風俗嬢の喘ぎ声や感じているのはすべて演技です。かなり疲れます

風俗全般
5531010 / Pixabay

風俗嬢の喘ぎ声や感じているような行動の多くは演技テクニックです。
男性であるお客さんたちは、AVなどで女性の喘ぎもだえなどを「感じている」と認識しているため、風俗嬢もそれに答えます。
風俗嬢にとって性的行為やサービスは仕事なので、本当に気持ちよくなくても必要なこととなります。
疲れますが、それが収入アップのステップとなるのです。

風俗嬢って本当に感じることあるの?

質問風俗嬢の性的なサービスは、女性から男性客へ向けてのものが多くなります。
しかし、男性客としても、若くてキレイな女性の体を目の前にすれば触れてみたいと思うものです。
そのため、多くの風俗店では男性がバストやアソコなどに触れることが出来ます。
風俗嬢であれ女性の感じる部分に触れるため、その反応が気になるようです。
そこで、風俗嬢の方も反応を返すことになります。

演技テクニックのなせるワザ

風俗嬢が声を上げたり喘ぐのは、多くの場合が演技テクニックです。
ヘルスやピンサロ、ソープなどの嬢の仕事内容は主に「抜くこと」ですが、雰囲気作りの一環として喘いだり、体をくねらせたり、時には叫んだりします。
そういった行動を見ることで、男性客も「感じている」と思って興奮するのです。
ごく自然なやり方で喘ぎ声を上げたり、感じる演技をするため、男性の中には本当に感じさせることができたと思っている人も少なくありません。

極々たまに上手いお客さんはいる

風俗嬢が喘ぐのは、ほとんど全て演技テクニックと考えて良いのですが、場合によっては本当に感じることもあるようです。
ただし、そんなに上手な男性客は少ないものですし、一般的に女性の身体は好きでもない男性と性的な行為をしても感じることが難しくなっています。
一部のエッチが好きな風俗嬢が、極々一部の上級テクニックを持つ男性客に出会った場合のみ、演技ではない喘ぎが聞けるかも知れません。
男性客も、風俗をこれから始める女性も、基本的にはあまり期待はしない方が良いでしょう。

日によってコンディションは違う

カレンダー女性の感じる、感じないは、その日のコンディションによっても違いがあります。
女性には生理周期によるホルモンバランスや精神状態などによって、体調や性的な感度に大きな差が生まれます。
そのため、普段は感じにくい人でも時には感じることもあるかも知れませんし、逆も起こります。
(もちろん、その差は演技テクニックによって埋められます)

仕事で演技を駆使する風俗嬢たち

風俗嬢なら誰であっても、多少の演技テクニックは持っているものです。
普通の女性でさえも、恋人の前では演技をするくらいですから、それをプロとしてやっている風俗嬢の演技テクニックは素晴らしくなければいけません。
これもひとえに「収入アップ」のためですので、演技に自信のない人は今後技を磨くことが必要です。

感じる演技はバリエーションを

風俗嬢の感じる演技テクニックを疑う男性は多いため、風俗嬢側も熟練の演技力が求められます。
特に経験値の高い男性のお客さんを相手にする際には慎重に演技の度合いを選ぶ必要があります。

ただ声を張り上げていればよいというのではなく、吐息から喘ぎ声、体を震わせる、ビクッとするなどのバリエーションを組み合わせます。
徐々に感じる演技を激しくしていき、真実と思わせることが大切です。

慣れていない男性にはAVの真似を少々

風俗嬢の演技テクニックのお手本は、基本的にはAVではありません。
AVの演技方法は、現実にやってしまうとあまりにもわざとらしく、経験豊富な男性の目には馬鹿馬鹿しく映る可能性があります。
しかし、一部の男性にとってはAVのような反応も喜ばれ、安心してプレイを楽しむ下地となるのです。
経験の少ない男性にとっては、AVの世界が性的な知識を得る場となることが多く、それ以外の反応をされると「感じていない」と自信を失うこともあります。
そのため、あえて「わざとらしい」AVの演技を真似て、安心させてあげるのです。

お店の中では音量も調節

ボリューム店舗型風俗店の場合には、お店の女の子同士や他のお客さんへの気遣いも必要です。
中には大きな声で喘ぐ嬢や叫んでいるとしか思えないような嬢もいますが、店舗型の風俗ではそれがうるさくて、他のプレイを邪魔することになります。
お客さんの気が散れば、サービスも進みませんし、集中できず満足感を得て帰れません。
そのため、店舗型風俗店の場合にはお互いに邪魔し合わないように声の音量を調節することも大切です。

演技テクニックで収入アップも働きやすさも

風俗嬢の演技テクニックは、上達すればいろいろなメリットとなります。
もちろん、「自然に」やっていると思わせる必要があるため、大っぴらに宣伝しにくくなりますが、1度ついたお客さんを離さずに指名客としてつなぐことも可能です。
また反対に、嫌な客から離れることもできます。

感じる演技が上手いと熟練の中高年に人気

感じる演技テクニックが上手い風俗嬢は、経験値の高い中高年のお客さんに喜ばれます。
「あんあん」一辺倒の素人っぽい女の子よりも、いろいろな変化をつけて感じてくれる女の子の方がプレイを主体的に楽しめるのでしょう。
中高年の男性は、お金も持っていますし、多くの場合が既婚者なので、遊びと割り切ってストーカー化するリスクも低くなります。
こうした稼ぎやすくて働きやすい客層をゲットすることができれば、収入の安定につながるでしょう。

感じる演技を調節してお客さんを選ぶ

感じる演技テクニックは、お客さんを満足させるというプラスの面だけでなく、マイナス面でも使い道があります。
つまり、後々面倒くさそうなお客さんを二度と指名しないように仕向けることも出来るということです。
風俗嬢は基本的に、あまりえり好みはしない方が良いですが、強い力でデリケートな部分を弄ってきたり、噛み癖や本番を強要するなどの迷惑行為があった場合にはしかたありません。
店に言って断っても良いですが、不感症のフリをしておけば、穏便にフェイドアウトできます。

感じる演技で素人童貞を操る

恋愛感じる演技テクニックを駆使することで、何も分からない素人童貞を手なずけることもできます。
経験値が低く、女性との接点はプロの女性ばかりという男性にとっては、自分の愛撫で「打てば響くような」感じ方をしてくれる女性は女神です。
風俗デビューしたばかりといったお客さんは、感じる演技を調節することで安心してプレイを楽しませて、常連にしてしまいましょう。

経験のなさは愛撫テクニックの低さにつながりますが、自分でもそれを自覚している場合には好都合です。
自分が楽そうな愛撫の仕方を覚えさせることも可能となります。
都合の良い愛撫をしたら強めに感じてみせ、それ以外には反応せずにいれば、そのうち嬢の思うがままに行動してくれるようになるでしょう。

まとめ

風俗嬢は性的サービスを仕事でやっているため、ほとんど本気で感じることはありません。
多くの場合には演技テクニックによって喘ぐ、もだえるなどをわざとやっています。
感じていないのに演技するのは疲れますが、これを上手に使いこなせると収入や仕事のしやすさに生かすことも可能です。
お客さんに楽しんでもらうためにも必要ですが、風俗嬢が良いお客さんを指名客にして、稼ぎやすい環境を作るためにも演技は大切になります。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました