S着風俗店でもコンジローマに感染するの?コンドームは関係ない?

風俗全般

恐ろしい病気が多い性病ですが、ほとんどの場合、コンドームをつければ感染を防ぐことが出来ます。
例えば、最も恐ろしい性病として知られ、全世界で予防が訴えられているエイズなども、コンドームをすれば防ぐことが可能です。
しかしながら、コンドームは残念ながら万能ではありません。

コンドームをしても感染の危険性がある性病もあるのです。
それが尖圭コンジローマ。
風俗で働く際には気をつけなければならない性病の1つであり、そして、自覚症状のなさと潜伏期間の長さ、治療にかかる長さから、現役風俗嬢にはとても恐れられる病気です。

ここでは、なぜゴム越しであってもコンジローマは感染してしまうのか、ということについて掘り下げてまとめていきたいと思います。

コンジローマはコンドーム越しでも感染するの?なぜ?


信じられないかもしれませんが、コンジローマはゴムをしていても感染します。
例えば完全S着店で仕事をしていたとしても、場合によっては感染、そして発症の危険性があります。
確かにゴムをつければある程度感染を防ぐことは出来ますが、100%ではないということに留意してください。

さて、ではなぜゴム越しに触れているだけなのに感染してしまうのでしょうか。
それは、コンジローマの原因となるウィルスの「ヒトパピローマウイルス」が粘膜感染はもちろん、皮膚感染もしてしまうからです。
更にコンジローマができるのは亀頭部分や陰茎部分だけではなく、その根元にも出来る可能性があります。

なので、ソープランドのS着店で働いていたとして、性器の根元にあるイボからウイルスが伝染してしまうと、感染してしまうわけです。
その上、コンジローマに感染するのは性器同士の接触だけではないところも厄介です。
口と性器、口と口など、粘膜同士が接触しても感染の危険性があります。

風俗のプレイであげると、素股はもちろん、オーラルセックス(フェラ)、クンニ、キスなど、感染の経路は無数に存在しているのです。
恐ろしいことに、ゴム越しのオーラルセックス(フェラ)でも、口に感染する危険性があります。
オナクラでもない限り、フェラはかなりの確率で基本プレイに入っているでしょうから、風俗で働いているとコンジローマに感染するリスクは避けれないということですね。

しかしながら、コンジローマには特徴的なイボがあります。
プレイをはじめる前に客の性器をしっかりと観察し、これを避ければ、感染することはないのでしょうか?
答えはというと、それでも100%防ぎきれるとは限りません。
なぜなのか、それを下記で説明していきたいと思います。

イボがない人とのプレイでも感染の危険性があるって本当?


最初に断っておきたいのは、イボがない人とのプレイで感染する確率はとても低いということです。
しかし、絶対にないとはいえないのが現状です。
どういうことでしょうか。

それは、性器などにイボがない人でも、ヒトパピローマウイルス(HPV)の保菌者の可能性があるからです。
そもそも、コンジローマの原理は、HPVが皮膚の中に潜伏した後、皮膚を腫瘍へと育て上げるというものです。
あの特徴的なイボはウイルスが住処としている場所で、イボがある人はもちろん、あのイボの中に大量のウイルスを保持しているわけですから、そこに接触すれば当然のように感染します。

重要なのは、イボに触れたかどうかではなく、「HPVを有している組織が粘膜に接触したか」というところです。
つまり、症状がなくとも、皮膚の中にHPVを有している場合、接触によって感染する危険性があるわけです。
例えば、粘膜同士が接触するにあたって細かい組織が削り落ちてしまったり、とても小さい傷からウイルスが侵入したりと、状況は無数に考えられます。
なにも、HPVが存在するのはあのイボだけではないのです。

ここで1つの疑問が湧くと思います。
なぜ、皮膚の中にHPVがある人にはイボが出ないのでしょうか。
その理由は、免疫力にあります。
ウイルスが自分の住処としてイボを作ろうとしても、免疫力が高ければ身体の中の免疫がそれを無効化してくれるのです。

しかしながら、住処がないからといって、ウイルスが完全に消えるわけではありません。
免疫が低下する瞬間を待って、粘膜組織の中に隠れ住んでいるのです。
このような人を保菌者といいます。
保菌者は完全に無症状なので、自身がコンジローマに感染していることに全く気がつかず、そして周囲がそれに気がつくこともほぼ不可能です。
女性の場合は膣内を調べることによって保菌者かどうかを調べることは出来るのですが、男性の場合保菌者かどうか調べることは出来ません。
風俗嬢からすれば、どのお客さんがコンジローマの保菌者か判断するのはかほぼ不可能といってもいいくらいでしょう。

コンジローマが真に恐ろしいのは、こういうところです。


大量の客と性行為(フェラチオや本番を含む)をしなければいけない風俗嬢にとって、見た目が変わらない保菌者ほど恐ろしいものはないでしょう。
もちろん、保菌者の組織はイボが出来ている人ほどウイルスの量は多くなく、感染する危険性も発症した人と比べれば低めです。
むしろ、保菌者とのプレイでコンジローマに感染、発症する可能性はとても低いといっていいでしょう。

しかしながら、ゼロではありません。
コンジローマに感染しても覚えがないということは、プレイを行った中に保菌者がいたということなのでしょう。
さらに恐ろしいのは、男性だけではなく、女性も保菌者になりえるということです。
お客さんにうつされたHPVが、自然と身体の中に存在している可能性もあります。

更に、保菌者だからといって必ずしも発症しないとは限りません。
免疫力が低下したりすると、場合によってはイボが出てコンジローマを発症する可能性があるのです。
もちろん、実際に症状としてイボが出来てしまったら、ほとんどの人は治療に行くと思います。
しかし、病院でイボを焼いてもらったからといって完治するとは限りません。

体内のHPVが完全に殺しきれていなければ、再び保菌者となっただけのことです。
再び免疫力が低下すると、再発し、そしてまた治療にいく羽目になります。
よくコンジローマに感染してしまったら、術後3ヵ月は様子を見るといいますが、これはHPVが完全に死滅したかどうかを判断するための期間でもあるわけですね。

コンドーム越しでも感染の危険性あり! コンジローマに関するまとめ


コンジローマは、痛みを伴いやすい治療と、その見た目から、トラウマになりやすい病気です。
なにより一番恐ろしいところは、内服薬で治すことは難しいという点と、その感染力の高さ。
コンドーム越しでも感染の危険性があるということは、上でも述べました。

しかし、勘違いしないで欲しいのが、日常生活で感染することはまずないということです。
例えば、握手をしたり、同じ書類に手をつけたり、抱き締められたりといったことではまず感染しません。
重要なのは、患部およびその周辺に触らないことと、触ってしまったらすぐに消毒することです。
そして、粘膜に触れないことを意識することです。

性病に感染したからといって、むやみやたらに差別してしまうのは関係もギクシャクしてしまいますし、何より感染した人がかわいそうです。
もちろん、風俗で働く以上感染のリスクは考えておかなければなりませんが、正しい知識を持って、正しい対応をしていれば、基本的に性病に感染することはありません。

そして、何よりも大切なことは、もし発症してしまったら、すぐに治療することです。
コンジローマの場合は、早期の発見、および早期の治療が素早い完治の鍵だからです。
そのためにも、予防および検査は、細かく行っておきたいところですね。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました