AV女優の給料システムは?ギャラは?単体女優が稼げる?

AV女優と一言に言っても、この職業での収入には大きな格差があるのはご存知でしょうか。
「1回で高額な報酬を得られる」「誰でもできる」などといったイメージを持たれているこのお仕事ですが、今やAV女優として稼げる人はほんの一握りしかいません。

AV女優には階級があり、この階級により稼げる額が大きく変わります。
AV女優のお仕事でお金を稼ぎたいと思っている人は、まずこの階級を知り、それぞれのランクのお給料の相場を知っておく必要があります。

AV女優には3つの階級がある


AV女優の階級については、AV業界に存在する会社の存在と立ち位置の関係性を抜きにして語ることはできません。
AV業界には、「メーカー」と呼ばれるAV作品を作る会社と、「プロダクション(事務所)」と呼ばれるAV女優が在籍する会社が存在します。
そもそもAV女優になるためには、どこかのプロダクションに所属している必要があります。
プロダクションはいわば派遣会社のような存在で、メーカーがAV作品を制作するにあたり必要とする女優を提案する、女優の営業的なポジションとも言えます。

[メーカー]←→[プロダクション]←→[AV女優]

そしてAV女優には、「単体女優」「企画女優」「企画単体女優」と呼ばれる3つの階級があります。

単体女優とは

単体女優とは、プロダクションの顔ともいえる存在で女優名を持ち、その名前だけでも十分に作品の売り上げが見込めるトップクラスのAV女優のことで、ようは作品の主役、主演を張れる女優のことです。

そして単体女優はプロダクションを介してメーカーと専属契約を結びます。
専属契約とは定期的なAV撮影・リリースのことで、契約期間内は契約した1社以外のメーカーの作品に出演することはできません。
契約期間は3か月から24か月で、毎月1本撮影を行います。

企画女優とは

企画女優とは女優名を持たない1本限りの女優のことです。
単体女優のようにメーカーとの定期契約はなく1作品ごとの契約となり、1か月の出演本数の制限はなく、複数のメーカーの作品に出演することができます。

メーカーが企画した内容に沿った作品を制作するために必要とされる女優なので「企画女優」と呼ばれます。

AV女優としてのブランド力が必要ないことから、顔出しNGやモザイクありという要望も聞きいれてもらいやすく、作品のパッケージや作品内に名前がでることのないエキストラのような存在です。

企画単体女優とは

企画単体女優(キカタン)は、単体女優の特徴と企画女優の特徴を兼ね備えた存在です。
企画単体女優は、単体女優のように女優名をもち、作品の主役や主演を張れるほどの人気を持ち合わせています。
しかし、企画女優のようにメーカーとの専属契約はなく1回限りの作品出演となるものの
複数のメーカーの作品に出演することができ、月の出演本数に制限もありません。

・人気が廃れてきた単体女優がメーカーとの専属契約ができなくなり企画女優に落ちた(単体落ち)
・企画女優をやっているうちに人気が出た
・単体女優として人気が出るか微妙だが、企画女優にしておくにはもったいない

という女優がこの企画単体女優のポジションにつきます。

AV女優にはこれらの3つのランクがありますが、これらのうち「単体女優」がもっとも階級が高いとされ、次いで「企画単体女優」、そして「企画女優」がもっとも低いとされています。

報酬はどのくらい違う?それぞれのお給料事情


AV女優の報酬は、

[メーカー]→[プロダクション]→[女優]

の流れで支払われることになります。

メーカーから支払われた費用のうち、何割を女優がギャラとして受け取れるのかは所属するプロダクションにより異なります。

単体女優の報酬例

AV出演1本あたりのギャラの相場は100万~250万円です。
仮にギャラがプロダクションと折半である場合、1回の撮影での女優の報酬は50万~125万円となり、メーカーとの専属契約が12か月だとすれば女優の年収は600万~1,440万円ということになります。

専属契約中は他のメーカーの作品に出演することはできませんし、イベントや雑誌インタビューなどのお仕事にはギャラは発生しないことがほとんどなので、単体女優は契約した以上に稼ぐことはできませんが、専属契約中は会社員のように安定した収入が見込めます。

企画女優の報酬例

単体女優と異なり、報酬は出演1本あたりではなく日当で支払われます。
日当相場は15万~25万円程度で、ギャラがプロダクションとの折半ならば7.5万~12.5万円が女優の給料となります。

最近では本番なしの出演や顔出しNGでの出演を希望する企画女優も多く、そのようなライトな内容の場合女優への給料は1~3万円となるようなこともあります。

企画単体女優の報酬例

企画単体女優の場合、企画女優と同じように給料は日当になります。
ギャラの相場は20万円~80万円ほどで、プロダクションと折半だった場合は10万円~40万円が女優の給料となります。
しかし企画女優はメーカーと専属契約を結ばないため、オファーさえあればどんどん仕事を受けることができます。
単体女優のように安定した収入を得ることはできませんが、人気のあるうちは単体女優よりもはるかに大きく稼いでいる企画単体女優はたくさんいます。
単体女優が会社員とするならば、企画単体女優は個人事業主のようなイメージです。

稼ぐならどのランクの女優がいい?


AV女優としてもっとも稼げるのは企画単体女優として作品に出演しまくることです。
日当の相場は10万~40万円なので、仮に月に20日仕事をすれば月収だけでも200万~800万円になり、頑張れば頑張る分だけ青天井で稼ぐことができます。

しかしその企画単体女優として稼げるようになるまでの道のりは簡単なものではありません。

最近では普通のアイドルよりも容姿が優れていてスタイル抜群のAV女優はざらにいます。
少し容姿が優れている程度では全く注目されません。
また、最近では作品に出て終わりではなく、イベントに出席したりブログを始めるなどして自分自身でアピール・営業していく必要があります。
そしてセックスのテクニックよりも、体を美しく見せる方法や作品の視聴者が興奮する演技力が必要になってきます。

それに加え、AVに出演したいという女性は年々増えています。
AV業界全体におけるAV女優の人口は6000人から8000人とされています。
それだけいるAV女優の中から安定して仕事のオファーをもらえ、人気を得られるようになるためには人並み以上の努力が必要だということがおわかりいただけるでしょう。

さらに、「安定した収入を得るために単体女優になりたい」「トップクラスのアイドル女優になりたい」「頑張れば頑張った分だけ稼げる企画単体女優になりたい」など、女優各々希望や要望などはありますが、どのランクの女優になるかは女優が決めることではなくプロダクションが決めることです。

また「単体女優の営業に強いプロダクション」や「企画女優を得意とするプロダクション」などプロダクションによって得手・不得手があり、AV女優として成功するためには女優の実力だけでなく、プロダクションの営業力も重要になってきますので、プロダクション選びにも慎重になる必要があります。

まとめ


最近では「セクシーアイドル」「AVアイドル」などという言葉が世間に定着するほどAV女優のレベルは高く、お金を稼ぐためではなくAV女優としての名声を得るためにこの職業を目指す女性も増えてきています。

インターネットが普及し、無料でも膨大な量のAV視聴が可能になった今日、昔に比べAV女優の報酬が下がってしまったのは必然的なことです。
短期間で多額のお金が必要になったからAVに出て稼ぐなんてことは現代では簡単にはできません。
風俗店で一定期間働く方がよほど稼げます。

また、業界全体のAV女優のうち3分の2は1年以内に入れ替わると言われています。
そして3年程度続けても売れない女優はプロダクションによって風俗嬢に転身させられていることが多いです。

AV女優としてしっかり稼ぐためには、自分がAV女優としてどういう存在になりたいのか、どのくらいの期間でどれだけ稼ぎたいのかなど目標を明確に定め、その目標に向かって地道に努力する姿勢がとても重要になってきます。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

AV女優
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました