私服で働くホテヘル嬢はヒール付の靴が当たり前?客ウケいいのは?

デリヘル・ホテヘル
OpenClipart-Vectors / Pixabay

デリヘルや私服で働くホテヘル嬢にとって仕事のときの服選びは悩みの種になりがちです。
指名のためにお客さんウケが良い服を来ていたいけど、汚れたりするからあまり高いものは買いたくないというのが本音です。
この記事では私服で働く風俗嬢のためになるお客さんウケがいい服装についてご紹介します。

私服で働く風俗嬢の服選びはどうやってすればいい?

服デリヘルや私服で働くホテヘル嬢にとって仕事用の服装はとても重要です。
当然お客さんウケする服を着て行ったほうがお客さんのテンションがあがりサービスもしやすくなりますし、指名を返してもらえる可能性も高まります。

しかし服装選びには注意が必要です。
特に風俗嬢として長く働いていると一般の感覚とズレてしまい派手でケバい服装になってしまいがちです。
それは周囲の風俗嬢が派手でケバい服装をしていることが多いからです。
「私はあの子みたいにケバくない」と思って服を選んでも、それでも一般の感覚と較べてみるとかなりケバい事があります。

風俗店の近くや繁華街を歩いていて、「あの子風俗嬢だな」と感じたことがある女性も多いと思います。
多くの風俗嬢の服装は街中で見れば浮いている服装は一目瞭然ですし、他人の服装であれば客観的に見ることが出来るのです。
しかしお客さんウケする服装というのは実は派手だったりケバいという方向性とは間逆な事が多いので注意が必要です。
また風俗嬢はスタイルをよく見せるためにヒール付きの靴を履くこともありますが、高すぎるヒールは男性ウケがわるいのでこれも避けましょう。

また、私服で勤務する場合お客さんに服を触られたり脱がされる事もよくあります。
男性は服を脱がせることに興奮する人も多いので、私服で働く風俗嬢は脱がされる可能性があるということも覚悟しておきましょう。
しかし、お客さんに服を触られるのは嫌だと感じる風俗嬢もいますし、男性は大体女性の服のことをよくわかっていないので乱暴に扱われて破れてしまうような事もあります。
だから私服で働く風俗嬢は、あまり高い服ではなく、駄目になってもかまわないような安い服を選ぶことが多いのです。

つまり、私服で働く風俗嬢が選ぶべき服装は「ケバすぎずお客さんウケが良くて安い服」ということになります。

風俗業界でお客さん受けがいい服装とは

スカートお店によってはスカート必須と言われたり、出来るだけスカートにするようにしてください、などと指定されることがあります。
お店にとって一人一人の女の子の服装まで管理するのは非常に手間がかかり実質不可能なので、ひとまず無難なスカートを強くオススメされることが多いのです。
お店の規則であれば守る必要がありますが、絶対的な規則と言うほどでもなければあまり気にする必要はありません。
自分なりにお客さんウケを考え工夫をしたほうが、結局そのぶん指名としてお給料に返ってくるのです。

では実際にどのような服装がお客さんウケがいいのでしょうか。
まず重要なのは客層にあった服を選ぶことです。
「ギャル系」のように特定の趣味のお客さんに向けたお店であれば、採用された女性も自然とその傾向に合っているので無理して服装を変える必要はありません。
しかしほとんどのお店は特別なコンセプトがないので、そういったお店のお客さんにウケる服装を具体的に髪挙げてみました。

「プロっぽさ」が少ない清楚系の服

ほとんどの男性は清楚系な服を好みます。
まず気をつけなければいけないのは、風俗嬢の思う「清楚系」よりも男性客が考える「清楚系」の方がはるかに地味だということです。
自分では地味過ぎると感じるくらいのほうがお客さんウケはいいと考えましょう。

色はビビットカラーは避けて、パステルカラーのものを中心に選びましょう。
基本は黒や白、茶色のモノトーンにして少しパステルカラーを取り入れる程度が、男性にとっての「清楚」です。

服の組み合わせの基本としてはアンサンブルのシャツ+カーディガンとタイトめなスカートなど普通のOLの休日のようなカジュアルな服装が良いでしょう。
ワンピースも良いですが、柄が派手だったり色が鮮やか過ぎると「だらしない風俗嬢っぽさ」がにじみ出てしまうので、ガラや色は地味なものを選びましょう。

また、タイツやパンプスも網目が太いものや色が濃いものは避けて、生足のように見える自然な色を選びましょう。

脱がせやすい服

服男性の服は大体上半身は上に引っ張れば脱げるし、下半身は下に引っ張れば脱げます。
だから男性にとって女性の服はチャックやボタンが多くて複雑に感じることも多いようです。
脱がせるのが好きな男性は多いですが、脱がせるのに手間がかかる服はテンポが悪くどうすればいいかわからなくなってしまいテンションが下がってしまう可能性があります。
また、よくわからずに引っ張られて服が傷つくこともあるので、そういうトラブルを避けるために脱がしやすく脱ぎやすい服装が良いでしょう。
ワンピースなどは男性にとってもわかりやすいのでおすすめです。

安くてもいいけどヨレヨレの服はNG

ほとんどの男性は女性の服に詳しくありません。
ブランドやメーカーもほとんど知らないため、しまむらやユニクロ、ジーユーなどの量産型の安い服装であっても問題はありません。
それ以外で安くて清楚系な服を売っているお店としてはミッシュマッシュ、プライムパターン、セシル、バイバイ、イングなどが人気です。
しかし、しっかり洗濯していなかったりシワが大量にあるものだと、風俗嬢自身もみすぼらしく安く見えてしまうので、洗濯はしっかりしてシワがある場合はクリーニングに出したりアイロンをかけるようにしましょう。
細かい部分ではありますが、意外とこういった細やかな気遣いが指名に繋がります。

高すぎるヒールは避ける

ヒール風俗嬢はスタイルをよく見せるために高めのヒールを履く傾向があります。
しかし、風俗にくるお客さんに限らず高いヒールの靴を素敵だと感じる男性はとても少ないです。
また、男性は女性の足の長さをそれほど気にもしていません。
むしろ背が低い男性にとっては、高いヒールをはいてわざわざ自分よりも身長が高くなっている女性には気後れしてしまうということもあるようです。

蒸れて臭うブーツはNG

特に冬場はブーツを履くという女性も多いですが、お客さんの前で脱いだ時に臭ってしまうとそれだけで、評価は下がります。
また、ブーツは脱ぎづらいことが多くお客さんを待たせて部屋の前でいると時間稼ぎしているのか、と疑われてしまう原因にもなるので避けましょう。

下着は基本的に白がベター

下着の色も男性のテンションを大きく左右します。
一般的な男性が好むのは白の下着です。
白ではなくてもせめて柔らかな色合いのピンクや黄色、水色の下着を選ぶのが良いでしょう。
逆に赤や紫の派手下着は、意外と男性にとっては引いてしまう要素となります。
風俗嬢だからといって気合を入れて派手な下着を選んでしまう方が結構いますが、男性は下着も「清楚系が好き」ということです。

セクシーすぎる下着はNG

下着については色だけではなく形も注意が必要です。
上下を揃えて普通の形のブラとパンツを選ぶようにしましょう。
せいぜい少しヒラヒラがついていたり花柄がある程度のものが「清楚」だと感じてもらえます。
逆にTバックや過度に透けている下着、形が奇抜なものだと初めてのお客さんは引いてしまいます。
ただし、何回も指名してくれるお客さんに「Tバックをはいてほしい」などの要望があれば応えてあるのが良いでしょう。

まとめ

デリヘルや私服のホテヘル嬢のためにお客さんウケがいい服装についてご紹介しました。
基本は清楚系で素人っぽいことを意識するようにしましょう。。
また、服にお金をかけすぎてしまうと稼ぎが減ってしまいますし、男性は女性のファッションに疎い方が多いので、ユニクロやしまむら、ジーユーなどの安いお店でも問題ありません。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

デリヘル・ホテヘル
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました