一人暮らしの貧困女子が急増中!もう風俗嬢になるしか…

現代の日本は女性の3人に1人は貧困で、日々の生活に苦しんでいると言われています。
不景気な世の中で思ったように稼げず、手取りが上がらないため生活が苦しいのです。
奨学金などの月々の借金の返済をするために風俗嬢になる女性までいるほど。

貧困に苦しんでいる女性は多い

一人暮らしに多い

主に一人暮らしの女性に貧困が多く、特に地方出身ながら東京で一人暮らしをしている人は生活に苦しんでいます。
まず多いのは、地方から東京の大学に進学のために出てきた女子大生
少ない仕送りと、奨学金、あとは自分でバイトをして生活をしているパターンが多いそうです。
仕送りは家賃などの生活費に消え、授業の合間を縫って行なっているバイトで稼いだお金は食費や友達との付き合いに消え、奨学金は大学の学費の一部に。
どう考えても学費が足りないため、そのために風俗嬢として働いている女子大生がいるのです。
お金
ちょこちょこ普通のアルバイトをしていたとしても稼げる額は限られ、長期休暇以外の時期だと月に5,6万円稼げればいい方だと思います。
長期休暇であれば月に10万円はいくので、そこから学費やら何やらに充てることは可能でしょう。
それに比べて風俗の場合、1日で1万円は稼げます。
上手くいけば3万円以上も稼げ、休日に朝からら晩まで風俗の仕事をすれば10万円近く稼げる可能性まであるのです。
余裕で学費を稼げる額のため、風俗嬢となる女子大生が多いのです。

女子大生ではなく、社会人にも風俗嬢として働いている女性はいます。
手取りが少ないことから掛け持ちで始める人もいれば、奨学金やその他の借金の返済のために風俗嬢1本で働いく人もいるのです。
事情で仕事を辞め、生活のために止む無く風俗嬢として働いている女性も存在します。

学歴があるのに風俗嬢をしている人も

有名な大学を出て高学歴であるにも関わらず風俗嬢として働いている人が中にはいます。
なぜかというと、今の日本は高学歴だとしてもそこまで給料が良くないからです。
男性であれば大企業の総合職として多くの手取りを貰えますが、女性は事務など手取りが低いポストの仕事が多くなっています。
女性の手取りの平均は16万円から20万円とギリギリ東京で暮らしていける額で、借金などの大きな出費が月々に発生してしまうとたちまち生活出来なくなってしまうのです。

そのため、より手っ取り早くお金を稼ぐために、と風俗嬢に転身する人が多いのが今の日本の現状です。
風俗店からすれば元OLや元秘書として肩書きがある風俗嬢として売り出せるので、それなりに重宝されるのでしょう。

風俗嬢となる理由

仕事の手取りの少なさから

お金
あまりの手取りの少なさ
から風俗嬢に転身する女性は多くいます。
日本の女性の手取りの金額は16万円から20万円と決して多くはありません。
家賃を払い、食費や光熱費を引くとあまり手元には残らないでしょう。
そこから僅かながらに貯金をし、あとは洋服代や遊びに充てる、とても贅沢が出来るような暮らしではないと思います。
ボーナスがあるため非正規に比べたらまだマシですが、それでも生活に余裕がないことが分かります。

地方で転職をしたけれど稼げなくて地方で風俗嬢に、という人もいるそうです。
地方だと主に介護の仕事が多く、需要がある割には手取りが少ない、かつ仕事がキツいために割に合わないと辞める人が多いです。
手取りの少なさに苦しんでいると同時に、手取りから毎月奨学金を返済しなければならない女性ほど風俗嬢となるケースが多いです。
奨学金の返済額は人によって違い、少ない人で月2万円いかないくらい、多い人で3,4万円ほどになります。

ボーナスの時に多くの金額を返済する人もいるそうです。
額を見てみるとそこまで大きいようには見えませんが、東京で一人暮らしの女性が毎月返すとなるとかなり負担になります。

雇ってもらえる会社がないから

大学で資格を取ったはいいが役に立たず、卒業後はフリーターとして働いていた人が風俗嬢に、というケースもあります。
フリーターとして働くとしても月収はそこまで多くはありません。
月15万円以下となり、そこから税金やら何やらに引くと手取りはかなり少なくなるでしょう。
生活が成り立たないためにフリーターを辞めて風俗時になるのです。

風俗嬢であれば日払いの仕事となるので、働いたその日のうちには確実にお金が手に入ります。
人気嬢になれば1日で10万円稼ぐことも可能になり、月収100万円も夢ではありません。
下手したら年収1,000万円もあり得ます。
そのため大金を夢見て風俗嬢へ、という人が多いのでしょう。

借金返済や生活のため

借金
借金を背負ってしまい生活が苦しい、借金が返せないから風俗嬢に、というケースです。
短時間で高収入を望むなら風俗以外の仕事はないので、仕方なく身体を売るのです。

風俗は意外と稼げない

地方の風俗だと月収20万円

風俗は誰でも大金を稼げる仕事に見えますが、最近はそうでもなくなってきたようです。
昔は女性が身体を売れば誰でも月収100万円は稼げると言われていました。
しかし最近は、限られたごく一部の人気嬢しか大金を稼げなくなってきているのです。
このように売れている風俗嬢の声が広まっているため、風俗嬢になれば誰でも大金を稼げる、というように思われてしまっているのでしょう。
実際には月50万円いけばいいほうで、一般職と変わらない20万円ほどの月収の嬢もいるのです。

地方の風俗で働くとなると月収20万円の風俗嬢が当たり前のように存在しており、ハードな仕事の割にはあまり稼げていない現状が分かります。
身体を売れば女性なら誰でも稼げたというのは昔の話で、今はもうそんなことはありません。
風俗嬢としての道しかない女性は、出来るだけ風俗が栄えている場所で働くことをおすすめします。
例えば新宿や渋谷、大阪、横浜などの繁華街がいいと思います。
人の利用が多いところであれば需要があるので、それなりに仕事は貰えるでしょう。

稼げない理由

風俗が最近稼げない理由は単純で、需要が減ってきたからです。
男性がこの世にいる限りは風俗の需要が無くなることはありませんが、風俗市場が小さくなってきているのは事実です。
理由として、自分の身体を売る女性の数が増えてきたことがあげられます。
昔の日本の女性は身体を売ることはいけないことで恥となっていましたが、今の日本は身体を売ることに対して恥じらっている女性は少なくなっているのです。
そのため供給が多くなり、仕事があまり回っていないのでしょう。
貧困
不景気が続くとことから、男性にも貧困が増えたことも理由だと考えられます。
貧困はもはや女性だけの問題ではなく、同じように非正規が増えている男性の問題でもあるのです。
貧しい男性はあまり風俗を利用しなくなり、利用したとしても激安店と呼ばれる料金が安いとろしか使わなくなってしまいます。
料金が安いということはそれに合わせてバックも安いことを意味しています。
1回のバックが安いためどんなに働いたとしても1日で10万円以上稼げることはなく、5万円稼げればマシとなってしまうのです。

月収100万円を本気で狙うなら、ソープの中級か高級で働くといいでしょう。
どちらもバックが高く、高級であれば1本4万円以上も貰うことが出来るのです。
ただ、バックが高い分サービスはハードで、NSや即即は出来て当たり前の世界となっています。
ハードサービスに耐えられる女性は高級や中級を狙ってもいいかもしれません。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました