リストカットしてても風俗で働ける?お客さんに見られたときの反応は?

手首 風俗全般

様々な理由があってリストカットをしている女の子がいます。
手首の辺りに傷跡があっても風俗店で働けるのでしょうか?
もし採用という形になったとしても、お客さんからの反応が気になる所です。
今回はこの2点を中心に話を進めていく事にします。
自分自身に傷をつける癖があるのなら、早い段階で対処しておく事が大切です。
どの様にすればよいかというのを簡潔にまとめました。
時間に余裕のある時にゆっくりご覧になっていただきたい内容です。

傷があっても大衆店なら働けます

手首風俗店は大きく3つに分けることができます。
上から高級店、中級店、そして格安店になります。
格安店は別の言い方では大衆店とも呼ばれています。
どちらも同じ意味ですので間違えない様にしてください。
このうち中級店以上のお店は採用が厳しくなる傾向があります。
リストカットの跡がある場合は残念ながら不採用になってしまう可能性が高いです。
格安店寄りの中級店であればギリギリで採用されるかも知れませんが、基本的には難しいと考えてください。

ですので、その場合は格安店で働くことになります。
こちらであればそれなりの確率で採用される事になるでしょう。
もちろん絶対という訳ではありません。
最近は風俗嬢を志す女の子の数が増えてきていますので、以前に比べて採用されにくくなっていると言われています。
どこかのお店の面接を受けて落ちてしまっても、ガッカリしてはいけません。
直ぐに他のお店の面接に応募してください。
いくつかのお店で面接を受ければ、まず間違いなくどこかのお店が採用してくれます。

お客さんはプロフィール写真を見て女の子を指名する事になりますので、その段階でリスカの跡があってもハンデにはなりません。
問題はその後という事になります。
接客時にお客さんがその事に気が付いて、次回以降の指名を敬遠してしまう事があります。
この様にならない様に注意をしてください。
かなり難しい事ですが、全く対策が無いという訳ではありません。

例えばファンデを塗ると、ある程度はごまかす事ができます。
明るい部屋の場合は難しいですけど、風俗店の店内というのは基本的に薄暗い照明になっている事が多いです。
なので隠すという事もできなくはありません。
この場合はデリヘルよりも店舗型のお店の方が適しています。
どちらかというと店舗型の方が部屋が暗めだからです。
デリヘルの場合はホテルによって明るさが違います。
バレ対策の事だけを考えれば圧倒的に店舗型がオススメです。

殆んどのお客さんはビックリします

びっくり気になるのはお客さんの反応という事になります。
リストカットという言葉自体は随分広まってきた感がありますけど、聞くのと見るのとでは印象というのは大きく違ってきます。
テレビ画面越しではなくて、リアルに見る訳ですから、その衝撃というのはそれなりに大きいです。
女の子側からすれば普段から見ている傷ですので何とも思わないでしょうけど、お客さん側はそうではありません。
何故こんな事をしたのだろうか?という気持ちになってしまいます。

しかもただ単に見ているというだけではなくて、今現在自分がその女の子に接客をされている訳ですから、場合によっては相当な嫌悪感を抱いてしまいます。
どうしてそんな風に思うの?なんて心境かも知れませんが、お客さんからすればその様に感じてしまうのは当然です。
自分で自分の身体を傷つけるというのは客観的に見ると理解しがたい行為です。
このことを十分に理解しておく必要があるでしょう。
そうすれば対策もしやすくなります。

今現在リストカットをしているのでしたら、もうこれ以上は傷つけない様にしてください。
状況を悪化させない様にするという事が大切です。
したい気持ちは強いでしょうけど、これから風俗でそれなりの金額を稼ぎたいのなら我慢しなくてはいけません。
しばらく耐え続けていると、その状態に慣れますから、リストカットせずに済むようになります。
かなり辛いでしょうけど、ここは頑張らなくてはいけません。

その後は、傷が少しずつ回復していくのを待つ事になります。
どの程度の傷をつけているかによって回復に掛かる時間というのは変わってきます。
簡単に傷跡を消す方法があればいいのですけど、タトゥーの様に消すのは難しいというのが現状です。
自分自身の自然治癒力に頼らざるを得ません。
完全に消えるかどうかはその人次第ですが、時間の経過と共に薄くなって行くというのは間違いありません。
お客さんから見て分からないレベルを目指してください。

お客さんに助けてもらおうと考えない

Helpリストカットをする女の子に共通しているのは精神的な不安定さです。
お金を稼ぐ事が目的で風俗業界に飛び込んだというのはあるのですけど、それ以外の理由として男性に助けてもらいたいからというのがあります。
お客さんの接客をしている時に、傷の事に気づかれて心配されたいと考えている訳です。
確かに大勢のお客さんが利用していますから、中にはそういった優しいお客さんもいるでしょう。

しかし、現実問題としてそういったお客さんに出会える可能性は極めて低いです。
また、基本的に風俗店というのは女の子側が男性にサービスをする場であって、自分自身を慰めてもらう場所ではありません。
ですので、傷跡をアピールする様な事は決してしないようにしてください。
基本的には隠すという事が大切です。
それが難しい場合は、お客さんに言い訳をしておく必要があります。
昔はリストカットしていたけれど今はしなくなったとか、そういった事を言っておく様にする訳です。

どの様な傷が腕にあったとしても、お客さんはその場では不快な反応をしない事が多いです。
しかし、内心はそうではありません。
せっかく沢山のお金を支払ったのに、丸ごと損をしてしまったような気分になる事もあります。
後でメールでお店にクレームを入れるという事もあるでしょう。
こうなってしまった責任が誰にあるのかをよく考えていただきたいです。
当然の事ながら、リストカットをした女の子本人という事になります。

慰めてくれる優しい彼氏は基本的にプライベートで探す様にしてください。
それなりの金額を頂いているわけですから、その時点でプロフェッショナルとしてお客さんの相手をしなくてはいけません。
自分の悲しみに気づいてもらおうとするのではなくて、お客さんの悲しみを癒す立場になってください。
そこまでの余裕は無いかも知れませんが、風俗嬢として働くのならそうするべきです。
お客さんの喜ぶ顔を間近で見れば、それが自身の満足にもつながるはずです。

リスカ痕があって得をする事は無い

ここ十数年の間にリストカットという言葉が広まった影響なのか、実際にしてしまうという女の子が随分増えてしまいました。
何をしようと個人の勝手と言えばそれまでですけど、風俗店で働くのであれば絶対に止めておくべきです。
リスカ痕があって得をする等という事はありません。
百害あって一利無しという言葉がピッタリです。
既に傷をつけてしまったという場合は、それ以上酷くしないようにしてください。
時間の経過と共に、ある程度は傷跡が薄くなっていく事が期待できます。
まだ傷がついていない状態で、リスカしようかどうか迷っているのでしたら絶対に止めましょう。
殆んどの男性はそれを見ても同情してくれません。
不快な気持ちになるだけなので余計な事はしないようにしてください。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました