ソープランドの面接では身分証の提出は必須ですか?

風俗の業界で働くことは、女性にとって結構勇気のあることかもしれません。
男性のお客さんを相手にしなくてはならないからです。
優しいくて、気さくな人であれば、ホッとするところでしょうが、変なオタクっほい人でであれば、少しばかり我慢してお付き合いしなければなりません。
それでも風俗店に勤める女性が多いのは、収入が安定するからです。
その風俗の中でも、最も多くの収入を作ることができるのが、ソープランドです。

ソープランドは風俗の王様

何もない様

ソープランドは、”風俗の王様”と呼ばれています。
男性から見ても、根っからの風俗ファンでであれば、ソープランドに行くこと間違いありません。
それは、本番が可能だからです。
と言っても、それはあくまでソープ内の個室の中での自由恋愛の成り行きではあるものの、周知の事実でもあります。
下手にデリヘルやピンサロのような風俗店に行くよりも、必ず本番が期待できるのてすから、、どのお店に立ち寄らずに、まっしぐらにソープに行くのです。
こあな風俗ファンかもしれません。
それが”風俗の王様”と呼ばれる所以です。
だからこそ、風俗店でも、ソープランドに勤めるコンパニオンは、より多くの収入を稼ぐことができるのです。

どのくらい稼げるソープ嬢

ソープランドもランクがあります。
高級店、大衆店、そして、超格安店。
大衆店だと料金は1時間2万円程度。時間が長くなればなる程、料金が高くなるのは当然なことですが、高級店になると、より高い値段になってきます。
その何割かが自分の収入となるのですが、収入は1日3万円?5万円にもなる程です。
それだけソープランドでは、コンパニオン嬢が頑張って1人でも多くのお客さんを迎えています。

ソープランドで働くためには

身分証明

収入が見込めるソープランドで働こうと思えば、必ず提出しなければならない書類があります。
それが身分証明書です。
えっ、身分証明書の提出が必要なの?」と思われるかもしれませんが、これは風営法という法律で定められていることなので、避けることはできません。
でも、お店側で悪用したりしないかな?」と気になるのも当然でしょう。
しかし、心配は要りません。
目的は18歳未満でないことを証明するだけなのですから。
身分証明書のコピーは一応、取られますが、悪用されることもまずないと言っても良いでしょう。
証明書の写しも3年間は保存することが義務付けられています。
むしろ、身分証明書を求めないお店の方が、もっと心配になってくるものです。
どうしてかというと、風俗店を経営するのに、ちゃんと風営法に基づく届け出を提出しているかどうか怪しいからです。
無許可で風俗店を経営しているお店で働くと、反対に摘発等に巻き込まれて面倒なことになりますので、証明書の提示を求めている店舗の方がよほど信頼できるのです。

身分証明書と言っても、どんな物を提出すればいいの?

身分証明書と言っても、どんな種類の証明書を出す必要があるのでしょうか。
今、最も一般的な証明書と言えば、運転免許証です。
しかし、最近ではこれに加えて、住民票もセットで提出する必要があります。
その理由は、本籍が掲載されている書類が必要だからです。
風俗店では、国籍も確認する必要があります。
違法に滞在している外国人を雇うわけにはいかないからです。
そのためにも本籍が掲載されている住民票を取り寄せて提出する必要があるのです。
昔は、運転免許証にも本籍は載っていたのですが、最近の免許証はフォームが新しくなり、掲載されなくなりました。
そのために住民票が必要になったのです。

また、必ずし写真付きの証明書が要りますので、パスポートもいいでしょう。

無許可のお店には絶対に行かないこと

どんなに風俗が儲かるとはいっても、やはり無許可のお店で働くことは、とても怖いことです。
最近では、出会い系サイトを使った援デリ等で働く女性も少なくありませんが、いつ摘発されるか、もしくは男性客とのトラブルに巻き込まれるか分かりません。
いくら風俗店とはいえ、ちゃんと許可を取っているお店程安心できるものはありません。

許可を取っているソープランドはむしろ働きやすい職場

危険なストーキング

ソープランドを職場と割り切りながら働くと、これ程安心して働ける場所はないかもしれません。
風俗店には、時々、変な男性客が来ることがあります。

  • ストーカーまがい
  • 無理な性的なサービスを強要

もし、無許可のお店で働いていると、そんなお客さんとのトラブルに巻き込まれて、自分事が嫌な思いをすることが出てくる可能性があります。
しかし、許可を取っているお店では、個室でコンパニオンに嫌な思いをさせるお客さんには、退店させることができます。
よく個室や待合室にも、注意書きが掲示されているのですが、
「店内での禁止事項」が明確に記されていて、そのルールを守れないお客さんは出て行ってもらうことになります。
時には、”出入禁止”もありえます。
また、ソープの仕事帰りでも、1人で帰るのではなく、お店の車で送迎してくれることもあるので、安心して働くことができるのです。

ソープでの面接

マンツーマン面談

ここまでのことを知ると、ソープランドで働くことに対する不安もかなり無くなってくるはずだと思います。
では、やっとお店の面接を受けることになってきます。
とは言うものの、どんな仕事でも面接はとても緊張するものです。
ましてや、風俗の王様と呼ばれるソープランドでは、その緊張も一気に高まってくることと思います。
しかし、ここは割り切った気持ちで面接を受けてみて下さい。
お店のスタッフも丁寧且つ親切に仕事の内容をレクチャーしてくれるはずです。
何と言っても、お店の大事な稼ぎ頭になるのですから。
コンパニオンの女性の人は、お店にとってもかけがえのない存在なのです。
しかし、面接ではしっかりと自分の考えを提示することも必要です。

  • 何のために働きたいのか?
  • どのくらいの収入を作りたいか?
  • そのためには、週何回出勤可能なのか?

そのような質問が出てくるでしょう。
その時点で曖昧に応えるのではなくて、できること・できないこともはっきりと答えて理解をしてもらえようにしましょう。
少しでも疑問に感じたことがあれば、遠慮なく質問してお店と自分との間に強い信頼関係を作っておくことが大事です。
そうすることによって、初めていい仕事ができるのです。
信頼関係ができると、本当に困った時にはお店のスタッフも店長さんも応援してくれるはずです。
意外とアットホーム的な雰囲気があるのです。
また、面接を受けたからと言って、すぐにその日から働くことはありません。
キチンと働ける日を決めて出勤することで、お店側も安心して任せることができるのです。
ソープランドは、ある意味、身体を張った体力勝負の面もあります。
そのような意味で、健康管理にも気を遣わなければなりません。
もし、出勤当日に風邪を引いたりしたならば、素直に理由を伝えてお休みすることもOKです。
無理をして体調を崩すよりも健康な笑顔で出勤してもらいたいのが、お店側の希望でもあります。
風俗業と言っても、ある種の接客業でもあるので、お客さんも満足してもらいたいし、コンパニオン本人も楽しくたくさん稼いで欲しいと思うのが、願いなのですから。

ソープランドの新人キャンペーンで頑張ること

これで晴れてソープのコンパニオンとしての出発となるのですが、入店したての頃は”新人さん”としてあなたにフリーのお客さんを優先的に紹介してくれます。
この時ほど大きなチャンスはありません。
この時にあなたを大事にしてくれるお客さんが見つかれば、それは将来の固定客として通ってくれるお客さんにはなる可能性があります。
常連のお客さんが付けば、お店側も嬉しい話ですし、これこそソープランドで働く甲斐があるというものです。
スタートが肝心です。
安心してお願いできるソープ店で明るく頑張ってみてはいかがですか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました