風俗で働く理由が大学の学費って子が多いけど進学する価値ある?

風俗全般
kathyng7210 / Pixabay

風俗で学費を稼いで大学進学しようという人がいます。
おうちにお金がなくて、大学に行きたくても学費が払えないというケースや親兄弟がいないため学費を出してもらうあてがないなどのケースは、現代の日本でも起こりえる事態です。
そんな時に、女性であれば自分の身体がお金になります。
風俗なら、一般的なバイトと比較して高額な収入も見込めるでしょう。
でもそこまでして大学進学する意味はあるの?進学のために風俗で働くかどうか迷う・・・と言う人に読んでもらいたい記事です。

大学進学のために風俗で働く人は意外と多い

大学進学のために風俗で働く若い女性は増えています。
近年の景気や大学の必要性に加え女性だからこその高収入によって、風俗で働きながら大学に通うという選択肢は現実的なものとなっています。

不景気で親の収入が当てにならない

お金不景気のために、親の収入が減ってしまったり、リストラにあって親が失業してしまったというおうちも多くなっています。
ましてや、子供が大学進学をする頃というのは、親の年齢も高くなっていて、退職や失業のリスクも高くなり、再就職も難しくなってくるものです。
そのため、親の収入を当てにして大学進学することが難しいことも多くなります。

高学歴は諦められないけど学費が高い

大学の学費は、昔に比べるとかなり高くなっています。
私学はもちろん、国公立でも年間100万円以上がかかるのが当たり前です。
ましてや、医学部や医大などの学費にいたっては一般家庭の収入では支払えないほどとなります。

資格や学歴は将来の就職に重要な意味を持ちますが、学費がハードルとなって進学が難しいことも多いのです。
そんな時に風俗ならば学費の捻出を目指しやすくなります。

若い年齢だからこその価値を生かせる

風俗は、若い女性の価値が高く評価されるお仕事です。
場合によっては何歳でも働けるお店や年齢層が高めのお店もありますが、若い女性であるというだけで門戸は広くなるのが現実です。
大学生という境遇も一部のお店ではステータスにすることができ、稼ぎやすくなります。

大学進学のために風俗で働くことの意味とメリットは?

大学進学のために風俗で働くことには意外とメリットが多く、大学生だからこそ意味がある選択肢でもあります。
大学に通いながら風俗で働くことで、キャンパスライフを楽しみ、学業に集中できる環境が得られます。

他のバイトよりも高いお給料

お金風俗は、カフェや居酒屋などのバイトに比べて、時給も高く高収入が可能です。
高い大学の費用を準備するためには効率が良く、まとまった額の学費を用意するにも、一人暮らしや寮の費用などを用意するにも便利です。
最近では学費だけでなく寮費も高くなり、上京して大学に通う人にとっては生活するのも大変になっています。

短時間で学費を得られて学業との両立が可能

風俗は他のバイトよりも高収入なため、長時間労働の必要がありません。
大学生活は忙しく、授業に出るだけでなく課題をこなしたり、時には遊びの誘いやゼミの合宿などもあるでしょう。
そういった大学でできる貴重な体験を余すとこなく得るためには、短時間で高収入を得られる風俗が役に立ちます。
学費の捻出に追われて学業やキャンパスライフがおろそかにならないためには、両立できる手段が必要です。

大学進学のために風俗で働くリスクとデメリットは?

大学進学のために風俗で働くことには、良いことばかりではなくリスクやデメリットもあります。
精神的な抵抗感やストレスなどもありますが、ここでは現実的で実質的なリスクやデメリットを上げていきます。
リスクを避けられない、耐えられないという人は風俗で学費を稼ぐのは考えものです。

バレるとヘンな目で見られるかも

風俗は大学生にとってかなり珍しい職業となります。
男女限らず抵抗感をあらわにする人も多いでしょう。
そのため、自分では問題がない、仕方なくやっているという場合でも周りの人からヘンな目で見られたり、敬遠されることがあります。
学生仲間や教授などに隠して働いている人も多く、円滑な人間関係のためにバレないように気をつけなければいけません。

就職の時にバレると印象が悪い

就職バレて困るのは、就職の時も同じです。
バイト経験などを就職活動でアピールする人もいますが、風俗の場合には印象があまり良くないため話せません。
以前、有名企業での就職活動で水商売のバイトが問題になって揉めた事件がありましたが、風俗でも同様のことが起こる可能性があります。

親には言えない

風俗は他のアルバイトと違って、親にも言えないことが多くなります。
親としては娘が風俗で働くというのはかなり抵抗を感じるものです。
親に言えないため、他のバイトをしているとウソをついたり、ごまかしながら働くことが必要です。
一人暮らしであれば、ごまかしやすいかも知れませんが、同居している場合には親バレの確率も高くなります。

風俗で働く時の条件と方法は?

メリットとデメリットを知った上で風俗で働くことを決めたら、仕事を探してみましょう。
風俗の仕事は、大学生が一般的に行っているバイトとは違う探し方をする必要があります。
普通のアルバイト情報誌ではなく、ナイトワーク系や風俗専門の情報誌、情報サイトを見て探しましょう。

何歳から風俗で働ける?

風俗の仕事には年齢制限があります。
上限はお店ごとに違いますが、何歳から働けるかは法律や条例などで決められています。
18歳未満は風俗で働くことはできません。
18歳でも高校生は基本的に不可なので、大学の学費を稼ぎたい場合にも卒業してから働くことになります。

また、風俗にはいろいろなお店がありますが、ソープランドだけは条例によって地域ごとに何歳から働けるかが違っています。
有名な吉原では東京の特別な条例によって20歳以上でないと働くことはできません。
面接の時に身分証の提示が求められるため、年齢を偽って働くことも不可能です。
お店側も違法な年齢の女性を働かせるとまずいので、厳しくしています。
違法な年齢でも働けるというお店は危険なので避けましょう。

仕事を探すポイントは?

チェック風俗店の仕事を探す際には、業種、勤務のしかた、お給料の支給方法などを選ぶことが大切です。
業種としては、ファッションヘルスやオナクラ、ソープランドなどがあります。
ヘルスには店舗型から呼ばれてホテルなどに出向くデリヘル、ホテルまでお客さんと一緒に行くホテヘルなどがあります。
顔バレリスクや稼ぎやすさなどがそれぞれに違います。

店舗型やホテヘルは、モニターなどでお客さんの顔をチェックできることも多く、顔バレリスクを回避しやすくなります。
ただし、ホテヘルの場合には男性客と一緒にホテルへ移動するため、そこを誰かに目撃されるリスクはあります。
デリヘルの場合には移動時間があるため、稼ぎにくい可能性があります。

お給料は基本的に日払い出来る店が多く、基本料金のバックの他に指名料やオプションサービスなどのキックバックが入ります。
プレイのハードさによってお給料の額も変わり、ソープが最も高くなります。

セクキャバやおっぱいパブは、風俗と水商売の中間地点のようなものです。
お給料は安めですが、風俗初心者やハードな風俗店はちょっと抵抗があるという人が始めるのに向いています。

まとめ

大学進学のために風俗で働くと言う選択肢は、珍しいことではなく、大学生活との両立には向いているといえるかも知れません。
ただし、高額な収入を得ることはできますが、仕事内容も普通のバイトとは違い、大変なことも多くなります。
風俗での仕事は大学生の仲間や周りの人に理解されないことも多いため、秘密にして働くことになりそうです。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました