんに限ってはゴムスキンを着用するという対応をしているお店が数多くありますし、自分のお店で働く女性に対して、感染症等の危険性を鑑みて、真性包茎のお客さんの場合には「必ず」ゴムを着用するように、フェラをするのならゴムフェラで、という指導を行っているお店もあります。

働く上で不安があるのであれば、高級店なのだからしなくてはならない、と思い込む前に、まずお店のスタッフ等に相談し、お店全体での考え方を聞いておくのが自分の身を守ることにつながると考えてよいでしょう。

真性包茎のお客さんには実際どう対応している?

質問実際のところ、真性包茎のお客さんが来ても、お店の店長やスタッフに相談することができずに、その場で自分で判断している女性は多いことでしょう。
そういった方々の対応はまちまちですが、やはり「真性包茎のお客さんは生フェラはしない」という意見のほうが多いようでした。

理由としては、やはりダントツに衛生問題が大きいようです。
中には、真性包茎のお客さんの男性器に、口だけでなく手で触れること自体に抵抗を感じるという意見もあり、真性包茎の男性への女性の評価は厳しいものとなっています。
包茎にそれほど嫌悪感を持っていなかったという女性も、その状態を理解すればするほど、やはり生でフェラは厳しい、という意見に傾いていく方が多いようです。
対応としては、お店の方針であることを説明したり、正直に衛生的な面から…という説明で、ゴムをつけることに理解を得られるよう説明するといった対応をしている女性が多いようです。

高級ソープ店であるということから、また、NS店であるからという理由で、真性包茎の方であっても生でフェラをしなければいけないのだろうか?と考える女性も少なくはないようですが、お店の経営者やスタッフの間でどのような共通意識となっているかなどをきちんと確認しておいて、いざ真性包茎のお客さんがきたときに、スムーズに対応できるようにしておくのも必要なことでしょう。
男性には気の毒な話ではありますが、やはり衛生面での懸念がある以上、ある程度は我慢してもらう必要がある部分もあるというのは、やむを得ないことです。

まとめ

風俗店は、男性も女性も粘膜が露出している極めてデリケートな箇所が触れ合う可能性の高い空間です。
身体のこうした部位は、雑菌などによる感染症に非常に弱く、自分がどれだけ清潔にしていても、お客さんの側の衛生状態によって思わぬ感染症に悩まされてしまう可能性があります。

もし一度感染症にかかってしまえば、治療に高額な費用がかかったり、完治するまで風俗店への出勤ができなくなったりといった多くの不利益をもたらす危険性があります。
こうしたデメリットを考えれば、無理をして真性包茎のお客さんへ生フェラのサービスをしてみたところで、それに釣り合うメリットがあるとは考えにくいでしょう。

ソープで働くことになったら、まず男性の包茎というものがどういう状態であるかを理解し、その上で、お店の方針としてどうしたらよいかといった対応について相談をしてみるのもよいでしょう。
また、プレイが始まればお客さんと自分の二人だけの空間となります。
クレームにならないよう、うまく説明をして理解してもらい、ゴムをつけることを承諾してもらうという方法についても考えておくのがよいかもしれません。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

ソープランド
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました