みんなはどんなキッカケでで風俗で働くことを決意した?

どんなことであっても、キッカケはあります。
付き合いはじめたキッカケ、人を嫌いになったキッカケ、何かが食べれなくなったキッカケ……などなど。
しかし、風俗をはじめたキッカケというのはあまり触れたいものではありません。
聞くことも憚られますし、あまり人に話そうという人も多くないと思います。
しかし、興味のある人は多いのではないでしょうか。

そこで、ここでは風俗嬢が風俗をはじめたキッカケについて紹介していきたいと思います。
人それぞれ理由はあると思いますが、一般的になぜ風俗に行くのか、ということが気になるという人は、是非見てみてくださいね。

風俗をはじめたキッカケはどんなものがあるの?

風俗をはじめた理由のほとんどは、お金です。
何のためのお金に使うのかは人それぞれですが、とにかくお金が欲しくて風俗をはじめた、という人が大半になっています。
では、お金が必要になったきっかけはというと、そこには人それぞれ雑多な事情があるようです。
その一例を、以下に並べていこうと思います。

借金が返せなくなった

借金消費者金融への借金、家族への借金など、借金の借り入れ先は人それぞれですが、どうしても返せなくなってしまい、風俗へ、というのがよくある理由でした。
女性が稼ぐとなればやはり風俗が真っ先に思い浮かびますし、それこそ利息つきの借金であれば短い間に返さなければいけません。

そのため、短期間にたくさん稼ぐことのできる風俗で働くようになったというわけです。
借金をした理由もたくさんあるようですが、ギャンブルやホストで浪費してしまった場合から、学費のためなどがよくある理由だと思います。

生活が苦しくなった

普通の暮らしをする分には普通の仕事でいいのかもしれませんが、子どもを育てるとなるとそうもいきません。
シングルマザーと呼ばれる人たちは、よく風俗を利用するようです。
他にも、学費やアパート代を稼ぐためにアルバイト感覚で風俗に行ったりする人もいます。

場合によっては昼の仕事では稼ぎが足りず、足りない分の補填をするために風俗で働くというお母さんもいるようです。
男女共同参画社会が国の政策として掲げられて久しいですが、女性一人で子どもを育てるためにはまだまだ収入が足りてないというのが現状のようですね。

貯金をしたくなった

年金制度の破綻が疑われている今、老後の心配をする方が増えているようです。
将来のお金は自分で貯めるしかないということで、風俗に勤務して稼いでいるのだとか。
貯金は昼の職業でもすることが出来ますが、風俗と比べると時間当たりの効率は悪めです。
しかし風俗の仕事は、昼の職業とは違い、いつまでも出来るわけではありません。
40代ならばまだ雇ってくれるお店はあるかもしれませんが、それ以上となると雇われるお店は限られてきますし、稼ぎも昼間の職業とほとんど変わりません。

そういった将来を見据えて、昼職に手をつけながら夜の仕事の分はしっかりと貯蓄していく、という方が多いようですね。

自由に使えるお金が欲しくなった

お金特に大学生等の、若めの風俗嬢に多いキッカケでした。
高時給アルバイトという感覚で風俗に通うパターンですね。
「性」という概念への抵抗が薄くなりつつある現代、20代の女性の5%は風俗を経験したことがあるというデータもあります。
そのほとんどが、とりあえず自由に使えるお金が欲しかった、という理由です。

お小遣いとして数万円あれば、学生にとってはかなりの大金ですから、理由としては妥当かもしれません。
通常のアルバイトで数万円を稼ごうとなるとかなり長い間勤務することになりますし、覚えることも多くなります。

そのため、時間あたりの効率がよい風俗に行き着くというわけですね。
来週飲み会なのに数千円足りない……なんてときに、即日で雇ってくれる風俗に応募、そのまま働き始めた、なんて人もいるくらいですから、現代女性の風俗への抵抗感はかなり薄くなっているといえるでしょう。
昨今では風俗嬢の増加が指摘されていますが、抵抗感が薄くなっていることもその理由のひとつとして挙げられるのかもしれませんね。

お金以外のキッカケは?

ほとんどはお金のため、というものでしたが、それ以外にもいくつか理由がありました。

自由に使える時間が欲しかった

時間普通に働いて10万円を稼ごうとすると大変です。
時給1000円のアルバイトに行くとしても、月100時間働かなければなりません。
1日5時間で済ますとすると、週に5日は働かなければならないのです。
1日8時間であっても13日は拘束されますし、そうなると仕事のある日は遊ぶ時間なんてとてもありません。
しかし、風俗であれば1日1万円はほぼ確実に貰えます。
同じく1日8時間出るのであれば2万円以上は貰えますから、月10万円稼ぐのに、たったの5日仕事に行けばいいのです。

そういう計算をして、趣味や夢のために勉強の時間が欲しくて、風俗で働くもいるようです。
時間あたりの単価は、一般人がつける仕事としては最高ですから、そう考えると当たり前かもしれませんね。

ちょっとした経験に、と思って

珍しいパターンですが、風俗という業界に興味がある女性もいるようです。
人生経験の一環として風俗に勤めてみた、というパターンですね。
確かに関わろうと思わなければ風俗業界に関わることは一生ないでしょうし、そういう意味ではここでしか出来ない体験が出来る場所でもあります。
結果、思ったより稼げて長時間勤務するという女性もいるようですが、ある意味では人生を豊かにする体験が出来たのかもしれませんね。

彼氏に嫌われたくなくて

このパターンでは、彼氏がそもそも風俗のスカウトマンであることがほとんどです。
最初から風俗に入れるために近づき、誘惑するという人もいるようです。
他にも、お金をせびる彼氏に応えるため、というパターンもあります。
しかし、そういった男性は基本的にホストを兼任していたり、そもそもお金をたかることが目的だったりします。
もし貢いでしまっているのなら、一度考え直したほうがいいかもしれませんね。

興味本位で行ってみた

社会経験のために、というキッカケと似てはいますが、純粋に性への興味があったという人も少なからずいるようです。
特に高校を卒業した頃や、女子高を卒業した女性などは性への関心が最大限に高まっている時なので、仕方のないことではあります。
ただ、こうしたキッカケで働きはじめた女性は基本的に風俗の仕事の厳しさに驚き、ほとんど続かないことが多いようです。

その他の理由 風俗嬢が風俗で働くキッカケのまとめ

風俗で働くようになった理由はそれこそ他にもたくさんあります。
例えば親への反抗心が行き過ぎたところまで行ったという理由や、自棄になった、という動機です。
いずれもキッカケとしては、それほど人に触れられたいものではないようですね。
なお、風俗で実際に働いている女の子は、客に「どうしてこの仕事を?」と聞かれると、大抵の場合は「誰かに背負わされた借金のため」だとか、「家族のため」といった理由を答えるようです。

もちろん、つきたくてついた嘘ではなく、そう話さないと、ふしだらな女性だという視線を向けられてしまうので、嘘をつかざるをえないという背景があります。
お客さんからしたら、自分の払ったお金がホストや宝石といったものに消えていくのは、あまりいい気はしないでしょうから、そう答えるのが無難なのでしょう。

総じて、風俗をはじめたキッカケというのはあまり触れられたいものではないようですし、客の側にしろ、女性の間にしろ、聞かないほうがいいのかもしれませんね。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました