風俗嬢の仕事をしてるとトリコモナスに一度はかかる?治療法は?

風俗でお金を稼ごう!と思うと、色々なリスクが思いつきます。
その中でも、命に関わることもある性病は最も重いものですよね。

仮に命に関わらないとしても、性病にわざわざかかりたいなんて人はいないと思います。
性病とは、「性行為によって感染する可能性があり、それ以外では感染しないもの」です。
ここでいう性行為とは通常のセックスをはじめ、フェラチオやディープキスなど、様々なものを含みます。

通常の人であれば、性行為はほとんど決まったものとしかしないものですし、あえて関係を持ったとしても数えるほどです。
しかし風俗で働くとなると、セックス自体を行わなくとも、様々な人と性行為をすることになり、その分性病のリスクは明らかに高まります
その中でも、特に風俗嬢に多いといわれている性病が「トリコモナス」。
ある程度病気の知識があっても、あまり聞いたことのない病気名ではないでしょうか。

しかしこのトリコモナス、性病の中ではかなりメジャーな部類であり、風俗嬢に限らず、感染している人も多いようです。
その感染率は、一説には女性の5%が感染したことがあるといわれる病気です。
5%ときくとかなり少なめに聞こえますが、街を歩いている女性の20人に1人が性病を持っていると考えてみてください。
とんでもない数ですよね。
ここでは、このように高い感染率を誇る性病、トリコモナスについてまとめると共に、その治療法もまとめていきたいと思います。

トリコモナスってそもそもどんな病気?

ウィルスによって引き起こされるものではなく、そのまま「トリコモナス」という虫が性器に寄生することによって引き起こされる症状のことを「トリコモナス」とひとまとめにして性病扱いになっています。

イメージ的には「毛しらみ」や「ぎょう虫」と似たようなイメージですね。
そのためサイズはとても小さく、肉眼では確認することが出来ません。

しかしこの虫が引き起こす諸症状は甚大です。
女性が感染するとおりものがひどい悪臭を放つようになり、色も黄色く、どろっとしたものになります。
更に性器付近が非常に痒くなり、ひどい不快感のある症状が特徴です。

特に臭いの放ち方は尋常ではなく、人によっては普通に生活をしていても顔をしかめるような臭いを放つようになるとか。
風俗嬢にとって性器は大切な商売道具の一つですから、これにかかってしまっては間違いなく稼げません。
ほとんどのお店は出勤を止められるかと思いますが、万が一出勤をしようものなら、「あの嬢はアソコがくさい」などの悪名が広まってしまいます。
そうなれば、稼ぎに大きく関わってしまうのではないでしょうか。

これだけひどい症状があるのにも関わらず、感染した人と性行為を行うと、感染する確率は90%を超えるとも言われています。
更に女性にとって怖いのが、男性客はかかっていたとしてもほとんど自覚症状がないこと。
尿道が腫れたり、赤くなるといった症状はあるものの、女性のようなかなり目立つ症状が出ることは稀です。

更に潜伏期間も人によってまちまちで、人によっては1日で発症することもあれば、発祥までに2週間かかる人もいます。
そのため、トリコモナスはあらかじめ発見するのがとても難しく、男性側に悪気はなくとも、風俗のサービスに持ち込んでしまい、結果として風俗嬢が感染してしまうというパターンが多いようです。

そのため、風俗をしているとトリコモナスに一度はかかる、なんていわれることもあります。
症状がわかりやすいため、かかってしまってからも勤務を続けて病気を大量にばらまくなんてことにはなりづらいのがせめてもの救いですが、かかってしまったからには早く治したいですよね。

下に、その治療法を紹介していこうと思います。

トリコモナスの治療法は?

とにもかくにも、まずはすぐに病院へ行きましょう。
女性は産婦人科であれば性病の判断と治療を行ってくれます。

トリコモナスは症状がわかりやすいのですが、いくら医者相手だからといっても、デリケートゾーンが痒い、おりものから変な臭いがする、なんてことは告白しづらいですよね。
けれど、勇気を持っていいましょう。

医者側からすれば下手に症状を隠されたりすると病気の判断をしかねますし、最悪の場合処方を間違えてしまう可能性もあります。
しかし、まともな医者であれば、正直な病状の報告によってきちんとした処方と治療法を施術してくれるはずです。
自分が風俗嬢だということはあまり言いたくない、という人もいるでしょう。
トリコモナスにかかっているからといって、変な詮索はされません。

なぜなら、産婦人科医からするとトリコモナスはよく見る病気だからです。
トリコモナスの原因となる虫は水気のあるところだと活発になります。
なので、トイレの便座だったり、お風呂だったり、プール、などなどいろんなところから感染する可能性があるのです。

だから、どうしても感染経路を絞りたいというとき以外は深い詮索はされないと思ってもいいでしょう。
もちろん、パートナーがいる場合はきちんと連れていってください。
たとえ女性側が完治したとしても、パートナーが感染してしまっていたら、また感染を繰り返すことになるわけですから、堂々巡りを防ぐためですね。

病院にいったあと、正式にトリコモナスと診断されたら、治療がはじまります。
膣を洗浄したあと、薬が処方、10日間の間、塗り薬と飲み薬を飲み続けてください。
その後、再検査でトリコモナスが消えたことが確認されれば晴れて風俗嬢に復帰することができます。
点滴や注射、手術など大規模な治療法を行うわけではないので、案外簡単に治る病気のようですね。

しかし注意したいのが、簡単に治る病気だからといって、放置していい病気ではないということです。
簡単に治ることと、心配のない病気とはイコールではないのです。

トリコモナスはとても恐ろしく、不快感も高い病気です。
かかってしまったら、医者にお金を使うのは嫌かもしれませんが、確実に治療してもらいましょう。
放置し続けてしまうと、最悪の場合、早産のリスクが増え、不妊症になってしまうことも考えられます。

長い人生ですから、何が起こるのか分かりません。
子どもを作る予定がなくとも、未来の可能性を医者に行く時間を惜しんで潰すのは勿体無いのではないでしょうか。

しかも、放置したからといってトリコモナスが完治することはありません。
それどころか放置し続けると悪臭に慣れてしまい、お客さんどころか普段付き合っている人たちにもいい顔をされません。
臭いは指摘しづらいものですし、特にそれが性器からの臭いともなれば尚更の話。
お客さんだけではなく、周囲の人々があなたから離れていってしまう前に、絶対に早期の治療をしましょう。

不快感が強く、感染力の高い性病!トリコモナスのまとめ

以上、トリコモナスと、その治療法についてのまとめでした。
風俗で働く以上、性病のリスクは常につきまとうのですが、特にトリコモナスはかなりポピュラーなものです。
男性側の性器を見たり、症状を聞いたりしただけではなかなか判断することが出来ず、症状の軽いものは検査すらすり抜けることもあります。

そのため、基本的に素人である風俗嬢が正確な判断を下すのは至難の業です。
では、風俗で働く以上、トリコモナスのリスクは受け入れざるを得ないのでしょうか。
それは違います。
トリコモナスをはじめ、ほとんどの性病はコンドームによって予防することができるのです。

NSのソープや生フェラ、素股をサービスとして行っているお店で働いているのであれば、残念ながらリスクを受け入れるしかありませんが、そうでない場合はゴムをつけることで女性側が性病を対策することが出来ます。

指名を勝ち取るための営業の1つとして生フェラをすることもひとつの手かもしれませんが、そこにはトリコモナスをはじめとするリスクが付きまとっていることは注意しておきたいところですね。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました