すすきののキャバクラならスカウトいた方がいい?面接での質問は?

キャバクラ

どんな仕事も仕事をするにはまず、必ずといっていい程面接というものがあります。
その面接に合格して初めて働く事が出来ます。
今回はすすきののキャバクラでスカウトがいた方がいいのか、そしてキャバクラの面接ではどのような質問がされるかなど入店前のキャバクラ事情についてお話していきたいと思います。

キャバクラでのスカウトの存在

すすきのに限らずですが、キャバクラでのスカウトとは一体どういったものなのでしょうか、所謂スカウトマンが女の子をスカウトするのか、それともキャバクラの前にスカウトがいて客引きをするのか、などスカウト一つとってもさまざまなニュアンスがあります。

まずはスカウトの仕事を軽く触れておきましょう。
業務内容は一言でいえば客または女の子を見つけてスカウトする事です。

これが大前提です。
片っ端から働けそうな女の子に声をかける。
そして金を持ってそうな男性やキャバクラに入店してくれそうな男にとにかく声をかける。
このような行動をイメージしています。

彼らもあくまで仕事です、その体はとても研ぎすまされており、頭の中は至ってクールです。
冷静で割り切ってないとスカウトはできません。
この女の子が入店すれば金になる、この客が店にくれば金になるなど頭の中は金という名の己の稼ぎの事でいっぱいかもしれません。
ある意味で仕事熱心ではあります。

このようにスカウトに対して色々なイメージを持っていると思いますが、自分にとって大事なことは、マイナスに考えずポジティブにその状況を理解し利用する能力を見につけることではないでしょうか。
どんな世界も情報で成り立っています。
特にこのキャバクラという世界では情報を持っている人はのし上がれます。

それが誰なのかはわかりませんが、スカウト一つとっても急に声をかけられて迷惑だからと取り払うのではなくその人から何か自分にとって特になる情報が聞き出せればその時間は決して無駄ではなくなります。
長くしゃべる必要も全くありません、話しかけられうまく流しながら自分の聞きたい事をきいて情報を仕入れる。

必要がないと感じたら何かを理由に立ち去ればよいだけの事です。
声をかける方もかけられる方もお互い上手にやっていきたいものですよね。
互いにとってメリットが生まれる状況が平和的で一番ではないでしょうか。

こう考えていくとスカウトというのは色んな側面の情報を握っています。
キャバクラをする女性達も能力の高いスカウトマンは味方につけ情報を共有し合うのが互いの仕事にとって良い循環になると思います。
顧客目線でいいますと、声をかけられたタイミングで金がなかったり気分じゃなかったとしてもその店の女の子の情報や近辺の客単価や質など何でも良いので少しでも情報を得る事が出来れば、いざという時に役に立ちます。

会話術というスキルが求められますが、自分にとって不快な状況にならない為には上手に会話しその状況を生かす事で味方は増えてきます。
人を見る力、そして人生を切り抜ける力が確実に備わるでしょう。

キャバクラの面接

キャバクラ嬢になりたいと思った時、当然面接があります。
自分で働けそうなお店を片っ端から探し、見つかったらとりあえず面接に行ってみる。

切羽詰まっている人程その行動は早くなります。
しかし、なんの準備も無いまま面接に行っても自分が不利になるだけで受かる可能性は下がります。
事前に面接対策をとっておくと、スムーズにキャバクラ嬢への道が切り開けるでしょう。

しっかり対策を取る為にキャバクラでは実際にどんな面接をしているのか、どのような質問をされるかなど話していきたいと思います。
お店によって質問は変わってくると思いますが、押さえておくポイントとしてまず週に何日出勤できるか?という事は必ず聞かれると思います。
そしてこの業界での仕事の経験があるのか無いのかについても聞かれると思います。

例えば仕事経験がある女性だと、前の店でいくら貰っていたのか、そして客はどのくらい付いていたかなど聞かれます。
そして前の店をなぜ辞めたのかという事も当然聞かれるでしょう。
同じ理由でまたうちの店を辞められても困る、普通はそう考えますよね。
店側からすると自分の店の売り上げに少しでも貢献してくれる女の子を雇いたいと考えます。
自分のキャリアがある方が面接では有利に働くでしょう。
全部素直に話すこと、そして誠意を見せる事が大事です。

そして大切な質問だなと感じたのは、あなたは目標がありますか?という質問です。
これはもの凄く良い質問だと思います。
なぜキャバクラをしたいのか、何の為に、どんな目標があって?など自分の気持ちを具体的に伝える事ができる人はその意思が伝わり店で使ってみようかという印象を植え付けることができると思います。
その場しのぎで回答を考えてもまず落ちます。

キャバクラの面接をしている方は何百人何千人と女の子を見て面接してきているので、嘘などつこうものなら必ず見破られます。
そして容赦なく落とされます。

これらの質問はごく一部に過ぎません、面接の質問は店や面接官によって様々なようです。
しかし全ての質問に共通して言える事は、質問というのはあなたのやる気やコミュニケーション力、そして適応能力や立ち振る舞いなどを見ています。
瞬発性が求められるのです、これはキャバクラ嬢にとってとても大事なスキルです。
それをまずは意識して下さい。

面接で一番やってはいけない事が質問に答えられない、または質問に対して嘘をついてしまうことです。
もし仮に面接に受かったとしても、後で自分自身が苦しむ事になると思います。

お金の事で気持ちがいっぱいになり、小さな嘘をついてしまうとのちのち自分に全部返ってきます。
素直で謙虚な気持ちこそが、キャバクラ嬢としても一人の人間としても持つべき意識ではないでしょうか。
そして面接時には必ず自分が面接官に聞いておきたい事も考えておきましょう。

この店での給料はどれくらいなのか、システムはどうなっているのか、体験入店などはあるのかなど、自分にとって事前に把握しておくべき事は確認をとる必要があります。
これも逆にあやふやな回答をされると、それを受け入れてしまった自分が後で困る事になります。

聞くべき事は沢山あると思います、上手にうまく聞き出し把握する事で面接も受かりキャバクラ嬢として良いスタートがきれるのではないでしょうか。

まとめ

すすきのキャバクラでスカウトがいた方がいいのか、そして面接の際どのような質問があるのかについて話してきました。
キャバクラでのスカウトの立ち位置、そしてその存在や対応すべき行動がわかったと思います。

口には出さずとも、自分にとって一番有利に働く行動をぜひ取って下さい。
そしてこれからキャバクラ嬢になりたい方、面接の重要性がよく分かったと思います。

今からでも事前にできる対策があるのではないでしょうか。
もう一度よく考えそして今やらなければいけない事を整理し、行動に移してみて下さい。

どんな些細な事でも、きっといつの日かあなたの財産になります。
器の大きさは確かに大事です、なにもせず大船に乗った気でどしっと構えるのもよいですが、何事もするに越した事はないと思います。
あとで後悔するより、という話になってきます。

結果的に簡単に面接に受かる人はセンスと魅力があったとしか言いようがありません。
面接を舐めてかからず、しっかりと対策を取ったものが最後に笑えると思います。
その最後とはキャバクラ嬢としての人生という意味です。

この記事を書いた人
めぐみ

元風俗嬢のめぐみです。
私は18歳の時から風俗や水商売で10年間働きました。風俗の業種は全て経験し、今はナイトワーク系ライターとして生活しています。

風俗時代の経験を活かして、みんなにお仕事のアドバイスをできればと思っています。

めぐみをフォローする

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

キャバクラ
めぐみをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました