ディープキスが長い風俗客のかわし方を教えて!キツイです

風俗全般
Merio / Pixabay

風俗嬢として働いていると、どうしても嫌なお客さんとあたってしまうことがあります。
その中でも特に多くの風俗嬢が嫌がるのがディープキスが長すぎるお客さんなど、不愉快なキスをしたがる人です。
この記事では風俗嬢が遭遇する嫌なキスとその断り方についてご紹介します。

なんで風俗客は気分悪くなるようなキスをする人が多いの?

風俗で働いていれば、どうしてもキスをしたくないと感じるお客さんがたまにやってきます。
何とか我慢して軽いキスは応じても、どうしてもディープキスはしたくないなと感じるのです。

ところが、なぜか不愉快で気持ち悪い男ほどキスのマナー悪い傾向があります。
キスに謎の執着を持っていて、こちらの気持ちなど無視して延々とキスをしてこられることもあります。
断ってしまうと雰囲気が悪くなりトラブルになってしまう可能性もあるので、断ることは難しいのですが、正直NGにしたいと感じた風俗嬢は多いでしょう。

キスはソープであってもヘルス系であってもサービスする上で欠かせません。
男性はキスをすることで興奮する人も多く、キスをNGにしてしまうと風俗のサービスはほとんど出来ないと言っても過言ではないのです。
風俗嬢として働き続けるためには、ある程度我慢をしつつ、うまくキモ客とのキスを避けるテクニックを身につけるのが良いでしょう。

ウザいキスにはどんなものがある?

Kissキモ客のキスは普通の男性とは違い、特別気持ち悪い場合があります。
ここではそんあウザすぎるキスの例についてまとめました。

とにかく長い

最も多いのはとにかくキスが長いお客さんです。
プレイスタートからずっとキスをし始め、前戯中も挿入中もとにかくキスをしたがります。
長いだけならまだ我慢できても、このようなキモ客は大概以下にあげるような要素も併せ持っているのでまさに風俗嬢にとっては地獄のような時間になります。

臭い

口が臭いお客さんも多いです。
なぜかキスが好きな男性ほど自分の口臭に無頓着な人がおおいと感じる風俗嬢は多いようです。
平気で来店前ににんにく料理を食べていたり、そもそも虫歯や歯槽膿漏で口から下水道のような匂いがする男性もいます。
口が臭いお客さんと長くキスをして匂い残っている気がして食欲がわかなくなってしまった経験を持つ風俗嬢は珍しくありません。

虫歯

風俗客には虫歯に無頓着なお客さんもいます。
奥歯など見えない場所ならまだしも、前歯が無かったり虫歯で黒ずんでいると、それをみただけでキスする気が失せます。
「ソープくるお金があるなら歯医者行けよ!」と言いたくなりますが、我慢しましょう。
しかも虫歯は菌なので、キスをすると伝染る場合があります。
自分の口や他のお客さんを守るためにも、虫歯のお客さんとのキスは出来るだけ避けるのが良いでしょう。

ベロベロ系

舌を使ってベロベロと舐め回すタイプのキスもとても不快です。
こちらの舌はもちろん、唇や鼻下まで舐め回すお客さんもいます。
舌の温度や唾液の湿り方が非常に不愉快で、しかも乾いた唾液が悪臭を放つこともあります。
「キスってそういうもんじゃないから!」とお客さんには言えず、お客さんのスキを見て口を拭くしかありません。

ベチョベチョ系

ディープキスをしながらベチョベチョと音を鳴らすのが好きなお客さんもいます。
そういう男性は派手に音を鳴らすことがテクニックだと勘違いしている可能性が高く、しかも音を鳴らすことで女性を興奮させられるとも信じていることがあります。
AVの見過ぎではありますが、「興奮した?」などという身の毛がよだつセリフを言い始めるので、適当に受け流して付き合ってあげるしかありません。

舌チューチュー系

舌どこで学んだのか風俗嬢の舌を乳首のように吸い続ける男性もいます。
乳首ではないので吸われても気持ちよくないのですが、風俗嬢の口をこじ開けて延々と吸い始めます。
顎が痛くなるし、吸われている感触は気持ち悪いので、目を閉じて時間が過ぎ去るのを願うばかりです。

歯茎大好き系

口の中に舌を突っ込んできて、歯茎を舐めるお客さんもいます。
実は上の歯の裏側などを中心に歯茎は確かに性感帯でもあるので、攻めるポイントとして間違っているわけではありません。
しかし、わざわざキモ客の舌を使ってそんなところを愛撫されたい風俗嬢は稀なので、とにかく不快に感じることが多いでしょう。

ダイソン系

恐るべき吸引力で吸い続けるダイソン系男子もいます。
舌だけではなく唇も吸います。
キスをしながら吸引されるので、呼吸も難しくなりがちです。
中には口周りが痕になるほど吸おうとする人もいますが、痕が残ってしまうとその後のお仕事にも影響が出るので迷惑極まりない所業と言えるでしょう。

噛みまくり系

歯を立てて噛んでくる獣のようなお客さんもいます。
唇はもちろん舌も噛んでくるので、身の危険を感じることもあります。
歯型を残すことをマーキングのように考えている犬系男子もいるので、噛んでくるタイプには「痛い」とすぐに警告してマーキングされないようにしましょう。

唾液与える系

風俗嬢に唾液を飲ませることを好む変態もいます。
AVの影響だと思われますがその心理には謎が多く、風俗嬢にとっては毒を飲まされるようなものです。
「美味しい?」という鳥肌モノのセリフとセットになっていることが多く、そんな訳ないことすらわからないキモ客につける薬はありません。

唾液下さい系

風俗嬢から唾液をもらいたがる変態もいます。
唾液を垂らしせば喜んで飲みますが、直接風俗嬢に被害はないので、比較的ましなタイプと言えます。
とはいえ自分の唾液をキモ男が飲んでいる姿は並のホラー映画よりもはるかに怖いでしょう。

ウザすぎるキスを断る方法

止める基本的にキスを避けることは出来ませんが、テクニックで不快感を減らすことは出来ます。
風俗嬢が実際に行っているウザすぎるキスを避ける方法をご紹介します。

口を閉じる

とにかくキスをしたくなければ口を閉じるのがベストです。
何をされても頑なに口を閉じていれば相手は諦めます。

イソジンを何度も使わせる

口が臭いタイプ男性には特に有効です。
とにかく薬の力で匂いを封じ込めれば不快感は減るでしょう。
虫歯の男性の殺菌するときにもイソジンは有効です。

間接的に断る

「長すぎw」や「ちょっと痛いかも」など間接的にキスが嫌であることを伝えるのも効果的です。
ポイントは出来るだけ明るい声で言って雰囲気を壊さないようにすることです。

口内炎が出来ていることにする

相手に言っても無駄な場合は、自分の体調でキスが出来ないことにしましょう。
ポイントは、「キスあんまり出来なくてごめんね。代わりにフェラ頑張るから!」などと申し訳ないフリをしてお客さんの機嫌を取り戻すことです。

きっぱり断る

色々な方法を試しても伝わらない場合は、きっぱり断るしかありません。
不機嫌に対応したり、「無理」と言ってしまうなどして、キスを断りましょう。
雰囲気が悪くなるのは仕方ないので、「もうこのお客さんからの指名はいらない」と思った時に使える方法です。

まとめ

風俗嬢が遭遇する嫌なキスとその断り方についてご紹介しました。
風俗嬢のお仕事はストレスとの戦いと言っても過言ではありません。
毎日のお仕事でストレスを貯めないためにも、嫌なお客さんのかわし方を身につけることは重要です。
ディープキスが長すぎるなどキスに関連するウザ客への対応はぜひこの記事を参考にしてみてください。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました