風俗で働いているんですが、最近不正出血に悩まされています…

風俗全般
WolfBlur / Pixabay

風俗で働いていたら、性病などの性器疾患はよくある話です。
性器からの不正出血は、性器疾患など様々な症状のサインでもあります。
身体が不調を訴えているので、簡単に無視はできません。
今回は、風俗で働かれている方の不正出血についてお話します。

不正出血の原因は?

性器からの不正出血の原因は様々です。
よく原因でとして診察されるのは

  1. ストレス
  2. 性感染症
  3. 外的裂傷

この3つの原因です。

最も多いのはストレスによる不正出血。
風俗という仕事はストレスと切っても切り離せない仕事です。
お客さんにサービスをするという仕事ですが、サービス内容がほかの業種とはけた違いです。
性器に触れなければならない。そして射精させなければならない。
さらに相手の年齢や容姿を問わず、お客さんとして来る男性とかなり近い距離で接客しなければならないのです。
これがストレスが溜まらないわけがありません。

さらに、サービス内容以外にも、お客さんとの交流や、愛想の良い様子を振りまくには
それ相応の“我慢”が必要となります。
高い収入を得るためには、これらの業務のストレスに耐えなければならないのです。
しかし、女性のホルモンバランスというのはこの“ストレス”が大敵です。
与えられるストレスによっては、生理周期を狂わせ、不正出血を伴うことがあります。
もし不正出血が疑われる場合は、まずは心と体を休めることが大切でしょう。

コンドーム次に疑われるのが、性感染症による不正出血です。
性感染症にも様々ありますが、不正出血を伴う性感染症としてクラミジアがあげられます。
クラミジアは男性が感染しても、痛みを伴わないことが多く、一般的には見分けがつかないのです。

感染後の特徴としては、

  • おりものが多い。
  • 性行為の際に膣が痛い
  • 不正出血を伴う

といった特徴があります。

これらの特徴に当てはまればクラミジアの可能性があります。
しかしクラミジアは発見が早ければ抗生物質ですぐに完治するので、早期の治療が効果的です。
さらにクラミジアと並んで多いとされる性感染症はカンジダです。
カンジダはカンジダ菌といったカビの一種が世紀に感染することによって発症します。
かゆみを伴うほか、血が混じったおりものが出てくるのが特徴です。
こちらも発見後すぐに病院で治療すれば、深刻な感染症ではないので、早期の診断が肝心です。

そして、最後に不正出血が疑われる原因としては、膣内の外傷があげられます。
爪の長い男性や、指先の皮がめくれている男性などが、強い力で膣内を刺激すれば、
当然膣内に傷がつきます。
このような場合にも不正出血が続きます。
膣内の傷は、肌の外傷に比べ、治癒が遅い傾向にあるため、少し長引きます。
膣内の外傷の場合は、上記性病と違い、ズキズキと痛む感覚があるなど、
本人の自覚を伴う場合が多いようです。

不正出血が疑われる原因として、以上の3つの原因があげられます。
しかしこれはあくまで風俗勤務が原因とみられる原因で、女性の生活全体をみれば
不正出血の原因はまだまだたくさんあげられます。
とにかく心当たりを見つけ、放置しないことが重要です。

不正出血が多い…どうすればいい?

病院不正出血が発見された場合、とにかく放置せずに病院に向かうことです。
治療が簡易な感染症でも、長く放置すると、重大な症状となる場合もあります。
例えば、クラミジアは、男性の50%、女性の80%が感染後、無症状ですが、不正出血を伴う症状が現れていれば、症状は確実に進行しています。
膣内に繁殖したクラミジア菌は、子宮頸管内を通り、炎症を起こします。

さらに卵管内に繁殖、骨盤内に繁殖、さらにそこから体の至る臓器に繁殖します。
卵管内に繁殖し、炎症が起こってしまうと、不妊症の大きな原因となります。
クラミジアを撃退した後にも、不妊症状が治るかといえば、そうではありません。
難治性の不妊症が継続するのです。
このように、治療が比較的容易と考えられているクラミジアですら治療が遅れれば、
深刻な症状をもたらすのです。
ここからわかるように、早期の受診がとても大切です。
風俗勤務であれば、社員等に確認すれば、風俗で勤務する女性に強い病院を教えてくれるはずですので、疑いのある場合はすぐに病院に向かいましょう。

不正出血が治った!次にならないようにするには?

不正出血になると、女性はとても不安な気持ちになります。
月経に不順が生じればイライラしますし、身体の健康上、精神的な健康上とてもよくありません。
ですので、不正出血にならないように、予防することが大切です。

不正出血の予防としては以下の項目があげられます。

  1. プレイ中の予防
  2. 定期的に病院で検査する
  3. 年に一度大規模な健康診断を行う

これらの3つが効果的な予防策でしょう。
1.のプレイ中の予防で最も効果的なのは、性感染症の感染ルートをよく知っておくことです。

感染ルートは基本的に粘膜です。
男性であれば、ペニスの先端・精液(先走り汁を含む)・体液(血液)・傷口の粘膜などから感染します。
これらの部分が女性の粘膜に触れたときに感染します。
本番行為を行わないのであれば、感染ルートはかなり減らせます。
感染の主な原因となる行為が、フェラ、手マン、アナルへの刺激、素股、クンニとなります。

特に素股とアナルへの行為は、不正出血の原因となる感染症の感染ルートとなりやすいので注意すべきです。
洗体している際に、ペニスに痛みを感じている男性は、ペニスに傷がついている可能性が高いので、感染の可能性も高まります。
素股をする際には、コンドームを使用するなどの対策が効果的です。

コンドーム本番行為を行う場合は、コンドームが必須です。
一部高級店などでは、ノンスキンを売りにしている店舗もありますが、
風俗で働く場合はできるだけ避けたいところです。
重篤な感染症に陥る可能性も多いにあるため、やはりコンドームの使用は必須でしょう。

2.の定期的な検査も効果的です。
不正出血の原因となる行為の目安がつけやすくなるため、
できれば月に一回検査を受けたいものです。
上述したように、風俗勤務の女性に強い病院が必ずあるので、そちらで受診されるとよいでしょう。
女性特有の病気などは、発見の早さで、妊娠の不可などにかかわります。
ですので、自分の将来設計のためにも定期的に検査し、風俗を辞めたあとに不安が残らないようにすることが大切です。

3.の大規模な検診では、身体の至る箇所の不調がわかります。
不正出血の原因が、風俗勤務と関わりがあるのか、ないのかをはっきりさせるためにもとても効果的です。
安心して風俗で働くためにも、ぜひともオススメします。

まとめ

風俗勤務の女性が、不正出血に悩むということはよくあることです。
しかし、感染症の場合は悩んでいる間に症状が進行してしまうため、早急な受診を心がけておきましょう。
ストレスによる不正出血の場合もストレスの原因を解明し、ストレス緩和に向かうことが大切です。
風俗勤務というのは、高額の収入と相応に、かなりの激務でもあります。
精神や身体を削りながら働いているといっても過言ではありません。
しかし身体を壊してしまっては元も子もありません。
対策や治療を適切に行い、安定して働ける環境づくり、そして引退後も安定した生活を送れるように、計画的に働くことを心がけておきましょう。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました