東京都内のランジェリーパブって時給相場ってどれくらい?稼げる?

さて、ここでは東京都内でのランパブ(ランジェリーパブの通称です)で働いた時の時給についてお話ししたいと思います。

都内での相場はいくらくらい?

おおむね、時給4,000以上から8,000程度になりますが、多くのお店では年齢範囲で決めているお店が多いようです。
また、日給保障として20,000円以上になる店もあります。
これも、繁忙日である週末ではより高くなることもあります。
東京でも中心地に近くなればなるほど良い時給や保証が貰えるランジェリーパブが多いようです。

これはあくまでも参考程度の金額です。
その他にも入店祝い金等の報奨金制度を設けているお店もあります。
よくある「最低日給保証」という募集内容が有りますが、これがあくまでも日給と言うことになります。
また、皆勤(決められた出勤日数)をクリアすれば皆勤になったり、精勤になったりする場合があります。
また、常連のお客さんからの指名に対しても指名料のバックが有ったりするお店がほとんどです。
指名等での売上やお客さまから頂くドリンク等を含めた全ての売上高に見合ったバックがあったりします。
しかし、その反面、女の子にはそれぞれの実力に見合ったノルマが設定される場合がありますが、あくまでもノルマはその子の実力に応じた設定がなされるので、無茶なノルマを設定されることはないと良いでしょう。

東京で働くランジェリーパブについてのアレコレ質問にお答えします。

一つ目は、衣装によって時給は変わるのという質問がありますが、こればかりはお店によって随分とシステムが違うんですが、それぞれのお店でルールがあって、とある衣装を着た場合はいくらで、この衣装はいくらと決まっています。
当然ですが露出度の高い衣装はそれだけ基本となる時給は高く設定されているのが現実です。
あくまでもランジェリーパブですので、グラビアアイドルと同じ感覚でいいんじゃないでしょうか。
しかし一方では露出度が高ければ高いほどお金が良いという訳でもない場合がありますし、一概に衣装によって稼げる時給が変わるとは言えないのが現状です。
お金を稼ぎたいことが一番として、露出度を気にしなければそのお店と相談して、より高時給に設定されている衣装を着て接客することが手っ取り早い方法かもしれません。
二つ目には、お店での仕事は内容によって時給が変わるのかという質問も多いようです。
これについては、基本的に、お客様の接客になりそれ以上を求められることはないと考えて頂いて結構です。
いくら「ランジェリー」と言っても「パブ」には変わりないのですから、一般にあるランウンジと同じ内容と考えて下さい。
まさか真っ裸で仕事する訳ではないので、衣装は脱がないことが前提です。
お客様の席での接客サービスですが、殆どのお店でいわゆる「おさわり」は厳禁しています。
お酒を飲まれたお客様ですので、その点は厳守しているお店がほとんどで、そうじゃないお店は避けた方が良いかもしれません。

第三に、普通のラウンジとランジェリーパブの稼ぎはどれほど違うんですかという初歩的な質問をされる場合もあります。
当然、ダントツにランジェリーパブの方が良いお給料を貰えます。
お店の雰囲気もありますが、お店で働いている子のほとんどがラウンジ経験者ですが、よりお給料、つまり時給の良いランジェリーパブに来ているのが実情です。
この前取材でランパブで働く女の子にインタビューしたときの話ですが、印象に残る言葉が有ったのでお示ししますと、『しゃべる内容も、やっている事も同じなのにどうしてこんなに収入が違うのかビックしました。今から思えばラウンジで働いていたときなんかはコンビニで働いていたような感じカナ?』っというコメントをした女の子がいましたが、さすがにコンビニの従業員の時給とは違うかなって、その時は思いましたが爆笑してしまいました。
仕事内容もほとんど変わらず、ただ着ている衣装が異なるだけです。
とあるお店などは女の子同士仲が良く、チョット派手目のビーチに来た感じです。
ですからお客さまもそのつもりで来られる方が多いので、風俗ですが、あまりディープな感じではないのがランパブの良い所です。
身体の露出度が高くても良くてスタイルや肌感に自信のある方にはうってつけの職業かと思います。

「アレコレ」以外にもお答えします。

まず、どのくらい勤めるといいのでしょうかということですが、これには決まりは有りません。
ご本人が決めることなので店が強要したりはできません。
しかし、なじみの常連のお客さまが何人も付いているとか、お金の余裕がもう少しと言うような場合は、やはり長期で働くことをお勧めします。
短期間で色々なお店を渡り歩く方もそれなりの生き方だとは思いますが、お店のスタッフとの連携や店長さんとのやり取り等、お客様へのサービス以外にもいろいろ考えなければいけないことがたくさんあるので、そのようなことで悩まずに一人でも自分のファンを増やして報酬をガッポリ貰った方が後々の為にも良いんじゃないでしょうか。
中には10年選手っていう子もいてそれなりに稼いでいるから不思議な世界です。
女の子は年齢と共にお肌が衰えたり、体型が変わったりと大変ですが、何も身体検査をするわけではないので、それなりに補正できる衣装もあります。
また、たまに「いたずらでタトゥーがあるんですが大丈夫でしょうか?」ということも聞きますが、これについては、お店によってまちまちですが、入れ方にもよるのではないでしょうか。
ワンポイントとして腕に入れている場合等で、お客さまを不愉快な気持ちにさせなければOKだというお店が多いようです。
しかし、あからさまに彼氏の名前をそのまま入れていたり、入れる範囲が大きかったりすれば敬遠されるケースが有ります。
小さなタトゥーであったり、トライバル系のモノであれば大丈夫の場合も多いです。
また、どうしても気になるけれど、消したくないというようでしたらお仕事をするときだけ濃い目のファンデーションで隠す方法もあります。
当然全裸ではないので衣装を着て見えない場所のモノは全く大丈夫ですね。

まとめてみますと次のようになります。

東京でのランパブ(ランジェリーパブ)でのお勤めについて、時給を中心に書いてきましたが、その他の気になる事も合わせて書きました。
収入についてランパブの場合には、一般のラウンジと異なり、色々なオマケがくっついてくることが多いので、単純に比較はできないと思います。
よく脱ぐ勇気さえあればランパブの方が儲かるよというような話を耳にしますが、「脱ぐ勇気」と言う部分だけは違うような気がします。
「脱ぐ」のではなくて「ランジェリー」を身に着けて接客するという事で、ヌードやストリップではないのですから、この言葉は間違っていると思います。
男性心理として、最近よくあるアンダーウェアショップが有ります。
ショッピングモールや地下街などでとても素敵なランジェリーが売られていますが、その売り場を正視できないものです。
しかし、一方では心の中で実際にそれらを着た女性を見てみたいという思いが有ります。
そんな男性のお客様に夢を与える仕事なのだと思います。
そうした東京ではお客さまもある程度遊び慣れているお客様が比較的多く、地方都市でお勤めするよりも安心して働いていただけることは間違いない事だと断言できます。
また、その分各店舗間の競争もそれなりに厳しく、女の子の争奪戦もあるわけです。
最近は、AV嬢なんかも務めている場合があり、そんな女の子は特別だとしても今では普通に見られるお店があります。
でも、顔が良くてスタイルが良いという女の子ばかりでは無く、お客様の好みに合わせた会話が出来たり、対応が出来たりする女の子がこの世界では成功すると思います。
決して特別な仕事ではないという事がお分かりいただけたでしょうか。
気軽に体験してみても良いかもしれませんので是非お気に入りのお店の募集を良くご覧になり決められれば良いと思います。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

キャバクラ
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました