風俗嬢のマスク着用率が高い理由って?顔バレ対策ですか?

風俗嬢をしている女性って、なんとなくマスク着用率が高いイメージがありませんか?
実際にマスクを着用している風俗嬢は多く、それには意外ときちんとした理由があります。
誰から始めたわけでも、風俗店に着用するルールがあるわけでもありませんが、マスクは便利なアイテムとして重宝されています。
最近では、マスクをファッションとして身に着ける人も増えており、これからもマスクを着用する傾向は続きそうです。
風俗嬢でなくともマスクのメリットはあるので、要チェックです。

風俗嬢のマスク着用率が多いのは顔バレ予防

風俗嬢のお仕事は、どちらかというとあまり他人には知られたくないものです。
家族や友人、そしてお客様までも、会いたくない場所でばったり出くわした時に、マスクは欺く手段となります。
風俗嬢を隠していない人でも、マスク着用で顔バレを避けることはあります。
マスクはサングラスよりも自然に顔を隠すことができるアイテムです。

お仕事に行くまでの顔バレリスク

マスクデリバリーヘルスでホテルまで向かう時や、店舗型の風俗店で店に入る時などに、顔バレのリスクは高くなります。
ホテルに入るだけであれば、顔バレしても「ああ、恋人と会うんだな」と思われる可能性もありますが、よく知っている人は一人でラブホテルに一人で入るのはデリヘル嬢だと気づきます。
そのため、シティホテルなどであればともかく、ラブホテルに行くデリヘルの場合にはマスク着用で顔を隠します。

また、ファッションヘルスやピンサロ、ソープランドなどの店舗型のお仕事の場合には、入店時に見られるだけで働いていることが分かります。
風俗店は比較的同じエリアに固まっていたり、同じビル内に同じようなお店が集まっているため、その近くを歩いているだけでも見つかりたくないものです。
お店に入店する時は、顔バレ対策としてマスク着用率が高くなります。

写真による顔バレリスク

風俗店では、インターネットの公式サイトから好みの女の子を探したり、指名嬢のブログを除いたりと言った楽しみがあります。
こうした場所で使う写真はアピールに重要ですが、顔バレリスクとなります。

写真指名では初利用の客を掴むことになるため、ネットやパネルの写真は店も嬢も大事にしています。
宣伝のためなので、基本的に顔写真を載せる必要はあります。
しかし、その際に顔の一部を隠しておくと魅力は伝えつつ、少しだけばれにくくなります。
マスクで顔の下半分を隠して、修正や加工をしてもらえば、よほど親しい人以外は本人であると特定はできなくなるでしょう。

お客さんと歩く時の顔バレリスク

ホテヘルの場合には、店によっては店からお客さんと一緒にホテルに向かうこともあります。
これは、お客さんにデート気分を与えることができる方法ですが、風俗嬢側としては顔バレリスクとなります。
あまりにも年齢の離れた相手と歩いたり、いつも違う男性と歩いたりしていることを隠したい時にもマスクが必要です。
自宅から店やお仕事中に過ごすエリアが近いと、街中で偶然ばったりと知り合いに出会う可能性もあります。
そんな時にマスクをしていれば、見つかりにくくなります。

顔バレでストーカー被害の恐れも

強盗風俗嬢は、お仕事で数多くの男性客と出会い、恋人同士で行うようなことをします。
いろいろな男性がいる中で注意したいのは、風俗嬢としてはお仕事の一環に過ぎないような行為や会話を勘違いするタイプです。
恋人のように過ごしたことで本気で恋をしたり、執着することもあり、そんな人が偶然にもプライベートな風俗嬢を街中などで見かけるとストーカーになる恐れもあるのです。

風俗嬢としてもプライベートでお客さんに声をかけられるのは面倒ですし、粘着質な場合には追跡されたり自宅を見つけられたりすることもあります。
そのため、プライベートでも客からの顔バレを防ぐためにマスク着用している風俗嬢も多いのです。

風俗嬢のマスク着用はいろいろと便利

風俗嬢のマスク着用には、顔バレ以外にもいろいろな理由があり、マスク着用率の上がるシチュエーションもさまざまです。
風俗嬢だからこそ!というものもありますが、一般女性でも便利な使い方もあります。

ノドを乾燥から守って健康管理

健康乾燥の季節やインフルエンザ流行の時期などには、誰でも健康に気をつけるようになります。
中でも特に風俗嬢は、お客さんとの接触が多くなり、風邪やインフルエンザなどの感染のリスクが高くなるものです。
また、反対にお客さんも、風邪を引いている風俗嬢には接客してもらいたくないでしょうし、お客さんに感染させたら店の評判もがた落ちとなります。

そのため、冬の乾燥やウイルス、細菌のリスクを避けるためのマスクの利用は重要です。
マスク本来の使い方となり、当たり前のことですが、健康に気をつけている風俗嬢は多く、冬や病気の流行時期にはマスク着用率が上がります。

化粧が面倒な時に隠す

顔バレ同様に、マスク本来の使い道とは違いますが、すっぴん隠しにマスクを使うこともあります。
風俗嬢はいつもキレイにメイクアップをしていて、スキのないイメージですが、意外と入店の時にはすっぴんの場合もあるものです。
すっぴんで店に入って、店内でメイクをしてお仕事に入ります。
マスクだけであれば口元のメイクなしを隠せますし、さらに目元も手を抜きたい場合にはサングラスなどを利用することもあります。
デートとは違い、お仕事でするメイクは別に大して楽しくないため、こうしたところで手を抜いているのです。

想像力で集客アップ

ネットの写真指名のために、うまくマスクを利用する風俗嬢もいます。
このケースでは目的は顔バレ防止ではなく、自分をよく見せるための前向きなマスク着用です。
マスクで顔の下半分を隠すことで、口元はどうなっているのだろうとお客さんに想像させて指名を目指す方法となります。
また、口元の写真うつりに自信がないという人にも便利な方法です。
アイメイクで目を際立たせることで、目のキレイさや大きさなどを強調するとなお美しく写ります。

マスクをしていて不便なことは?

質問マスクをすることで顔バレを防いだり、自分の見せたくない部分を隠したりといったメリットが得られます。
しかし、反対にマスクをしすぎていることでデメリットが起こる可能性もあります。
毎日のようにマスクを着用している人は要注意です。

マスク依存になることも

マスクをつけていることに慣れすぎて、マスク依存になることはマスクのリスクの1つです。
マスクをしていないと顔周りが心もとなく感じたり、不安になるのがマスク依存です。
マスクを目的を持って着用している場合でも、あまり必要のない時には外すようにして、一日の着用率を下げることも必要となるでしょう。

ニオイには注意

マスクをしていると、口腔内のニオイやマスクのニオイが気になります。
マスクをしている内側は適度に湿気があって、保湿にもなりますが、反対に蒸れたり雑菌が繁殖しやすくなることもあります。
お仕事でお客さんに会う前にマスクをしている人は、ニオイチェックをしてから会ったり、マスクは外してバッグに入れておく配慮が必要です。

まとめ

風俗嬢に限らずマスクは便利ですし、ファッションアイテムとしても認められています。
そのため顔バレ防止のために使っていても比較的自然です。
利便性や健康管理のために風俗嬢のマスク着用率は必然的に高くなります。
ただし、使いすぎには注意をして、マスクと上手にお付き合いをすることも大切です。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました