風俗嬢の強い味方、ウエトラは韓国産!プレペアは日本産で安心?

風俗全般
Kai_Vogel / Pixabay

風俗嬢にとってアソコの潤いはとても大切です。
ストレスなく仕事をするためには潤滑ゼリーは必須です。
人気を二分するのが韓国産のウエトラと日本産のプレペアです。
どんな違いがあり、使用の上ではどんな注意が必要なのかについて紹介をします。

商売道具を潤滑ゼリーで守りましょう

水風俗嬢にとってアソコはとても大切な商売道具です。
なのに、お客さんからは乱暴に扱われることが少なくありません。
また、潤っていないと、不感染症だとレッテルをはられてしまうこともあります。
ウエトラやプレペアなどの潤滑ゼリーで潤わしておくと、膣内を刺激から守ることもできますし、お客さんも喜んでくれます。
膣内に異物を入れることに抵抗感のある人もいるかもしれませんが、直接粘膜をお客さんに弄られるより、ずっと安全で安心です。

韓国産のウエトラ

風俗嬢愛用の潤滑ゼリーで人気の1つが韓国産のウエトラです。

粘性がある

ウエトラの特徴は粘性があることです。
糸を引く程ではありませんが、本物の愛液よりもヌルヌルしています。
なので、お客さんが触ってくるときにの摩擦や刺激を和らげてくれることもあります。
粘性があるので、膣内からなかなか流れていかないので、長時間のプレイにも耐えることができます。
一方で、不自然な粘性はお客さんにバレてしまいがちなのが難点です。

不良品が多い

風俗嬢の場合はウエトラを100本単位で購入することが多いですが中には空のものや、腐っている物が混ざっていることがあります。
腐っているものを使うと、変なニオイがしたり、膣内が痒くなったり、クンニの時に気付かれやすくなったりします。

洗いにくい

仕事が終わった後は膣内を清潔に保たなければなりません。
もちろんほかの潤滑ゼリーやローションを使う場合にも必要ですが、ウエトラは粘性がある分、しっかりと洗う必要があります。
そうすると、洗う時に中を傷付けてしまったり、膣内を健康に保つための良い菌まで洗い流してしまったりするので、カンジダになりやすくなったり、かゆくなったり、痛くなったりしてしまうことがあります。

日本産のプレペア

韓国産のウエトラと人気を二分するプレペアの値段はウエトラとほとんど変わりませんが、使い心地は少し違います。

粘性が低い

水プレペアはウエトラに比べて粘性が少ないです。
サラサラしていて、本物の愛液にテクスチャに近いです。
なので、お客さんに使用していることがバレにくいです。
ただし、サラサラしているので、すぐに膣の外に流れ出てしまうのがデメリットです。
あまり持久力が無く、長時間のプレイだと後半は効果が無くなってしまうこともあるかもしれません。

不良品は少ない

国内産のクオリティ故か、プレペアに不良品があったという話はほとんど効きません。
安心して使うことができます。

洗いやすい

プレペアはサラサラしているので、洗い流しやすいのがメリットです。
ゴシゴシと擦る必要が無いので、カンジダのリスクが下がります。

ウエトラが向いている人、プレペアが向いている人

ウエトラとプレペア、どちらが優れているというのは一概には言えませんが、膣を酷使し、頻繁に指やローター、性器などを入れられる人は粘性が強く、膣内を守ってくれるウエトラの方がおすすめです。
一方で、リアリティを求めるお客さんが多かったり、カンジダになりやすかったりする人はプレペアの方がおすすめです。

潤滑ゼリーは値段だけで選ばないように

お金ウエトラもプレペアも1本100円あたりが相場です。
しかし、通信販売やドラックストアなどによって値段は変わってきます。
この2つの商品以外にもマイナーなメーカーでもっと低価格な潤滑ゼリーもあります。
経費は安く抑えたいものですが、値段だけで潤滑ゼリーを選ぶのはおすすめできません。
潤滑ゼリーに限らず商品の質と値段はある程度比例することを心にとめておきましょう。

マイナーで安いものは粗悪であることも

マイナーなメーカーで安い潤滑ゼリーは質が悪いことがあります。
膣内がかぶれてしまったり、独特なニオイがしたりすることがあります。

安過ぎる場合には注意

同じウエトラでも購入するお店によって値段が変わってきます。
極端に安い場合はラッキーではなく、用心しましょう。
粗悪品の混入率が高い可能性が多いです。
外れを引きたくないウエトラ愛用者はウエットトラスト公式通販を利用するのがおすすめです。

最初は大量購入を控えて

安いお店や安い商品を見つけたらまとめ買いしたくなってしまいますが、初めて購入するお店や商品の場合はまずは多少割高になってしまったとしても、少量を購入して品質を確認するようにしましょう。
アソコに使うだけでなく、少し舐めてみるのもおすすめです。
無味無臭を謳っている商品であっても、添加物によっては甘味を感じたり、ピリピリとした刺激を感じたりすることもあります。
いくら安くても質が悪ければ、無駄になってしまったり、我慢して使い続けなければならなくなったりしてしまいます。

潤滑ゼリーはお客さんの夢を奪う

大切なアソコを守るための潤滑ゼリーですが、使用していることをお客さんに大っぴらにしてはいけません。
お客さんを著しく萎えさせてしまいます。

お客さんは夢を見たい

夢お客さんは風俗嬢に夢をみたいものです。
濡れているのは潤滑ゼリーのせいではなく、自分が女の子を感じさせていると思いたいものです。
潤滑ゼリーがバレてしまうと自称テクニシャンのお客さんのプライドはボロボロです。
お客さんの身体だけでなく、心やプライドを満足させるのも風俗嬢の仕事のうちです。

仕込みはこっそりと

潤滑ゼリーにそれほど抵抗感のないお客さんであっても目の前で仕込まれてしまっては興ざめです。
こっそりと仕込むようにしましょう。
潤滑ゼリーは仕込んで10分程で体温によって溶けてきます。
お風呂を溜めている間やお客さんを迎える直前に仕込むと良いでしょう。
ゴミもお客さんの目につくようなところに捨てないようにするのも気配りのうちです。

指摘されたら「個人差」で押し通す

ウエトラもプレペアも無味無臭が売りです。
しかし、主成分がムコ多糖なので、わずかに甘味があります。
クンニのときに違和感をお客さんに与えてしまうかもしれません。
また、ウエトラよりもテクスチャはプレペアの方がナチュラルです。

しかし、使っているのをバレるかどうかは何を使っているかと言うよりも演技力にかかっています。
なんだか甘い気がする、粘っている気がするとお客さんに言われても、個人差、気持ちがいいからなどと答えるようにしましょう。
潤滑ゼリーだと種明かしをする必要はありません。
お客さんはうすうす分かっていても、自分が信じたいほうを信じます。
その方がお互い楽しい時間を過ごすことができるでしょう。

ウエトラやプレペアで安心して仕事を

水風俗嬢にとってアソコの潤いはとても大切です。
乾いていると、痛みを感じやすくなりますし、お客さんからも不評を買ってしまいます。
潤滑ゼリーで膣内を保護しましょう。
風俗嬢に人気が高いのが韓国産のウエトラと日本産のプレペアです。
ウエトラは良くも悪くも粘性が高いです。
また、購入するお店を選ばないと、粗悪品が混入していることもあります。
さらに、洗い流しにくいので、カンジダになりやすくなってしまうという場合もあります。

プレペアは粘性が低く、よりナチュラルなうるおいを演出してくれます。
日本産なので、日本人の体質にも合いやすいです。
どれを使うにしろ、お客さんには極力悟らせないようにしましょう。
お客さんに夢を見せるのが風俗嬢の役目です。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました