キャバ嬢って元ヤンキーが多いって言うけどもう時代遅れだよね?

近年までは、キャバ嬢の仕事が注目されていて、憧れの職業としてランクインするなど、一時期はメディアでも取り沙汰されていたこともあります。

しかし、キャバ嬢は近年では、時代遅れになってしまったというイメージを持っている人もいるようです。

キャバ嬢は、元ヤン・元ギャルが集まっているということでも知られていますが、実際はどうなのでしょうか。
詳しく見ていきましょう。

キャバ嬢に元ギャルが多い理由

高学歴グラビアアイドルなど、才色兼備で、頭脳とルックスを兼ねそろえている女性が増えている今の時代です。
キャバ嬢には、東大生という女性もいますが、そういった女性は実はごく一部の女性であるといえるでしょう。

ほとんどのキャバ嬢が「元ヤンキー」や「元ギャル」であり、圧倒的に多いのが、フリーターの女性です。

これはなぜなら、単純にキャバ嬢という職業に興味を持つ機会が、こういった元ギャルやヤンキーの女性に多いからであるといえるでしょう。

ギャルやヤンキーの女性は、地元の求人誌などを見て、アルバイト探しをする機会が多くあるといえます。
求人誌などを見て、高収入バイトを見つけるという機会が多く、これをきっかけに入店するという女性は多いです。

また、ギャルの女性は、元々着飾ることが好きで、ドレスを着用することに興味があるという女性は多いです。

元ヤンの女性は、借金返済があったりなど、お金に困っているというケースも多いです。
きっかけが借金返済という女性も意外と多く、地元だったら楽じゃないのかなという気持ちで始めたり、あるいは友達がやっているのを見て、割が良さそうだなと思い、紹介してもらい入店するというケースが多いです。

キャバ嬢の平均年齢はどのぐらい?

キャバクラには、幅広い年齢の女性たちが働いていますが、平均年齢は、大体23歳程度といわれています。

下は18歳から勤務をしていて、上は34歳ぐらいが上限と言われています。
大体多いのが19歳~22歳であるといわれています。

年齢はサバを読んでいる女性もいますし、お店を移れば少し若くなっている…ということもあります。

この年齢の女性となると、やはり学校に行っていない女性や高卒の女性が多くなると言えます。

最近のキャバ嬢は稼げない?

このように、キャバ嬢と言えば、今までは憧れの職業であるだとか、人気の職業としてメディアで紹介されてきました。

しかし、最近では、キャバクラは稼げないと女性の間でも言われています。

たとえば、フリーのお客さんがいないだとか、時給が良くないという意見があります。
確かに、キャバクラ業界は、不況の影響により、かつてほどの盛り上がりがありません。
世の中と同じように、夜の業界でも不況の波は押し寄せてきていて、稼げる店は稼げますが、そうでない店は、全く稼げないと言うことも珍しくありません。

このため、どうせ稼げないのであれば、普通のアルバイトで良い…と思って別のアルバイトを探してしまう女性が増えています。

時代遅れと言われてしまう要因にはこのようなことが考えられるといえるでしょう。

日雇労働者のように、キャバクラを渡り歩いている女性もいますが、それは貧乏な女性など、日銭を稼いでいる女性ばかりともいわれています。

今は、稼げないキャバクラで、勤務をしたくないという方も多いです。

元ヤンキーが多い理由!寮制度がある

元ヤンキーの女性というと、家庭環境の良くない女性が多いです。
こういった女性は、家庭に何らかの事情を抱えていて、家出をしているという方は少なくありません。

学歴もなく仕事がない…そういった状態の中で、キャバクラに勤務すると色々な待遇を受けることが出来るので、職業として選ぶケースが多いです。

大手のキャバクラに限りますが、女性のために、寮を用意してくれるというお店があります。
地方から一攫千金を狙い、こういった女性が、着の身着のままの勢いで、キャバクラに飛び込んでくると言うことは少なくありません。

元ヤンキーや、元ギャルの貧乏な女性が家を借りるにはある程度のまとまったお金が必要です。
それを貯めるために、ひとまずといった形で寮に入れるのはありがたいと思うようです。

この場合の寮とは、普通のアパート・マンションをお店側が借り上げているという形で、その部屋を提供しています。

場合によっては、家電一式がそろっていたり、生活するのに必要な道具などもそろっていることも多く、一人暮らしと快適さが変わらないこともあります。

このように、上京したいと夢見ている元ギャルや、元ヤンキーとお店の双方の利害が一致していることが多いです。

今の学生は他にもアルバイトがある?

キャバ嬢というと、以前までは憧れの職業として知られていました。
しかし、今は時代遅れであるという理由に、今は他にも高収入のアルバイトが増えたという事情があります。

今は、スマートフォンやインターネットが爆発的に普及し、携帯などで気軽にお小遣い稼ぎをすることが出来る時代でもあります。

また、最近では、働き方としては便利な派遣としての働き方も多く、どうせ働くのであれば、お店に束縛されたりしない、派遣という働き方を選ぶ方も多いです。

キャバ嬢の仕事は高収入というイメージは以前まではありましたが、今は不況の影響からか、稼げるのは一部の女性だけで、自分は稼げないだろうとあきらめてしまう方は多いようです。

今の大学生は、忙しい?

キャバクラのアルバイトは、ほとんどのお店が、夜のお仕事になります。

出勤した夜は、睡眠時間が短くなってしまうので、次の日の学校が辛いという方は多いです。
平日はあまり時間が取れず、週末に出勤をするという学生の方もいますが、夜型の生活になってしまうため、これを避けたいという女性も多いです。

出勤日が不定期であると、指名をなかなか増やすことが出来ないので、お店側も不況の今は採用を見送ることも多いようです。

このため、結果的にフリーターの元ヤンキーの女性や、元ギャルの女性がフルタイムで出勤をすることになり、学生の女性は淘汰されていく…ということになります。

お給料はいいけれど、辛さもあるというイメージがある

キャバクラの仕事は、以前までは高収入で稼げるというイメージがありましたが、今は、そうではありません。
お給料はたしかに良いかもしれませんが、それ相応の辛さもあり、相当精神的にも肉体的にも辛い仕事であるというイメージを持っている人は多いです。

バイトのノリで働くのは難しい…と知っている方は多いでしょう。
最近では、ノルマの厳しいお店も多いですし、お店も善意ではなく、お客様を呼ぶために人を雇っていると言うことなので、プレッシャーがあり大変だというイメージもあります。

今は、以前までとは違い、学歴のある女性は、他のアルバイトを選ぶことが増えてきたといえるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
キャバ嬢と言えば、元ヤンキーや元ギャルが多いといわれていますがこれには理由があります。

今は、キャバクラは時代遅れであり、最初からキャバクラで食べていきたいと考えている女性はごく少数であるといえるでしょう。

学生の方でも、学校を卒業するまでとか、夢がありそちらを優先したいという方が多いです。

給料が多くてもノルマや、出費が多い…ということで、学歴がある女性で、キャバ嬢という仕事を選ぶ女性は以前よりは減っているといえるでしょう。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

キャバクラ
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました