風俗の面接に初めて挑む人が気をつけておきたいポイント

風俗全般
coffeebeanworks / Pixabay

初めての風俗の面接では、しっかりと採用されるための準備をしておくことが重要です。
もちろん緊張もしますが、冷静に待遇や接客内容なども見極めて、お店側に自分の覚悟も伝えましょう。
風俗店の面接は他の職業の面接よりもカンタンだろうとタカをくくっている女性も多いようですが、意外と厳しい面もあります。
初めて面接に行く場合に気をつけておきたいポイントを紹介しますので、準備不足で不採用とならないように注意しましょう。

風俗の面接って厳しいの?

風俗の面接では、いろいろな点を見られます。短時間の面接の中で女の子の適性ややる気を見るのはどんな会社の採用面接でも同じです。
また、風俗だからこそ注意深く見られるところもあるため、甘く見ていると不採用の憂き目を見ることになるかも知れません

お店に応じた最低限の容姿レベルが必要

セクシー 女性風俗店は、魅力的な女性に癒されたい、恋人気分でいちゃいちゃしたいという男性が来るお店です。
そのため、どうしても風俗嬢にはそれなりの見た目が求められます。
高級店以上のお店ではもちろん、身長やボディライン、顔なども見られ、厳しく評価されますが、それ以下のお店でもその店のレベルに合った容姿が必要となります。
最低でも「キレイに見せたい」という努力は重要です。

お店のコンセプトに合わないと不採用

風俗のお店では、それぞれにコンセプトがあり、店のカラーがあります。
そのコンセプトとはあまりにもかけ離れている場合には、美人でもスタイルが良くても不採用となることがあります。
スレンダーが売りのお店ではぽっちゃりさんはNG、人妻をコンセプトにしているお店ではギャルっぽい子はNGなどです。
また、いくら容姿端麗であっても、ぽっちゃり専門のお店では受けません。
面接に行く前、店ごとのコンセプトから自分に合う店を選ぶことも必要なのです。

接客態度を面接の態度でチェックされる

風俗店もキャバクラやスナック、もしくはカフェやレストランなどと同じく接客業です。
お客様を相手にして二人きりの空間で過ごすサービスも多いので、それ以上に接客態度を求められるかも知れません。
面接では、そういった接客態度を見るために面接担当者との会話や態度をチェックされています。
面接中に足を組んだり、携帯を見たり、タバコを吸ったりするような人は不採用となるでしょう。
人との接し方の基本ができない人がNGなのはどこの世界でも同じです。

風俗の面接で気をつけたいポイント

チェックリスト風俗の面接も普通の会社と同じように担当者によって審査されるためにあります。
一般の会社のような「志望動機」に夢や希望は要りませんが、やはりやる気は必要です。
また、こちらの希望もきちんと伝えることも大切ですが、ある程度は常識と礼儀を守った伝え方を選びましょう。

身だしなみを整えて

風俗の面接を初めて受ける場合には、服装や化粧などで悩むこともありますが、基本的には普通の格好であれば問題ありません。
ただし、清潔感のない衣類や全くのすっぴん、ボサボサのヘアでは、お客様に不快感を与える恐れがあるとみなされて不採用のリスクが上がります。
特にスーツを着る必要も、華美である必要もありませんが、身だしなみは整えて行きましょう。
素人がコンセプトのお店では、少し大人しい方が好感触です。
ギャルっぽすぎたり、風俗嬢っぽいケバケバしさは反対に敬遠されます。

時間厳守は当然

どんな会社でも同じですが、仕事をする上で常識となる時間厳守は面接の段階から守る必要があります。
面接で遅刻をする人は実際の勤務態度も悪いだろうと思われてしまい、不採用となるでしょう。
風俗では女の子の人数をそろえるためにシフトを組んでいます。
そのため、余計に時間にルーズでシフトに穴をあけられるようなことは困るのです。

敬語にも注意を

接客の基本として、敬語が使えることは必須です。
面接では態度の良し悪しだけでなく、言葉遣いにも注意をしましょう。
秘書検定のような難しい敬語ができなくても、せめて「です・ます」調で話すことができれば問題ありません。

明るくハキハキと受け答えを

吹き出し風俗で働こうという場合には、悲壮な覚悟を決めてきたり、嫌々ながらも働こうという人もいるでしょう。
しかし、面接中にそういった気持ちを全面に出してはいけません。
内心はともかく、表面はあくまでも「一緒に働きたい」と思ってもらえる、またはお客様に好感を持ってもらえるような、明るい態度で臨むことが必要です。

会話の受け答えはできるだけハキハキと、明るく行います。
初めての面接では緊張も不安もありますが、怖がってばかりではなく前向きに対応することも必要です。

希望は伝えても良いが金の話ばかりはNG

風俗の中でもハードなサービスを行うようなお店では特に、その店で行われているオプションサービスの中で出来ないことがあるかも知れません。
初めての風俗でハードなお店を目指す場合には、きちんと自分のできるサービスとできないサービスを伝えておきましょう。
入店してから必要なサービスが行えないのでは、お店にも迷惑ですし、自分も続けられなくなってしまいます。

また、風俗店で働く場合には「いくらくらい稼ぎたい」という希望もしっかりと伝えましょう。
普通の会社ではあまりないことですが、風俗ではお金だけが目的という人も多く、お店でもそのことは認識しています。
そのため、お金の希望も伝えて良いのです。ただし、面接が始まったばかりのうちから、指名バックがいくらか、給料保証はあるか、など自分に都合の良い待遇面ばかりを聞きまくってはいけません。

風俗店の面接のウワサは本当?

風俗店の面接には、いろいろと怖いウワサがつきものです。
初めて風俗の面接を受けようとしている人にとってはそのウワサがハードルとなり、なかなか勇気が出ないこともあります。
そんなまことしやかに囁かれているウワサについての真偽を見極めておきましょう。

店長は怖い人が多いって本当?

風俗店のウワサで多いのが、店長やスタッフがヤ○ザであるとか、入店を決めるまで帰してもらえないという話です。
中にはそういった悪質なお店もあるかも知れませんが、きちんと営業しているお店ではそんな怖い店長さんはいません。
むしろ、普通の会社の採用担当者や営業マンのように明るく優しい人やクールでシステマティックな人の方が多くなります。

面接で脱がされるって本当?

セクシー 女性面接でいきなり下着にされる、裸になるように言われるという話も良く耳にするウワサです。
これに関しては、嘘とも本当ともいえません。
場合によっては下着くらいにはなることもあります。
これは、刺青や妊娠線、大きな傷跡などがないかをチェックするために行われます。
とはいえ、初めての面接でいきなり脱がされることはなく、採用が決まり、女の子も入店希望の場合にのみ行われる程度です。
もちろん、無理やり脱がされることはありません。

講習で本番があるって本当?

風俗の多くの店では講習を行いますが、実際のサービスを男性スタッフに対して行うことは減っており、もちろん本番講習もありません。
今主流となっている講習スタイルはDVDを見たり女性スタッフから手ほどきを受けるタイプになっており、男性スタッフ相手の講習でも女性の体に手を触れることはありません。
ただし、一部の店ではそのようなウワサがあるため、お店選びは慎重に行う必要があります。

まとめ

初めての風俗の面接は、不安ですし、緊張もするでしょう。
風俗店で行われている面接は厳しい面もありますが、特別に難しいことはありません。
基本的には常識の範囲内で人間関係を築ける人や人並みの容姿を持っていれば採用されるチャンスはあるので、ポイントを守って誠実な態度で臨みましょう。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました