東京都知事が変わる度に性風俗業界に規制の噂が立つよね。

風俗全般
Pexels / Pixabay

東京都知事が変わる度に噂が立つのが、性風俗業界の規制です。
毎回毎回、噂が立ち、そして規制が厳しくなったり、摘発に力を入れたりしてきます。
今回の小池百合子都知事は風俗に対して、どのような対応を取るのでしょうか?オリンピックも近くなり、油断ならないところです。

性風俗業界の規制は新東京都知事のお約束

新しい東京都知事になる度に性風俗業界に規制の噂が立つのはいわばお約束のようなものです。
風俗店は街に治安の悪さや風紀の乱れなどのイメージを与えてしまいます。
なので、性風俗の規制を強くし、浄化することで、支持率を上げ、自分にクリーンなイメージを持たせることができるからです。

分かりやすく、効果も出やすいので、新都知事の最初の仕事や選挙の公約としてはもってこいです。
また、法律的にグレーゾーンなソープの扱いについてどうするのかについて注目する人も多く新都知事になり、様々な人に性風俗業界についてどう考えているのか?と聞かれた場合、堂々と推奨したい、盛り上げたいなとはとても言うことはできません。

元石原都知事の歌舞伎町浄化作戦に泣いた風俗業界の人は少なくありませんが、一般の人々からは治安が良くなった、怖くなくなった、歩きやすくなったなど、評判は良いです。

オリンピックがあればなおのこと

オリンピック
さらに、オリンピックの開催が決定したとなれば、風俗業界の関係者にとって戦々恐々です。
オリンピックと街の浄化は切っても切り離せません。
過去にも国際的なイベントで風俗街が大きな影響を受けたという前例がいくつもあります。

元舛添都知事は寛容だった

いろいろと問題視されている点は多いですが、元舛添都知事は風俗業界の人からは評判が良い人でした。
歴代の東京都知事性風俗業界の規制については比較的寛容でした。
もちろん、表立って推奨はしていませんでしたが、元石原都知事のような徹底した浄化作戦を決行したり、ニュースになるような大きな摘発をしたりはしませんでした。

小池都知事はどうなのか?

そして、注目されているのが、元都知事である小池百合子都知事です。
初の女性東京都知事として注目しています。
女性であるがゆえに、性風俗業界をより目の敵にしそうだと思う人もいますが、今のところ、性風俗業界に対しては大きなアクションを取っていません。

トルコ風呂をソープランドにした人

お風呂
小池都知事にはユニークな業績があります。
彼女がまだ都知事になる前の30代だったころ、トルコ風呂をソープランドという名称に改名させることに全力を尽くしたということです。
トルコ風呂の名称が撤廃されたあと、それが直接の原因ではないにしろ、トルコとの交流は盛んになりました。

トルコの人や国の名誉のための行動だったので、名前を変えることは訴えても、存在を無くそうという趣旨の活動ではありませんでした。
それだけで判断することはできませんし、今はまた違う気持ちを抱いているかもしれませんが、ソープランドや性風俗業界に大きな嫌悪感を抱いていないのかもしれません。

小池都知事の地盤は池袋

小池都知事の地盤は池袋です。
池袋は東京都内でも有数の風俗街であることは周知の事実です。
小池都知事が池袋の風俗街に対して、規制を強めたり、大規模な浄化作戦を提案したりということはありません。

むしろ、最後のセーフティーネットとして、地域を活性させるものとして、なくてはならないものであるということを肌で感じているのかもしれません。

カジノには積極的

小池都知事はカジノの導入に積極的な人物です。
ギャンブルと性風俗の関係は切っても斬ることができません。
競馬場や競艇場の近くには必ず風俗街があります。
カジノだけ例外なはずがありません。
むしろ、お台場周辺はチャンスかもしれません。

オリンピックは無視できない

小池都知事自体はそれほど性風俗業界の規制の強化に積極的ではありませんが、間近に迫るオリンピックを無視することはできません。
オリンピックが近くなるにつて、徐々に規制が厳しくなったり、取り締まりが強化されたりすることは覚悟しておくようにしましょう。
手錠
しかし、悲観し過ぎることはありません。
最初に摘発されるのは明らかな違法店です。
違法店は行政やお客さんだけでなく、女の子にとっても劣悪なお店である場合が多いです。
摘発されるかもしれないようなお店では最初から働かないのが賢明です。

そして、お店側は摘発を避けるために、遵法を心がけるので返って安心して働きやすくなるかもしれません。
また、性風俗とは人類が生み出した最初の職業の1つです。
消滅することはありません。
黄金町の浄化作戦の際には箱ヘルのかわりにデリヘルが盛んになりました。
歌舞伎町の浄化作戦の際には鶯谷に風俗街が移りました。

摘発と摘発逃れははるか昔からイタチごっこを繰り返しています。
風俗嬢と風俗嬢を求める人がいなくなってしまうことは無いでしょう。

小池知事に期待したいこと

オリンピックを前にして、小池知事が性風俗業界に対してまったくアクションを取らないということは考えられません。
しかし、悪いことだけではないかもしれません。

過去の浄化作戦から学んだ浄化を

過去に様々な風俗街の浄化作戦が決行されていますが、必ずしも、成功しているとは言い切れません。
黄金町は活気が失われてしまったし、歌舞伎町はかえってぼったくり店が増えてしまったという人もいます。
小池知事はこのような過去に学び、力任せではない、女の子、お客さん、お店が安心して働いたり、遊んだり、経営したりすることのできるように管理しようとするかもしれません。

女性ならではの優しさも

風俗嬢の中には贅沢をしたい、仕事が性にあっているという人も少なからずいますが、一方で、本当はやりたくないけれど風俗をしなければ生活できない、風俗以外の仕事ができないという人もいます。
後者のような人に別のセーフティーネットを用意して欲しいものです。
本当はやりたくない人が福祉によって支えられたり、別の仕事に就くことができたりすれば、本当に風俗で働きたい人はますます稼ぐことができるでしょう。

今、風俗嬢がするべきこと

自分の命運を小池都知事に握らせておいてはいけません。
今風俗嬢がするべきことについて紹介します。

常にアンテナを張り巡らせる

アンテナ
情報はとても大切です。
女の子どうして「こんな噂があるんだけれど、心配だねー」などと言っていても拉致があきません。
どんな規制が施行されるのか、どの地域が危ないのかなどについてアンテナを張っておきましょう。

風俗を上がる算段も

風俗嬢はそもそもいつまでも続けられるようなものではありません。
年を取れば取るだけ稼ぎにくくなっていきます。
東京オリンピックをきっかけにして上がることを考えてみるのもよいでしょう。
まだ十分に時間があります。
明確な目標を立てて貯金を作ったり、転職に役立つ資格を目指したりするのもおすすめです。

行政は敵ではない

今現在あまり風俗で稼げていないのならばこの先も稼げる可能性は低いです。
根本的に自分には風俗が向いていないけれど、風俗しか働く場所がないと思っている女の子はむしろ、よりハードなサービスをするよりも行政に相談してみるのがおすすめです。
行政は何にもしてくれないと決めつけてしまっては損です。
必ずしも弱者の味方とは言えませんし、充分でもありませんが、少なくても求めてくる人、そして知っている人の味方です。

新都知事とオリンピックは性風俗業界の規制についての噂のお約束

都知事が変わったり、オリンピックが決まったりすれば性風俗業界の規制が強化されるという噂が立つのはある程度当たり前です。
必要以上にびくびくすることはありません。
小池知事は比較的性風俗業界に関しては今まで寛容な態度をとっています。
とはいえ、オリンピックは無視できないので、情報収集に勤めましょう。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました