観光旅行に最適だけど沖縄に出稼ぎにいっても稼げない?!

沖縄に出稼ぎにいっても実際はあまり稼げないと聞きますが、沖縄の風俗が稼げないというのは本当なのでしょうか。
沖縄の風俗事情、出稼ぎにいくメリットとデメリットを紹介します。

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

沖縄は出稼ぎに向かない:観光ついでがおすすめ

沖縄は全国で1番所得が少ない県で、その分物価や家賃は安く設定されています。
給料は平均で13万円から16万円とかなり低く、それに合わせて風俗店の料金も安く定められています。
本島並みに設定してしまうとお客さんは誰も利用しなくなってしまうからです。
利用料金が安いということは、必然的に嬢のバックも安くなることになります。
沖縄の風俗業はソープ、イメクラ、デリヘル、ヘルス、セクキャバがありますが、どこのお店もバックはお店と嬢で折半となっているようです。

本番行為があるソープも手取りはだいたい本島の大衆・激安と変わらない額で、辻で1番高いお店でさえもオープンからラストまで入って手取りは7万円と、その驚きの安さが分かります。
本島のソープでは当たり前のように1日10万円以上を稼げますが、沖縄ではまず無理でしょう。
バックの安さから沖縄は出稼ぎに向かず、観光客として沖縄を楽しむついでに風俗でアルバイトをする、という方法がおすすめされているのです。

シーズンでも稼ぐのは大変

沖縄でいうシーズンとは観光客が1年と通して1番多い夏のことで、この時期は本島から出稼ぎにくる嬢が大勢います。
観光客が多いなら出勤さえすれば誰でも稼げるに違いないと思いますよね。
現実はそう甘くはなく、シーズンだとしても意外と稼ぐのは大変なのです。

理由の1つに、沖縄を訪れる観光客のメイン層があります。
観光客として多いのは家族連れとカップルで、旅行先で風俗を訪れるような客層でありません。
そのため、お店によっては意外と稼げないところが出てくるのです。

2つ目の理由は、出稼ぎで増えた嬢達の間でお客さんの取り合いが起きること。
一説では、シーズン中は観光客より出稼ぎ嬢で増えた風俗嬢の方が多いそうです。
それだけ多くの嬢が出稼ぎで沖縄にいたら、お客さんの奪い合いが起こるのも納得の出来ます。
稼げるのは一部の人気がある嬢だけで、それ以外はあまり稼げないのです。
沖縄の風俗はただでさえバックが安いため、それをカバーするためにも多くの仕事をこなさなければいけません。
仕事が少ないとなると、少ない手取りから更に雑費や厚生費など引かれ、より少ないお金しか手に出来ないでしょう。

沖縄に出稼ぎにいくメリットとデメリット

メリット

沖縄へ出稼ぎにいくメリットは、顔バレ身バレがしにくいこと。
本島から離れている島まで出稼ぎに行くのです。
知人や家族に合う確率はかなり低いため、顔バレや身バレを恐れずにのびのびと働くことが出来ます。
また、顔バレと身バレの心配が少ないことから、写真を出す時に目や口などの一部の顔出しではなく、完全に顔を出せることも大きいです。
完全に顔出しする嬢はあまり多くありません。
顔出しをすることで多くのお客さんから指名を貰える可能性があるのです。

仕事の息抜きに街中を観光出来るのも良いですね。
沖縄は元々琉球王国という日本とは別の国だったので、観光名所は沢山あります。
首里城、守礼門、美ら海水族館など様々です。
綺麗な海もあるため泳いで遊ぶのもいいでしょう。
美味しい料理とお酒も楽します。

働ける選択肢が多いのもいいですね。
沖縄の風俗には、観光客をメインターゲットとしているお店が多いため、色々なお客さんに合わせて多くの種類の風俗店が展開されています。
ソープ、イメクラ、ちょんの間、デリヘルなど充実していて、これらの中から自分に合う風俗店を見つけて働くことができるでしょう。
18歳からでも風俗店で働けるのもいいと思います。

デメリット

シーズンが終わってしまうと稼げなくなってしまうのは辛いですね。
地元民を相手にするしかありませんが、指名客はあまり着かず大変だと思います。
ネットが強いわけでもないので、地道にお客さんを集めなければならず、日に3万円以上を稼ぐのも苦労するでしょう。

外国人の相手をしなければならない可能性があるので、それもデメリットの1つとなります。
沖縄は米軍基地があり、お金持ちの中国人と韓国人もリゾートである沖縄まで旅行に来ることがあります。
お店によっては外国人の利用をお断りしているところもありますが、中には積極的に外国人のお客さんを呼び込んでいるお店もあります。
きちんと入店前に外国人のお客さんの扱いについて確認をとっておくことが重要となってきます。
嬢を騙して外国人の相手をさせるお店、突然外国人の相手をさせるお店があるので注意して下さい。

手取りが安いこともデメリットです。
沖縄の風俗全体の手取りが安いため仕方ありません。
沖縄ではどんなに頑張っても風俗で大金を稼げるような県ではないので、出稼ぎにいくなら沖縄以外の場所を選びましょう。

お客さんについて

客層は良くはない

お店によりますが、全体的に見ると客層はあまり良くはありません。
県民性で沖縄の人はルーズといいますが、風俗ではそれが悪い方向へと作用しているようです。
サービスが終わった後、時間を気にせずマイペースで着替えていたり、サービス時間を気にせずに50分を過ぎて60分になったりと、時間のことを気にかけていないのです。
時間を守れないお客さんというのは、嬢にとってもお店にとっても迷惑でしかありませんが、沖縄の風俗店はあまり気にしていないのか黙認されているそうです。

ソープ以外の風俗店でも本番を行なっているところが多いためか、ソープ以外のお店でも本番を強要してくるお客さんは多いです。
あまりにも多すぎて、苦痛になって3日でお店を辞めたという嬢がいるほど。
ソープは本番行為を合法的に行える風俗店となっているので問題はありませんが、ソープ以外の風俗店での本番行為は大問題です。
TOPグループのように摘発される恐れがあり、在籍しているお店が閉店してしまうことも考えられます。
周囲に迷惑をかけることを考え、きちんと本番行為は断りましょう。

地元民は深夜から

観光客がお店を訪れる時間は本島と変わらず 夕方以降でしょう。
24時過ぎにはホテルに帰り、翌日に備えて休む人がほとんどだと思います。

地元民は違います。
地元民にとって風俗店に行く時間は24時過ぎてからで、朝方まで平気に遊び回ります。
沖縄の人はというのは遅くまでお酒を飲んで騒ぎ、最後に遅い時間にステーキでしめる、というスタイルです。
そして、そのまま流れで深夜以降に風俗店を利用する人もいるのです。
そのため、酔っ払いのお客さんが多く、相手をするのは面倒でしょう。
話が通じるレベルの酔っ払いであればまだどうにかなりそうですが、酔っ払ってテンションが上がりすぎた人が相手だと大変なのです。

沖縄の風俗店で指名客を獲得して稼ぐためには、沖縄の時間に合わせるしかありません。
夜から明け方まで働く必要があり、そうしなければ指名は貰えないでしょう。
今までの生活リズムを夜型に変えることになるので、夜に弱い女性は沖縄の風俗には向いていません。

まとめ

沖縄に出稼ぎにいったところで稼げないことが分かったと思います。
わざわざバックが大衆並みに安い場所に出稼ぎに行くよりも、バックが高くて稼げる沖縄以外の地域を選んだ方が賢いでしょう。
観光ついでにお小遣い稼ぎをするには向いているので、のびのびとゆったりした生活をしたい人は沖縄に向いています。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決めて!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

風俗全般
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました