出稼ぎに行く風俗嬢はホスト狂いが多い!その理由は?

風俗全般
mohamed1982eg / Pixabay

どの風俗店にも1人はホストに入れ込んでいる風俗嬢がいるものです。
そして、決まって出稼ぎにいっているようです。
そのため、出稼ぎに行く風俗嬢は、ホスト狂いが多いともいわれています。
一体なぜなのでしょうか。
今回はその理由について迫ってみました。

風俗嬢が行う出稼ぎとは?

お金出稼ぎとは、稼げる地域に出向いて働くことをいいます。
最近では、あまり聞かなくなった言葉ですが、風俗業界では出稼ぎが流行っています。
都会に住んでいる風俗嬢が地方や田舎に働きに行くのですから、少々驚いてしまう人がいるかもしれません。

都会は、お店も豊富で人口も多いから働きやすいイメージを持つでしょう。
しかし、その分かわいくて若い女の子が集中してしまうので、容姿が普通の人やちょっと年齢層が高くなると、どうしても働きづらくなってしまうようです。
ところが、田舎や地方は人が少なく容姿レベルも高くないため都会よりも稼げるという女性はたくさんいます。
そういった願望をかけて、出稼ぎをする風俗嬢が少なくありません。

ホスト狂いが出稼ぎを行う理由とは?

ホスト狂いとは、ホストクラブに入り浸っていたり、特定のホストに依存してしまったりしている状態のことです。
ホストクラブにハマってしまうと、人生までも狂わされてしまうことも少なくありません。
最近では、女性芸能人がホストクラブにハマってしまい、AV女優になったという例もありました。
かなり話題になりましたが、風俗嬢にも少なからずああいったホスト狂いの女性はいます。

風俗で働いている理由が、貢ぐためや借金を返すためなどです。
普通の仕事を何本も掛け持つよりも、高い金額が手元に入りますから彼女たちからすると、手っ取り早い仕事なのでしょう。
ただ、ホスト狂いの風俗嬢の大半が出稼ぎを行っているという情報があります。
今いる店で鬼出勤(週6連勤、オーラスなどきついシフトで働くこと)したほうがいいんじゃないか?と思っている風俗嬢もいるようです。

たしかに、出かけるためには時間もお金もかかりますから、効率が悪いんじゃないのか?と思ってしまうのも無理はありません。
ですが、場合によっては出稼ぎのほうが稼げることもあります。
いつも、同じお店にいると客は飽きてしまいます。
「いつでも会えるから、お金があるときでいいや…。」と思われてしまうと、がくっと売上は落ち込んでしまいます。
反対に、時々しか会えないレア出勤だと、客は行きたいと思ってくれるものです。
そうした心理をうまく掴んでいるのが出稼ぎなのです。
出稼ぎ先で人気が出たり、期間限定出勤だと客は興味を持ちます。
店としても、そういった風俗嬢にキャンペーンをつけやすいので、店としても風俗嬢としてもおいしい情況になるのです。
結果的にいつも働く店よりも大金が手に入ることになります。

保証がついているから

風俗には、保証というものがあります。
日給保証のことで、その店で働くと最低限のお金はもらえるようになっているシステムです。
全員につくわけではありませんが、保証をつけてもらえると心強くなります。出稼ぎに行ったはいいが、全く客が来なかったでは手元のお金は増えませんので、これを目当てに出稼ぎにいく風俗嬢もいるでしょう。

ただし、保証があるからといって適当に働いてしまうと、稼げなくなってしまいます。
保証を目当てに働きに行こうと思っているのなら、一生懸命働くことは頭に入れておきましょう。

お金を使いたくないから

お金ホスト狂いの風俗嬢は、お金の使い方が荒い傾向があるようです。
確かに、風俗で稼げるお金は大金ですから、毎月それだけのお金があれば金銭感覚が狂ってしまうのも無理はありません。
しかし、湯水のように使っていればいずれなくなってしまいます。
手元にお金があると、ホストや遊びなどで使ってしまいそうだから…という理由で出稼ぎにいく風俗嬢も少なくはありません。

出稼ぎ先なら、ホストクラブに行かなくてすむから気が楽になるという人もいるようです。
ホスト通いをやめたいと思っていても、やめられないのがホスト狂いの怖いところなのかもしれません。

ホストに勧められるから

出稼ぎをしている風俗嬢の中には、担当(指名したホスト)から出稼ぎをすすめられることがあるようです。
残酷な話ですが、ホストは女性客を本命だとは思っていません。
なので、彼女認定されていても、それはあくまで売上に直結させるためのものです。
なので、出稼ぎの間彼女がこないと、担当は生き生きした顔をしているという話はよくあることです。

本当に彼女のことを大切に思っているのなら、風俗やキャバなどの水商売はさせません。
これから、ホストクラブに通おうと思っている人は、ホストの甘い言葉にだまされないように注意したほうがいいでしょう。

出稼ぎで稼ぐためにはどうするべき?

それでも、担当のホストのために稼ぎたいと思う人はいるでしょう。
出稼ぎで稼ぐためには、ただソープなどの風俗店へ行けばいいわけではありません。
むしろ、飛び込み営業のようなことをしてしまうと、手持ちがマイナスになってしまいます。
いきなり店へ面接に行くのではなく、ある程度準備をしてから行いましょう。

保証をつけてもらう

先程も言ったように、保証は必ずつけてもらうべきです。
しかし、お店が保証をつけるのはある程度店に客を呼んでこれそうと思った女の子だけです。
なので、普通に働きに幾分には、保証をつけてもらうのは難しいですが、出稼ぎだと意外と簡単に保証をつけてもらえることがあります。

出稼ぎに来た風俗嬢は、目標や考えがしっかりしていることもあるので、保証をつけてもいいと店側は考えます。
この保証を利用すると、住んでいる地域で働くより稼げることもこが悪かったりすると、保証を打ち切られることもあります。
仕事はきちんと行いましょう。

交通費を支給してもらう

電車出稼ぎに行くためには、お金が必要です。
遠い場所へ行くほど交通費も高くなりますので、自腹を切るのは負担が大きくなってしまいます。
なので、出稼ぎに行きたいのなら交通費を支給してもらえるところを選びましょう。

例えば、沖縄に住んでいて北海道へ出稼ぎに行く場合、航空券が必要になります。
毎回往復していると数万円かかりますから、交通費が支給されなかったり、稼げなかったりすると手持ちはマイナスになってしまいます。
そういったリスクを考えても、交通費は必ず支給してもらうべきです。

顔出しをする

店としては、女の子に顔出ししてもらいたいと思っています。
かわいい女の子がいれば、客を呼び込んでくれるからです。
特に地方や田舎に出稼ぎすると、顔バレするリスクも下がります。
なので、出稼ぎに行くのなら積極的に顔出ししましょう。
そうすると、店からも喜ばれますし、お客さんがたくさん来てくれるかもしれません。
特に、若くて容姿がいい場合、短期で在籍することがわかるとお客さんが殺到するかもしれません。
自分で思っていたよりも稼げる可能性も高くなります。

遊ばない

当たり前ですが、せっかく稼いでもそのお金を惨敗してしまうと、稼いだ意味がなくなってしまいます。
担当に使ってあげたいのなら、遊ばずに持ち帰りましょう。
特に、知らない場所だと出歩くのを避ける人が多いため、節約できるという人も多いようです。
とはいえ、ひとり遊びやひとり酒が好きな人は、ハメを外す危険性もあるので、注意が必要です。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました