なぜ風俗嬢はタトゥーをしている人が多いのですか?その理由は?

風俗全般
kissu / Pixabay

風俗嬢にはタトゥを入れている人が多くいます。
その理由は女性によって様々ですが、入れた後になって後悔する女性も多く存在しています。
ここでは、風俗で働く女性がタトゥを入れる理由について分析すると共に、そのデメリットについて紹介したいと思います。

風俗嬢がタトゥを入れる6つの理由

タトゥ風俗嬢がタトゥを入れる理由には様々なものがあります。
かつてはヤクザの影響を受けたというのが主なものでしたが、現在ではファッション目的が主な理由です。
他にも、風俗ならではの理由によって墨を入れる女性も存在しています。

昔はヤクザと関係のある女性が多かった

今より20年や30年ほど前は客層が今ほど落ち着いておらず、女性に対して暴力を振るう男性客もいたため、風俗嬢を悪質な客から守るためにはヤクザの存在が必要でした。
また、風俗店の経営にヤクザが関わることもあり、現在より風俗嬢とヤクザの距離は近かったのです。

その結果、ヤクザと恋愛関係に陥る女性も存在し、刺青を入れる彼氏に影響を受けて、刺青を入れてしまう女性もいました。
また、刺青を入れればカタギではない印となります。
そこで、女性に対する独占欲が強いヤクザが女性に刺青を入れさせる例もありました。
このように、昔はヤクザと風俗嬢の距離が近かったため、ヤクザの影響で刺青を入れる女性も多く存在していたのです。

ファッション感覚で身体にする女性も多い

ネイル
風俗と暴力団の関係も薄くなった現在では、ヤクザの影響で刺青を入れる女性は少数に留まっています。
その一方で、ファッション感覚で墨を入れる女性が多くなっています。
現在ではネイルやエクステの技術が発達し、おしゃれの種類も豊富です。

そして、現在のタトゥは昔の入れ墨とは異なり、おしゃれで可愛らしいデザインも多くなり、怖いというイメージが女性の中で薄れています。
そこで、より過激なファッションを取り入れようと貪欲な若い女性の中には、入れ墨をおしゃれと感じてしまう女性もおり、ファッションの延長で身体にしてしまう場合もあるのです。

自分を特別視し、優越感を得るため

タトゥの本質は入れ墨で、普通の人が気軽にできるものではありません。
特に、公務員など堅い職業に就く場合には、その存在が問題視されてしまうため、普通の人は入れられません。
このことを逆に捉えれば、タトゥを入れられる女性は特別なイイ女ということになります。

過激なファッションをカッコイイと感じ、普通の人がしないこと、できないことを敢えてすることに喜びを感じる若者と同様に、自分を特別視したいために墨を入れてしまう女性がいるのです。
特に、風俗の仕事は特殊、特別な仕事です。
特別な業界で働く自分を特別視し、自尊心を満たすために、タトゥを入れる女性が存在しているのです。

同僚女性の影響

風俗の世界で働いていると、友人や知り合いも風俗嬢が多くなります。
風俗嬢に囲まれた生活をしていると、同僚女性の影響を受けやすくなるものです。
たとえば、風俗で働く女性の喫煙率は一般女性に比べ高い傾向にあります。

これも同僚女性の影響をうけ、業界全体として喫煙が広まっていることによるものですが、これと同じことがタトゥに対しても言えます。
先輩女性が墨を入れているのを目にし、おしゃれだと感じてしまうことで影響を受けてしまうのです。

また、先輩女性が軽い気持ちで若手の女性に勧めてしまうという場合もあります。
身近な女性がしていれば事の重要性に目が向かなくなるため、気軽にタトゥを入れてしまうのです。

メンヘラが原因という場合もある

精神状態が不安定であること、すなわちメンヘラを理由にタトゥを入れてしまう場合もあります。

ボディーピアスやリストカットと同様に、タトゥにも自らの身体を傷つける自傷行為としての意味があります。
風俗の仕事に女性が慣れていない場合、上手く仕事ができない自分が許せなかったり、ストレスが強まったりしてメンヘラの状態に陥りやすくなります。
そのような時、自分自身を罰そうとする自罰感情が生まれてしまい、あえて痛みを覚えるタトゥを入れてしまうのです。

風俗で働く場合であっても、タトゥは入れないほうが良い

拒否風俗嬢の中にタトゥをいれた女性が存在することは事実ですが、それがメリットに働くことはありません。
デメリットの方が遥かに大きく、日常生活にも支障をきたす可能性があります。
軽い気持ちで大きなものを入れてしまうと、後になって後悔しかねません。
たとえ風俗で働く場合であっても入れるべきではありません。

タトゥがあると高級店で働けなくなる

タトゥの存在は、風俗店への採用に影響を及ぼします。
風俗の最高峰は高級ソープです。
1本あたりのバック額も高額で、少ない出勤で多額の報酬獲得を目指せます。
さらに、利用客も富裕層の上品な男性に限られているため、接客する際のストレスも減らせます。

そのような高級店に所属できれば楽に稼げる可能性は高まりますが、タトゥを入れていると高級店への採用が危ぶまれるのです。
高級店を利用する男性は高収入の成功者であって、品行に問題がある女性を嫌います。
そこで、不良を想像させるタトゥは高級店では容認されない傾向が強いのです。
高級店を目指すのであれば、タトゥの存在は大きな問題となります。

普通の店でも客が付きづらくなる

タトゥを嫌うのは富裕層の男性だけではありません。
多くの男性は、入れ墨に恐怖心や不快感を覚えてしまいます。
そこで、大衆ソープや標準的なデリヘルに所属する場合であっても採用において問題視される場合があります。

また、たとえ採用されても、お客が付きづらくなってしまいます。
実際、風俗店の中には、墨をした女性のプロフィール画像に加工して墨を消してしまうお店もあるくらいです。
もちろん、男性の中にも刺青好きという男性もいます。

しかし、そのような男性は自身も全身に刺青をしているような猟奇的性癖の持ち主である可能性が高く、お客にするにはリスクがありすぎます。
墨をしていると、普通のお客も取りづらくなって、稼げなくなる危険性があるのです。

日常生活に支障をきたすことも

プール
タトゥの影響は稼ぎに留まりません。
一般社会で容認されていないために、日常生活の多くの面で問題が発生してしまうのです。

たとえば、タトゥをしているとプールや温泉、公衆浴場に入れなくなってしまいます。
ちょっとした旅行に出かけ温泉に入ろうという際に、自分だけ損をしてしまうのです。
また、世間にあらぬ風評を招く危険もあります。
元彼がヤクザだったというような噂話が知人や近所に広まり、形見の狭い思いをしかねません。
日常生活を安心して過ごすためにもタトゥは入れないほうが良いのです。

小さなものであれば、消すことも可能だが

昔、入れ墨は消すことができませんでした。
しかし、現在では医療技術の進歩に伴い、レーザー治療を用いれば小さな入れ墨については消すことができます。

ただ、それでも背中全体を覆うような大きな入れ墨を消すことはできません。
若気の至りから大きな墨を入れてしまっては、後になって後悔することになってしまいます。
タトゥについては、たとえ風俗で働くとしても入れないほうが良いのです。

まとめ

風俗嬢の中にはタトゥを入れている女性がいます。
かつては暴力団関係者との付き合いが大きな理由でしたが、現在ではファッション目的や、同僚女性の影響を受けて軽い気持ちで入れる女性が多くなっています。

ただ、風俗の仕事であってもタトゥの存在はデメリットとなります。
高級店に所属できなくなったり、お客を引けなくなったりして稼げなくなってしまうのです。
なるべくタトゥについては入れるべきではないのです。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました