辻ソープの手取りが安すぎる?ほぼ折半だしNS強要ばかり!

辻は沖縄で有名な風俗街があるところで、ソープをはじめ様々な風俗店があります。
観光客が多い時期などは稼げているように見えますが、実は沖縄のソープは言うほど手取りは高くありません。

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

ソープの手取りが安い理由

辻のバックについて

辻のソープ店は高級から激安がありますが、どこも安い給料で働かせられ、貰える手取りはだいたいお店と折半となっているところが多いです。
相場はだいたい60分1万3千円となっていて、高くても2万円となっています。
オープンからラストまで働いたとしても5万円から8万円と決して多くはありません。
東京だと10万円以上は軽く稼げるからです。

観光客が閑散としている時期だと平日は3万円稼げたらいい方でしょう。
集客力がないお店だとお茶になる確率が高く、そこまでの給料は望めないと思います。

沖縄のソープ店は1本の仕事で貰える手取りが1万円少しと単価が低いため稼ぎにくいのです。
出稼ぎに向いている地域とはとても思えず、沖縄で観光をしたい人がお小遣い稼ぎをするのに向いていると言えます。
1本の手取りの安さをカバーするためには数をこなさなければいけないので、それが沖縄のソープ店で働く大変さの一因でもあるのです。

沖縄のバックが安いのは所得に原因が

ソープ店のバックが安い理由は、沖縄県全体の所得の低さにあります。
沖縄県の所得は都道府県の中でぶっちぎりの最下位で、沖縄県内の平均所得は13万円から16万円ほど。
手取り16万円もあれば沖縄の那覇で充分に暮らしていけるそうです。

所得が少ないということは、家賃や生活費などを引くとそれだけ遊びに回せるお金が少なくなってしまいます。
本島のソープと同じような値段設定だとお客さんはお店に遊びに来なくなってしまうので、沖縄の所得に合わせた値段設定にしているのです。
沖縄の所得に合わせるということは、必然的に利用料金が安くなることを意味しています。
お店に入ってくるお金が少なくなるためバックも安くなり、お店と折半というような形になってしまうのです。

沖縄で本島並みの高級ソープ店を作ったところで、観光客以外のお客さんは望めないでしょう。
観光客が利用するのかも怪しいです。

バックが安いと不満はあるかもしれませんが、利用料金が安いことでそれなりに良いことあります。
それは、お客さんは安さを求めているためサービスについてはそこまで気にしていないことです。
お店のランクが上がれば上がるほど嬢に求められるものは容姿とサービスの質共に高くなっていきます。
しかし、利用料金が安いと、高いレベルを求めてくる人が少ないのです。

仕事内容

NSを求めてくる人が多い

沖縄のソープで大変なことは、NSを求めてくるお客さんが多いことでしょう。
本番が当たり前と考えられている沖縄は、NSも当たり前のように求められるのです。
ソープ店のため本番行為があることは当然ですが、NSとなると事情は違ってきます。

NSをウリとしているソープはだいたい高級店だけであり、それ以外のお店はS着であることが多いです。
沖縄のソープにはあまり高級店がないためS着のお店が多いはず。
しかし、実際はNSを要求してくるお客さんが多いので、沖縄でソープ嬢として働くとなると大変だと思います。

そもそもNSを要求してくる人が多い理由は、ソープに安さを求めているお客さんが多いからでしょう。
風俗業界の全体の傾向を見てみると、安い風俗店を利用する層の客質は悪くなっています。
そのため、利用料金が安い沖縄はこれに当てはまり、NSを要求するようなお客さんが多いのです。

客層が悪い

沖縄のソープは、利用する客層が悪いことが知られています。
上記で説明したようにNSを要求してくる人、自分が満足するまで何回戦も要求してくる人、決められた時間を守らない人など様々です。
3つ紹介したことは、主に沖縄県の現地民に多いことのようです。

沖縄は日本でも有名な観光地であるため、多くの観光客が風俗店に訪れます。
マナーが良い観光客であるなら苦労はしませんが、中にはルールを守らないようなお客さんもいるので注意して下さい。

日本人だけではなく、外国人の風俗店利用者がいることも把握しておきたいですね。
沖縄という土地柄、アメリカ人をはじめとしたお客さんも多いようです。
お店によって外国人の利用を禁止しているところと、そうでないところがあるため気を付けたいですね。
入店する前に外国人のお客さんに対しての対応をきちんと聞いておいた方がいいでしょう。

アメリカ人だけではなく、中国人や韓国人といったアジア系の利用客がいることも知っておいて欲しいです。
沖縄は日本のリゾート地といっても過言ではなく、綺麗な海や豊かな自然を目当てに、最近はお金持ちの中国人や韓国人が訪れるようになってきています。
外国人は言葉が通じず、ルールや文化も違うため相手をするのは一苦労です。
なるべく相手をしたくない、という嬢がほとんどだと思います。

沖縄で稼ぐには

ソープでお客さんから本指名を貰うために重要となってくるのは、如何にネット指名を多くもらえるかにかかっています。
ネット鳴りというネット指名がひっきりなしに来るような状態が起きればいいのです。

ネット指名はインターネットを使える人であれば誰でも行なえ、ネットに載せている写真も多くの人に見てもらうことが出来ます。
つまり、大勢の人の目に止まるような出来の良い写真を用意することでネット鳴りを起こせるのです。
ネット鳴りを起こすためにと、有名な嬢の中には、プロカメラマンにレベルの高い写真を撮ってもらう人がいるほど。
それほどにお店に載せる写真、ネット指名共に大切にされているのです。

人によっては写真を綺麗にするためにと写真修正をする場合がありますが、あまりにも過度な修正は辞めておいた方がいいでしょう。
過度な修正とは、写真に写っている人と実際の本人を比べた時に、別人レベルの違いのことをいいます。
せっかく可愛い嬢を写真を見て選んだのに、実際会ってみたら見た目がまったく違うとなってしまったら、お客さんとしては迷惑ですよね。
どんなに写真を良くしたところで、指名は増えてはいかないのです。

写真で顔出しするだけで爆発的に指名が増える可能性もあります。
地元の嬢は顔バレや身バレを恐れて顔出しすることはなく、出稼ぎとして沖縄で働いている嬢は身バレの心配がほとんどないためバンバン顔出しが可能です。
顔が見えないよりは顔が見える嬢の方が注目を集めるのは当然のこと。
思ったようにネット指名が増えない場合は、顔出しを検討してみてもいいでしょう。

思いきって他の仕事に変える

バックが安いソープからバックが高い風俗の仕事に変えてしまう手もあります。
沖縄のソープだとたとえ高級店でもそこまで手取りは多くはありません。
シーズン中は客入れが良いとはいえ、出稼ぎに来ている嬢の数が多いためお客さんの争奪戦が起き、見た目がそこそこ良くないと指名はもらえないでしょう。
シーズンオフは現地民の人相手となりますが、お店によっては観光客をメインとしているところもあり、そのようなお店は中々現地民は集まらないのです。

このようにソープで働くのは中々大変ですが、デートクラブという風俗で成功すれば短時間でかなりの額を稼げます。
デートクラブとは名前通りにデートを行なう風俗で、人によっては2時間で5万円も稼げるそうです。
ソープ1本だけに執着するのではなく、他の風俗で働くことについて考えてみてもいいですね。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

ソープランド
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました