チンコが小さいお客さんがお店に来たらどうやって扱いますか?

風俗の仕事では多くの男性に接しますが、その中には極端にチンコのサイズが小さな男性も存在しています。
一般的に、アソコのサイズの大小はプレイそのものに大きな影響は与えませんが、アソコが小さな男性を苦手にする女性もいます。
ここでは、そんなチンコが小さいお客さんに対する対処方について、風俗店のタイプ別に紹介したいと思います。

ヘルス等でのプレイでは、丁寧に接すれば問題ない

ソープ以外のファッションヘルスやデリヘルでのプレイでは、基本的に通常サイズのお客さんの接客と同様の内容で大丈夫です。
ただし、普段通りの扱い方だと、過剰に圧力が加わって早く男性がいってしまう場合があります。
そこで、プレイでは男性の反応を確かめながら、慎重に力を加えるなどの配慮をする必要があります。

普段よりも丁寧に取り扱う

男性のチンコは女性のアソコと同様に繊細で、乱暴に扱うと痛くなってしまいます。
また、大きな圧力が突然与えられると、すぐに果ててしまう場合があります。
特に、アソコのサイズが小さいと、女性にその意識がなくても強い力が容易に加わり、男性がいきやすくなりがちです。

そこで、アソコが小さな男性に接客する際には、普段より力を入れず、丁寧な対応が必要となります。
たとえば、手コキする際には握りすぎないように配慮しなければなりません。
女性の手が完全にチンコを覆ってしまうと、その分、強い圧力が加わります。
そこで、5本の指全部で手コキするのではなく、親指と人差し指、中指の3本の指だけでするようにして圧力を抑えるなど、優しく取り扱う必要があります。

また、フェラの際にも同様の配慮が必要です。
普段と同じようにするとアソコに強い吸引力が伝わり、男性がすぐに果ててしまう可能性があります。
そうならないように、男性の反応を確かめながら徐々に力を強めるなどの配慮をしなければなりません。

滑って挿入しないように注意

せっけん男性のサイズが小さな場合には、素股プレイでも注意が必要です。
素股プレイでは騎乗位の体勢で男性を刺激しますが、その際、誤って挿入してしまう可能性があるからです。
通常のサイズの男性が相手であれば、手でチンコを抑えながら、挿入しないよう腰を動かせます。
しかし、チンコが小さな男性が相手だと、上手くアソコをコントロールできず、手も滑りやすくなって誤って挿入してしまう可能性があるのです。

そこで、普段は片手で抑える場合でも、あえて両手で抑えたり、親指と人差し指でチンコの付け根を挟むようにしてコントロールするなど、扱い方を注意する必要が生じるのです。

アソコが小さな男性に対するソープでの対策

男性のアソコの大きさがより問題になるのは本番が行われるソープにおいてです。
ソープでは、ゴムが外れやすくなったり、男性がなかなか最後までいけなくなるなど、アソコの小ささゆえの問題が発生しやすくなります。
それでも、ゴムを用意したり、体位や手の使い方を工夫することで対策が可能です。

ソープで働くのであれば、アソコが小さい男性がいつ訪れても良いように、事前に準備しておく必要があります。

市販の最小サイズのゴムを用意する

ソープで男性のアソコのサイズが小さい場合、最大の問題となるのはゴムが外れてしまうことです。
ソープでゴムが外れると、つけ直すのが面倒なだけではなく、最悪な結果をもたらす危険性もあるため避けなければなりません。
そのためには、あらかじめ最小サイズのコンドームを準備する必要があります。
ソープでは、コンドームがお店から支給される場合がありますが、そのような場合でも女性が自腹でコンドームを用意すべきです。

ドラッグストアではSサイズのものまでしか置いてない場合が多いのですが、ネット通販を利用すればさらにミニサイズのSSサイズのものも入手可能です。
SSサイズであれば、かなりの短小サイズにも対応できます。
また、なるべく薄いタイプのものも有効です。
と言うのも、薄いタイプのコンドームは密着性が高く、張り付く力が強いため外れにくくなるからです。

自腹でコンドームを購入するのは痛い出費となりますが、誤ってゴムが外れてしまうリスクに比べればその負担は軽いものです。
自分の身体のためにも、事前の準備を怠るべきではありません。

体位と手で圧力を上昇させると効果的

チンコの小さな男性は、アソコへ圧力が加わりづらいので、挿入してもいってくれない場合があります。
そのような場合には、手や体位を使って圧力を高めることが効果的です。
まず、正常位の際には両手で膣口の部分を抑えてみると圧力を高められ、男性のアソコを圧迫することができます。
また、後背位ですれば膣圧を高められます。
そこで、小さな男性に対して積極的にバックするよう提案することも有効です。

騎乗さらに、最終手段として騎乗位を利用する方法もあります。
女性が主導権を握り、男性の上に乗って男性のアソコを刺激し、男性を最後まで導くのです。
実際にはチンコが入っているのかどうか微妙な素股プレイのような形になりますが、男性は最後まで到達できればそれで満足します。

とにかく、男性を最後まで到達させることに主眼を置いて取り扱い、圧力を高めるように工夫することが必要となるのです。

アソコが小さなお客さんに接客する際に必要なこと

アソコが小さな男性はチビでデブな場合が多く、男性的な魅力に欠けたそのような男性を苦手とする女性も多くいます。
しかし、アソコが小さければ身体的な負担も軽くなり、楽に接客できるというメリットもあります。
実は、アソコが小さなお客さんに苦手意識を持つのは損なのです。

大きさを指摘するのは厳禁

女性が胸の大きさを気にするように、男性はアソコの大きさを気にします。
アソコの小さな男性は、特に小さい事を自覚しており、恥に思っている場合もあります。
そんなお客さんに対してアソコの大きさを指摘してはいけません。

たとえ、男性が服を脱いだ際に「小さいでしょう?」と自ら口にしても、同意してはいけません。
それは、「違う」ということを風俗嬢の口から言ってもらいたいために、安心するために言っているに過ぎないのです。
そのような際には社交辞令で構わないので「普通だ」と答える必要があります。

また、相手が包茎の場合でも同様です。
陰茎が短ければ、包茎、特に真性包茎となる可能性が高まりますが、そのような男性に対しても普段通り接客すべきです。
そうしないと、男性が傷ついてしまい、プレイ後のアンケートでひどい内容を書かれるなどの悪影響が生じかねません。

アソコが小さければ接客しやすい

アソコが小さな男性は、何となく男性的な魅力に欠けるものです。
特に、チビでデブな男性は、アソコも短小というイメージが強く、そのような男性とのプレイを苦手とする風俗嬢も多く存在しているはずです。
しかし、アソコの小さな男性は、実は接客しやすいお客さんです。
そのことは、アソコが大きな男性と比較してみれば容易に分かります。

口アソコが大きければ、フェラをするだけでも咥えるのが大変です。
さらに、最悪なのがソープの場合です。
大きすぎる男性でも必ず挿入しなければならないために、ソープ嬢は無理しなければなりません。
長すぎるアソコの持ち主が相手だと、奥までピストンされて内臓が突き上げられるような痛みを覚える場合もあります。
アソコが短小な男性であれば、痛くて怖い思いをしなくて済みます。

アソコが小さな男性に苦手意識を持つのは損です。
楽に接客できるお客さんと、むしろ好意的に迎えるべきなのです。

まとめ

風俗の仕事をしていると、チンコが小さな男性に接客する機会も生じます。
そのような男性相手には、乱暴に取り扱わず、いつもより慎重に接する必要があります。
また、ソープでは効率よく刺激するために、手を使ったり、体位の工夫をしたりして、男性を上手く導いてあげる必要もあります。

小さなアソコの持ち主は、男性的な魅力に欠けるために苦手意識を持つ女性もいますが、女性の身体的な負担は軽くなります。
アソコの小さな男性に対して苦手意識を持つのではなく、当たりのお客さんが来たと思って好意的に接客すべきなのです。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました