実家に住んでる風俗嬢は親にお金渡してる?怪しまれない金額は?

 

あなたは実家暮らしですか?
もし実家暮らしなら、家にお金を入れていますか?みんないくら入れているのか気になるところですよね。
風俗嬢の考え方は昼職の一般的な会社員と違っているのでしょうか?
今回は実家暮らしにスポットを当ててお金の事情を探ってみましょう。

家にお金を入れる?入れない?

ATM実家暮らしのあなたは家にいくら入れていますか?
以前実家暮らしだったなら、いくら入れていましたか?この「お金を入れる」という考え方には家によって差があるかもしれません。
誰もが共通して思うのはそれが「生活費」だという認識です。

「何で入れるの?」と思ってしまう人の中には「親にお小遣いを渡す」感覚がある場合もあるようです。
しかし生活費と考えるならば、実家で毎月支払っている水道光熱費や食費分、日用品などの雑費、家賃分などを全て足して、家族の人数分で割った金額が単純に一人当たりの生活費になるのではないでしょうか?

このように考えると当然「社会人なら入れるのが当たり前」という意見が圧倒的多数となります。
一人暮らしでも生活費はかかります。
同じ様に、実家でもかかった分の負担をするのは当たり前という「親と同じ社会人だ」という意識をしての意見ですね。
そしてそのような考え方を教育してきた親も「入れるのは当たり前」と考えているようで、「○万円くらい入れてね」と言われている人も多いようです。
どちらも強制的ではないので、違和感なく渡している場合が多いですね。

しかしそんな若き社会人の中には、実家暮らしで実家にお金を入れていない人もいます。
実家にお金を入れなくても良い理由とは何なのでしょう?
昼職の一般的な会社員では「収入が少ないから入れられない」という意見があります。
昼職よりもおサイフ事情が温かい風俗嬢にはあまりないパターンですね。
他には「親から何も言われないから」という意見も。
これは風俗嬢にもあり得るパターンで、お金を入れていない風俗嬢もこんな声が少なくないようです。

入れる入れないではなく、負担しているという点では「光熱費は自分が全て払う約束で入れていない」「公共料金や新聞代は自分が持っている」というもの。
家計費を明確に分担する方法もあるのですね。

これは定額を入れていなくても、自分で出費に触れることで無駄遣いしないようにしようと思えます。
これも親の教育の一環なのでしょうか?
「奨学金の返済に充てているから入れていない」という風俗嬢もいます。
この事情はけっして少なくないようです。
奨学金貧困が社会問題になっているほど、若い時からおサイフ事情が苦しい時代になっています。
風俗業界に入るきっかけにもなっている大きな理由の一つと言えそうですね。

一人暮らしの風俗嬢から見て気になるのは「実家暮らしの人は金銭感覚がルーズでは?」ということ。
実家暮らしをしている人は自分にお金をかけるので、余裕があるにも関わらず、一人暮らしと比べて貯金も少なく化粧品や服飾費ばかりだという声があります。
あながち間違ってはいないかもしれませんが、趣味や自分磨きにお金をかけられるのが実家暮らしの魅力といえば魅力なのです。

特に風俗嬢のような手取りの良い仕事であれば、ついつい自分のことにお金をかけてしまいがちですね。
そうは言っても自分の収入を家に少しでも入れておくのは悪いことにはなりません。
実家暮らしでお金をいれていなかった風俗嬢は、親の負担を減らすためにも、自分の金銭感覚の定期的な正常化のためにも、入れてみても良いと言えそうです。

妥当な金額とは?

財布では実家に入れる金額としていくらくらいが妥当なのでしょうか?
昼職の一般的な会社員20歳から39歳までの400人にアンケート調査を行った結果が2015年に発表されています。
調査によれば平均相場37417円という結果に。
この額を見て風俗嬢ならどう思うでしょう?
「案外少ないかも?」と思いませんでしたか?

実は風俗嬢の間では3万円以上との声が少なくないのです。
20代ではどの年齢も3万円代で、30代に入ってやっと4万円代となったこの調査は、いずれも風俗嬢が家に入れているであろう金額と同じかやや低めと考えられます。
風俗嬢の中には5万円入れているという声もあるので、きちんと毎月お金を入れている風俗嬢は「しっかりした親思いの子」であると親からは思われているかもしれませんね。

風俗嬢の中には「もっと入れてあげたいが、多すぎると風俗業だとバレそう」といった意見もあります。
確かに手取り何十万にもなる風俗嬢から見れば、5万円なんて金額ではなく親にもっと楽させてあげたいと思ってしまうかもしれません。
しかしそこはまた風俗嬢特有の金銭感覚のズレなのです。
いくら入れるか?ではなく、世間の相場を知ってその額をきちんと渡してあげれば親も安心するのではないでしょうか?
もしもっと親に渡したいと思うなら、たまに食事をごちそうしたりプレゼントをするなどして気持ちを伝えてあげられれば良いですね。

自分が風俗嬢であることが「金額でバレそう」という心配があるのであれば、設定している職業の相場の手取り額を調べて、はっきりと親に伝えておきましょう。
その中から家に入れても問題ない金額を割り出して渡すと良いでしょう。
設定している職業がもし不安定だったり収入が少なめであれば、3万円~4万円程度が良いようです。

バーやキャバクラなどの他よりも少し手取りの良い仕事であれば、4万円~5万円を考えてみてはいかがでしょうか?
たまに求人広告を見て給与の相場を調べておくのも良い手ですね。

実家暮らしの風俗嬢のメリット・デメリット

Ok風俗嬢の中では実家暮らしは少数派のようです。
特に親にはバレたくない風俗嬢がほとんどなので、バレやすい生活環境からは脱している場合が多いですね。
このバレやすさが実家暮らしの最大のデメリットと言えそうです。
どこでどんなボロが出てしまうか分かりませんので、常に心配が付きまとってしまいます。
一人暮らしをしたことのない風俗嬢は金銭感覚がルーズになりがちだという意見があります。

確かに支払いの相場を知らない社会人は、風俗嬢でなくてもルーズにはなりがちです。
電気も水道も使っている感覚がなくなってくるので、気を引き締めようと思えず甘くなりがちです。
しかも「自分にお金をかけるのが当たり前になり太りやすい」なんていう情報も!それらを羨ましいという一人暮らし組もいます。

しかしデメリットばかりではもちろんありません。
最大のメリットは先ほどから触れているように「他のことにお金を使える」ことですよね。
奨学金の返済を抱えている若き風俗嬢にとっては、実家暮らしが生活するうえで安心でしょう。
返済をスムーズに終えられるまで生活費の支払いは増やしたくないものです。

奨学金に関しては親も知っていますので、出費の心配をかけないための策とも言えます。
結婚資金などの貯金をしている風俗嬢にとっても、実家暮らしのメリットは大きいですね。

貯めたい人ならもちろん、「怪しまれるから多く渡せない」と思っているのなら、渡したつもりで貯金をしましょう。
「渡してあげたい」という気持ちを生かして、将来の親の生活費を今からこっそり貯めておいてあげるのも良いでしょう。
将来何があるか分からない・・・風俗嬢なら今の仕事が一生ではないことを肌で感じているはずです。
貯金は自分のためでもあることを大いに感じられますので、出来る範囲から始めてみましょう。

まとめ

実家暮らしの風俗嬢のお金事情について考えてみました。
金銭感覚は環境によってすぐにズレてしまうものです。
自分に使う時でも親に渡す時でも、常に相場を把握しておくのは良い方法のようですね。
一般的案会社員の手取り額を求人サイトなどで確認して常に知っておきましょう。

そして特別な理由がない限り、実家の生活費を入れるのが多数派の意見です。
そこから風俗嬢であることがバレないためにも、一般的な金額を渡して親を安心させてあげましょう。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました