AVのスカウトで顔出しはないと言われた!嘘なの?ホントなの?

街に出ると、一見ナンパか何かと思えるような光景を、よく目にします。
若い男性、またはそれなりに年齢はいっているけれども、どこか小奇麗にしている男性が、女性に声をかけている、という光景を見たことはないでしょうか。
これらは大概スカウトで(中にはナンパももちろんありますが)、今や女優や風俗店、キャバクラ、その他諸々の女性に関する職業は、スカウトによって成り立っている、といっても過言ではありません。
ところでAVのスカウトについて、「顔出しはない」、といわれるようなことがあると、耳にしたことがあります。
実際のところ、嘘なのでしょうか、ホントなのでしょうか。

おすすめ高収入求人サイトの紹介

Qプリ保証で祝い金10,000円面接交通費2,000円必ずもらえます!
そんな高収入求人サイトはQプリだけ!

それだけが人気の理由ではありません!
  • 女の子目線でサイトが作られているから店舗情報が詳しく記載されています!
  • スカウト機能があるから希望のお店から勝手にオファーが届きます!
  • Qプリ保証が使える!(やっぱりイチオシ!
Qプリで自分に合うお店を探してみよう!

Qプリの詳細はこちら

実は違法にもなるスカウト


職業安定法と迷惑防止法

まず、スカウトの是非についてなのですが、実は違法となる場合がある、とのことです。
その根拠は、職業安定法と、迷惑防止法という、2つの法律(厳密には条例であるものも含みます)からなるものなのですが、前者は「労働者供給を禁止する法律」で、勤務時間の拘束や専属性の有無などが問われるようで、この法律の中では、風俗嬢も「労働者の範疇」とみなされます(もともとは、ピンハネや強制労働などを想定して、それらを防止するために制定されたようです)。
後者は、繁華街での勧誘などにも適用されているように、前者の「労働者の供給」よりもさらに解釈が広い「役務の勧誘」を禁止しています。
要は、労働者供給よリもさらに広い解釈をもって、スカウトによる風俗嬢やAV女優の勧誘を禁じている、ということです。
さらには「有害業務」という定義も存在していて、供給先がいわゆる「有害業務」、一般的には「わいせつなもの」とみなされる業務が相当しますが、(あくまでも過去の判例から判断すると)AV女優や風俗嬢としての労働者供給を目的とした場合には、「有害業務」とみなされ、先の「労働者供給目的」とあわせて、さらに重い罪になるようです。

東京都の条例はそのものズバリ

例えば東京都の迷惑防止条例では、「人の性的好奇心に応じて接する役務」や「専ら異性に対する接待をして酒類を伴う飲食をさせる役務」、さらにはAVそのものズバリの「性欲を興奮させ、又は刺激するものをビデオカメラその他の機器を用いて撮影するための被写体」という文言も適用されています。
そのうえ「人の身体又は衣服をとらえ、所持品を取りあげ、進路に立ちふさがり、身辺につきまとう等執ように役務に従事するように勧誘すること」も禁止といいますから、キャバクラの勧誘やAVのスカウトは、(アプローチの仕方にもよるものの)ほぼアウト、ということになりそうです。

スカウトは廃れない?

とはいえ実際には、日常的にスカウト(や呼び込み)は実行されていて、特に大きな繁華街においては、一向に減る気配はありません。
よい意味で捉えれば、スカウトは「業務の成果を向上するための、積極的な活動」であるわけですから、供給する側、つまりAVメーカーや風俗のお店側からすると、れっきとした業務の一環でもありますし、メーカーやお店の特色を踏まえて、会社の方針を理解したスカウトマンの活動は、アパレル業界でいうところのバイヤーにも匹敵する「最前線の営業」であり、欠かすことができない領域でもあります。
このため、これまでも今後も、スカウトが廃れてしまうようなことはまずない、と考えられます。

「顔出しがない」は本当?


モザイクの存在

それでは次に、スカウトが存在する前提で、「AVの顔出しがない」というスカウトのセールストークは、本当なのでしょうか。
結論から先に言えば、これは「本当」なのです。
なぜならば、まず物理的なところから行きますと、「AVにはモザイクという映像処理が、(ほぼ)必ず適用される」ため、局部だけに限らず、男優や、時には女優の顔にも適用されることも、一般的なAVでよく見かけます。
特に「素人もの」や「企画もの」のAVにおいては、モザイク処理だけではなく、顔自体を決して映さないよう工夫した撮影もよく見られます。
AVには「単体女優」と「企画女優」、その中間の「企画単体女優」という分類があって、トップランクの女優が多数分類されるような「単体女優」の作品である「単体もの」でない限りは、「企画もの」や「マニアックAV」において、顔出しがないようなケースも多々あります。

マニアックAVとは?

マニアックAVというのは、近年急速に発達してきたジャンルで、ユーザーニーズの細分化に伴い、ユーザーの性癖に特化して作られたような作品を指しています。
たとえば、「オナニー or 自慰に特化している」とか、「脚フェチAV」といって、延々と脚(およびスカートやパンツなど、下半身中心)だけを映し出しているような作品が該当します。
こういった作品の場合、ユーザーのほうも、女優の顔に期待しているわけではなく、自慰行為や脚に注目しているわけですから、こういった作品に出演する場合の女優は、「顔出しなし」になるようなケースも多くみられるのです。

一概にそのままは受け取れない?

とはいえ、スカウトが「顔出しはない」といったからと言って、さらにはユーザーニーズとして、顔出しなしの作品にも需要があるからと言って、スカウトの言っていることをそのまま鵜みにする、ということも、リスクがあります。
というのは、やはりいまだにいわゆる「悪徳スカウト」というものは存在し、謳い文句と実際の所業が一致しないようなケースも、まったくないわけではないからです。
こういった「悪徳スカウト」を正確に見抜くことは困難ではありますが、「顔出しがない」といったような勧誘を受けた場合には、何らか裏付けになるようなもの(実効性という意味では疑問であるものの、もし裁判沙汰になった場合には、有効となってくる場合もあります)をあわせて要求しておくのが良いのではないか、と思われます(スカウトが「悪徳か否か」の見分け方などは、話すと長くなってしまうので、またの機会に譲りたいと思います)。

顔出しで勝負の「単体女優」


セクシー女優のセクシーさの源は顔?

ところで「単体女優」のほうは、誰もが認識しているとおり、体のパーツの中でもっとも「顔」が重視されています。
マニアックAVにおける「体のある一部分のパーツに着目する」ことと対照的に見えて、実は「ほぼ顔で勝負している」という意味では、脚フェチならぬ「顔フェチ」ともいえるのが、単体女優、ひいては「単体もの」と呼ばれるジャンルなのです。
「セクシー女優」という呼称は、一見「豊満な胸」や、「細くて長いきれいな手脚」、「美しいくびれ」などがクローズアップされているように思えますが、そこでは必ず「顔」という重要パーツが重視されていて、「顔あっての体」という関係性を築いています。
このあたりが、「単体もの」と、「企画もの」や「マニアックAV」との最大に違いなのかもしれません。

まとめ

違法性がある、といわれながらも、一向に減る気配のないスカウトですが、供給する側にもサービスを受ける側にも、非常に重要な存在になっている、といっても過言ではありません。
さらに「顔出しがない」と言って勧誘してきた場合も、一概に「嘘である」と決めつけることはない、と思われます。
「嘘かホントか」、といえば、「本当」であり、働き手側の「身バレ」や「顔バレ」を心配しなくて済むようなAVというものは、本当に作られているのです。

オススメ高収入求人サイト

当サイトおすすめの優良高収入求人サイトを紹介します!

第1位 Qプリ

お得な「Qプリ保証」が決め手!

Qプリ保証とは、Qプリが女性会員に祝い金(1万円)、面接交通費(2,000円)を保証してくれるサービスです。普通に応募するよりも100%お得だから、絶対使おう! 会員登録も無料でカンタン!スカウト機能付きだから、働きたい条件をプロフィールに打ち込んでおけば、お店の方からオファーメールが届きます。 Qプリは優良店舗が多いから、女性からも人気の高い高収入求人サイトです!

詳しく知りたり方はこちら

第2位 ミミロケ

LINE風で簡単操作の「ミミロケ」!

スカウト機能ありで、操作が簡単です。他の高収入求人サイトが「使いづらい」と思ったら、無料登録してみよう! まだ新しい求人サイトですが、今後に期待できます!

詳しく知りたい方はこちら

AV女優
melodeoをフォローする
風俗嬢のハウツー手帳「メアレ」

コメント

タイトルとURLをコピーしました