キャバクラ来てるのに喋らない客って何考えてるの?どう対応すべき?

キャバクラ
Seo_Seungwon / Pixabay

キャバ嬢として働いていると接客するのが難しいお客さんもいます。
特に多くのキャバ嬢が苦手としているのがしゃべらないお客さんです。
この記事ではキャバクラに来たのに喋らないお客さんへの対応方法をご紹介します。

キャバクラ嬢が最も接客に困るのは「喋らない客」

会話キャバ嬢のお仕事をしていれば日々ウザい客や迷惑な客、対応に困るお客さんと出会うことになります。
このようなお客さんにうまく対応をして楽しませることこそがキャバ嬢の腕の見せ所といえます。

中でも多くのキャバ嬢が接客するのが難しいと感じるのが、キャバクラに来たのに無言のお客さんです。
キャバ嬢の仕事は話を盛り上げて楽しい雰囲気を作り、お客さんに指名を返させることです。
ほとんどのお客さんは、そもそも楽しむためにキャバクラに来ているので積極的に話してくれますし、自分自身で楽しもうという雰囲気を出してくれます。
そういうお客さんに対してはキャバクラ嬢も接客しやすく、素直に相手のテンションに合わせて話を聞いてあげれば良いのです。

しかし、喋らないお客さんの接客をするのは本当に大変です。
喋ってくれないのでキャバ嬢が積極的に話をふってあげる必要がありますが、こちらの必死の問いかけにも無反応で全く話してくれない事も多いのです。
「一体この人はなんのためにキャバクラに来たんだろう」と感じてしまい、頑張って接客するのが馬鹿らしくなってしまったり、疲れてしまうことも多いでしょう。
もしかしたら自分の接客方法が悪いのかと自己嫌悪に陥って仕事へのモチベーションが下がってしまうこともあります。

実際にキャバクラで働いていればこのような喋らないお客さんを迎えることはそれほど珍しいことではありません。
喋らないお客さんが何を考えているのか理解して、適切な対応をとれるようになれば一人前のキャバ嬢といえますので、ぜひこの記事を参考にしてみて下さい。

喋らない客が考えていることとその対処法

喋らないお客さんに対してキャバ嬢が感じるのは「何をしにキャバクラに来たの?」ということです。
喋らないお客さんにも様々なタイプがいるので、まずはそのお客さんがどういうタイプなのか見分ける事が重要です。

女性と話すのが苦手なタイプ

女の子と会話をするのが苦手だけどキャバクラに来てみたという男性は意外と沢山います。
会話できないからと言って女性に興味が無いわけではなく、むしろ女性と接したいという願望が強いのです。

このような男性は勇気を出してキャバクラに来てみたものの、本当に女性との接点が0の人も多く何を話せば良いのからからないし緊張してしまっていることも多いです。
せめてキャバ嬢からの質問に積極的に応えてくれれば良いのですが、「おれの話なんかしても面白くないだろうし」という心理があるため長く喋ってくれません。
しかも女の子に積極的に話すのは恥ずかしいというプライドを持っている人も多いので、とにかくこちらから話を振ってあげる必要があるのです。

見分け方としては、色々と質問してみた時に決して嫌がっている素振りを見せないのはこのタイプです。
また、女性に褒められることに慣れていないため、見た目でもファッションでもとにかく褒めてみた時に嬉しそうな様子が見えます。
面倒くさいお客さんではありますが普段女性との接点がないので、上手く接客できればその後も通いつめて指名客になってくれる可能性があります。
初日から沢山会話が弾むことがなくても、最後に「楽しかった。また会いたいから来てね」などとキャバ嬢が「楽しかった」アピールをしてあげると再来店の可能性がぐっと高まります。

お付き合いでイヤイヤ来ている

友達 男性キャバクラには仕事や友達との付き合いできている人も沢山います。
世の中にはどうしてもお金を払って女性とお酒を飲むことを楽しいと感じられない男性がいて、そういう男性は自らキャバクラには来ません。
しかしお付き合いで仕方なく来ている事もあるので、そういうお客さんは全然喋らずキャバ嬢とも会話しようとしないのです。

こういうタイプの男性はどうしようもないことが多いので、席全体の空気を壊さないことだけ気をつけて無理に話しかけたりセず、全体の会話の中で少しだけで喋ってもらうことを心がければよいでしょう。
単独で再来店するような事もないので、特別に気を使う必要もありません。

ただし、お付き合いで嫌々来たけど結局キャバクラにハマるタイプもいます。
とにかく気持ちが固くなっているのでお酒だけはすすめるようにしておけば、そのうち解放的になっていきキャバクラの楽しさに目覚めて指名返ししてくれる可能性もあるということは考えておきましょう。

指名嬢としか話さないタイプ

指名嬢意外とは会話しないようにしているという義理堅いタイプのお客さんもいます。
ヘルプでついた時に全く話してくれない人の中にはこういう男性もいます。
指名嬢以外のキャストと仲良く会話しているのを、指名嬢に見られたくないとも考えています。

他の嬢を指名しているので自分の指名客になることもありませんし、こういう男性は無理して盛り上げる必要はありません。
当たり障りのない質問をして、お酒が無くなったら注いであげる程度で良いでしょう。

キャバ嬢を困らせていちゃもんを付けたがる

最初から不機嫌でキャバ嬢相手にストレス解消しようとしている迷惑客もいます。
何を話しても不機嫌で、仕方ないから黙っていたら「何か話せよ!真面目にやれ」などとキレ始めます。
こういう男性はただの迷惑客で、頑張って接客をしても無意味なので適当に謝って受け流しましょう。

このようにしゃべらないお客さんにも色々なタイプがいるので、相手に合わせた接客をするようにしましょう。

キャバ嬢の接客方法のせいで無言になるお客さんもいる

喋らないお客さんの中には、実はキャバ嬢が接客に失敗してしまって不機嫌になっているケースもあります。
これは非常にもったいないので、自分が以下のような行動をしていないか振り返ってみましょう。

いきなりタメ口

最初からタメ口の方が喜ぶお客さんもいますが、礼儀にうるさくキャバ嬢よりも上の立場でいたいという男性も沢山います。
どちらにも対応するためには最初の挨拶は敬語にして、相手の対応を見てからタメ口にするかどうかを切り分けましょう。

すぐにドリンクを注文する

ドリンクキャバ嬢のお仕事は高いお酒を入れさせることですから、お客さんのご機嫌を伺いながらドリンクを注文していくスキルが必要です。
キャバ嬢として未熟な初心者がやってしまいがちなミスで、お客さんのテンションを読まずにお酒を入れると「楽しんでないのに金ばかり使わせようとしやがって」という気分になってしまい、喋ってくれないことがあるのです。

シャイな人にノリを求める

キャバクラであっても高いテンションが好きではなく穏やかに飲みたい男性もいます。
そういう男性に対して高圧的なフリをしたり、カラオケやゲームを求めると不機嫌になってしまうので気をつけましょう。
接客の基本は「相手のテンションにすぐに合わせる」ことですので、「自分のテンションにお客さんを付いてこさせる」のはご法度です。

これらはキャバ嬢が接客に失敗してしまったパターンです。
誰にでも失敗はあるので、もしこのような行動を取ってしまっていた時は反省して接客方法を改めるようにしましょう。

まとめ

キャバクラに来たのにしゃべらないお客さんがへの対応方法をご紹介しました。
重要なことは喋らないからと言って一括りにせずに、「なぜこのお客さんは喋らないのかな?」と考えてみて、相手に合わせた接客をすることです。
それが出来ればキャバ嬢として一人前と言えますし、指名を増やすきっかけになることもあります。
喋らないお客さんが来たときには、ぜひこの記事を参考にして接客してみて下さい。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

キャバクラ
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました