風俗の出稼ぎで荷物の中に入れておくと便利な物ってなに?

風俗全般
dpapc / Pixabay

2泊3日旅行に行くわけでないので、出稼ぎとなると大荷物になります。
持って行きたいものをすべて持っていくと、出稼ぎ期間にもよりますがプチ引っ越しのような荷物の移動になってしまいます。
それでも必要な物は持っていかないと、結局現地で購入することになり余計な出費がかかってしまい稼ぎが減ってしまいます。
出稼ぎの荷物に入れておくと便利な物をご紹介します。

まずは必ず持っていきたい物

身分証

パスポート免許証やパスポートなどの顔写真がついているものは必ず必要となってきます。
免許証やパスポートは偽造も出きるので、あらかじめ市役所や区役所に行って住民票原本も持参した方が良いです。
出稼ぎ先で提出を求められて慌てて、出稼ぎ先の役所でも取ることも可能なのですが、本籍地と筆頭者が記載されているものは、元々の住所の役所でしか交付してもらえません。

あと、もう一ヶ所で住民票を取ることが出来る場所があります。
実はなんでも便利なコンビニでも住民票を取ることは可能なのですが、免許証では出してくれず住民基本台帳カードか、マイナンバーカードが必要なので出稼ぎ前にあらかじめ近くの役所で交付してもらうのが一番楽です。

保険証

必ず荷物の中に入れておきましょう。
出稼ぎ先で風邪を引いても保険証がないと100%実費になってしまいます。
後々、保険証のコピーをFAXで送って返金されるので実質、病院代は変わらないですが、最初の実費はかなり痛い出費となってしまいます。

直近の性病検査表

必要かどうかは出稼ぎ先によりますが、提出を求められて、持っていないと現地で検査をして結果が出るまで働けない何てこともあります。
せっかく稼ぎたくて出稼ぎに行っているのに、働けない期間があると勿体ないです。

持って行かなくてもいいけど、あるとやっぱり便利な物

シャンプーコンディショナー

シャンプー出稼ぎの寮、もしくはビジネスホテルに備え付けてあるはずですが、安い業務用を備え付けていることが多いです。
毎日業務用シャンプーで髪の毛を洗っていると、どうしてもゴワゴワになってしまいます。
気にしない人なら良いですが、いつも使っている物でないとイヤだという人は持っていった方が良いです。
ボトルそのまま持っていくと重いし、かさばってジャマになりますので、2週間ほどの出稼ぎであれば350mlのペットボトルに詰め替えて行けば場所を取りません。

コテ

使わない人はまったく無視して構わないコテです。
ドライヤーならどこにでも完備していますがコテはそうそう置いてません。
置いてあっても、温度調節が効かない物だったり、いつも使っているコテと違うだけで巻きも変わってしまいますので、持参すれば髪型が決まらずイライラすることも少なくなります。

部屋着兼パジャマ

お仕事用品や私服はバッチリ詰め込んだのに、以外と忘れがちなのが部屋でリラックス出きる部屋着などを忘れてしまいます。
ビジネスホテルならガウンがあるので、最悪しのげますが、ガウンでコンビニにも行けないので結局着替えるはめになります。
寮ならガウンなんて用意はないので、24時間気の抜けない服装をしていなくてはならなくなります。
近くにコンビニでもあれば、気に入ったものがなくても購入は出来ますが、無駄な出費となってしまいます。

マスク&帽子

マスクと帽子があれば、店舗近くに滞在していて昨日ついたお客さんに万が一遭遇しても気づかれにくいです。
ついでに寝るときにマスクをしておけば加湿器要らずなのでなにかと使えて便利です。

風邪薬、鎮痛剤

都会への出稼ぎなら、すぐに薬も購入出来ますが、田舎へ出稼ぎに行ってしまうと周辺は風俗街しかなく、土地勘もないのでドラッグストアを見つけられないこともあります。
ちょっと風邪引いてダルいな程度でしたら風邪薬を飲んで様子を見れますし、突然襲ってくる頭痛、歯の痛み、最悪の生理痛には鎮痛剤が効果を発揮してくれます。
コンビニでは薬は販売していないので、持っていくと良いです。

延長コード

延長古い建物だとコンセント差し込み部分が少なかったり、寮で相部屋になってしまった時に、同室の人に気兼ねしてしまい、携帯すらなかなか充電出来なかったしますので、延長コードがあるととても便利です。
ただし1500W以上電流を流してしまうと、発火の恐れがありますので便利だからと言って、あれもこれも繋ぎっぱなしはNGです。

小さい調味料

世の中のOLですら自分のデスクに調味料を置いている人もいるくらい、あれば便利なものです。
お弁当を買ってきて部屋で食べようとしたときコロッケにはソースは必ずついていますが、醤油派もいます。
自分好みの味にしたい時には必需品です。

あと、沖縄などに出稼ぎに行って納豆を食べたくなり沖縄でしか見ない納豆を購入すると、ついているタレがとても甘いのです。
関東の納豆を食べなれていると、甘いタレの納豆はどうしても食べられません。
そんな時は持っている醤油をチョイ足しで美味しく食べられます。
マヨネーズは小さいボトルタイプだと開栓後は常温で持ち運びは出来ないので、一回使いきりタイプを持っていく事をオススメします。

モバイルルーター

ポケットWi-Fiのことですが、お店や寮、ビジネスホテルにWi-Fiがあれば必要はないのです。
事前に確認した方が良いですが、完備されていなかった場合、暇な時間に動画を見ていよう物なら即、契約プランを越えてしまい、速度制限がかかってしまいます。
速度制限がかかっても使用は可能ですが、とにかく時間がかかってイライラします。
スマホのプランを上げるよりモバイルルーターを契約して持っていった方が格安です。

アダルトグッズ

オプションでローターやバイブなどが組み込まれている場合があります。
店によって、無料で支給してくれる場合もありますが、買い取りのお店もあります。
もし、今在籍しているお店で使っているアダルトグッズを持っているならば、それを持って出稼ぎに行きましょう。
ただ、飛行機に乗って行くような出稼ぎ先だと、空港で荷物チェックの時ちょっと恥ずかしいです。

マクラ

枕どこでも眠れる人であればまったく必要ではないのですが、環境も変わり体調を崩しやすくなります。
出稼ぎであれば多少の事で休むことも出来ないので、充分な睡眠は必要となってきます。
マクラが変わると眠れない人は、かなりジャマにはなりますが、毎日使っているマクラを持参すると落ち着いて眠ることが出来ます。

逆にそんなに必要ではないもの

それは私服です。
おしゃれ好きな女の子にとってはたくさん洋服を持って行きたいところですが、実際出稼ぎとなると長時間拘束されることになります。
仕事終わりに飲みにでも行きたいところですが、連日長時間拘束なので疲れてしまって飲みに行くなんて気持ちも起きなくなります。
稼ぎに行っているのですから、極力休みも少なくして稼ぎまくって帰りたいです。
なので私服を大量には持っていっても、あまり使い道はないので最小限にして、洗濯して着回しましょう。

まとめ

短期間の出稼ぎであれば、そこまでいろいろ用意しなくても多少我慢すれば良いだけですが、1ヶ月くらい出稼ぎに行くのであれば、「こんなの必要かな?」と思うものでも、持っていって損はないのでスーツケースに詰め込んで行きましょう。
細々したものが多いですが、現地で購入すると1つの単価は安いですが、積もり積もって結構な金額になってしまいます。
稼ぎはなるべく使わないようにして、たくさんお金を持って帰りましょう。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました